« 自民党の「慢心」はあるか。 | Main | 原稿を書く日々…。 »

October 26, 2006

おお、札幌の日々よ。

■ 昨日、ファイターズ―ドラゴンズ戦を観る。日本のプロ野球を観なくなった雪斎であるけれども、此度の日本シリーズだけは観ている。無論、、ファイターズ応援のためである。
 雪斎が札幌在住五年の歳月を過ごした頃、札幌に球団が招致され、しかもその球団が頂点に立つかもしれないなどとは夢想だにしなかった。しかし、今や、それが現実になろうとしている。
 ところで、最近、『セーラー服と機関銃』をネタにエントリーを書いた。旧作は、相米慎二監督作品であるけれども、相米監督作品の中でも不思議な一作に、『雪の断章―情熱』というのがある。これは、斎藤由貴さんが主演の映画であった。原作は、佐々木丸美さんである。この作品は、札幌が舞台になっている作品である。雪斎は、札幌に乗り込んだ前後に、この映画を観た記憶がある。斎藤由貴さんの歌った主題歌「情熱」の一節は、かなり耳に残っている。

さよならねって言い出したのは
私のほうが先だったのに
動き出す汽車 最後の握手
まだほどけない 放せない
情熱 情熱 愛が燃えてる

 「雪」と「情熱」は、北海道という土地柄を最もストレートに表した言葉である。あれだけの「厳しい空間」で生きていこうと思えば、それなりの「熱」が要る。
 因みに、北海道帝国大学予科明治四十五年寮歌「都ぞ弥生」の歌詞も、その「雪」と「情熱」の風景を描き出している。


寒月懸(かか)れる針葉樹林 橇の音(ね)凍りて物皆寒く
野もせに乱るる清白の雪 沈黙(しじま)の暁霏々(ひひ)として舞ふ
ああその朔風飄々(ひょうひょう)として 荒(すさ)ぶる吹雪の逆巻くを見よ
ああその蒼空(そうくう)梢聯(つら)ねて
樹氷咲く 壮麗の地をここに見よ


朝雲流れて金色(こんじき)に照り 平原果てなき東(ひんがし)の際(きわ)
連なる山脈(やまなみ)冷瓏として 今しも輝く紫紺の雪に
自然の藝術(たくみ)を懐(なつかし)みつつ 高鳴る血潮のほとばしりもて
貴(たふ)とき野心の訓(をし)へ培ひ
栄え行く 我等が寮を誇らずや

 この詞を作った横山芳介は、東京出身であり、卒業後は静岡の地方官として生涯を送った。横山は、この作詞のために一年留年していたと雪斎は記憶する。外から来た人物が、北の大地に足跡を刻み、そして去っていく。ウィリアム・S・クラーク博士以来、北海道には、そうした風景がある。そして、帰米後のクラーク博士が、「札幌の日々が幸福だった」と語ったように、札幌を去った人々にとって、「札幌の日々」は、忘れ難い思い出になる。おそらくは、SHINJOもヒルマン監督も、十数年後には、そうした感慨を抱くことになるのであろう。雪斎も、そうした感慨を抱いている。

|

« 自民党の「慢心」はあるか。 | Main | 原稿を書く日々…。 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

>帰米後のクラーク博士が、「札幌の日々が幸福だった」と語ったように、札幌を去った人々にとって、「札幌の日々」は、忘れ難い思い出になる。

自分の周りでも転勤族のお父さん、飲み友達、
札幌体験のある人たちは口を揃えて、「幸福だった日々」を
熱く語ります。
「冬はスキーしかすることないよ、子連れだったら」とこぼしつつ
「キャンプ用品ばかり増えちゃって…東京戻るときどうしようかと思った」
「接待ゴルフも午前中で終わるから(市街地とゴルフ場がとても近いらしい)、午後は子どもの相手が出来て、カミさんからそう、目くじら立てられずに済む」と
「大草原の小さな家」状態だった日々を懐かしく思うようです。

日本は地域地域で、多様な文化が育まれている国で
気候も地形も多種多様なのに、何故か北海道と沖縄には
また独特なものを特に感じるのはどうしてなんだろうか…。

Posted by: るびい | October 26, 2006 at 06:32 AM

 やりました。羊ケ丘の展望台にクラーク博士の隣にSHINJOの銅像を建ててもらいたい気分です。SHINJOの「開拓者魂」にファンが応えてくれました。
 故郷と野球が結びついて、私にとって最高のシーズンでした。

Posted by: 副会長 | October 26, 2006 at 10:17 PM

こんばんは

日ハムを応援してきました。北海道での日本一、感慨深いものがあります。北海道の札幌に、友人がいて、その友人宅に、1ヶ月もあつかましくいた時があったのですが、大変、暖かく接してもらいました。毎日、大好きな海の幸が並んでました。

SHINJOは、阪神の時から知っているのですが、8回の打席からの涙・・・思わず、胸に来るものがありました。

サッカーの中田もドイツのフィールドで、崩れ、泣きました。

本当に、心から愛しているのだと思いました。

私も、次のステップに向けて、がむしゃらに頑張りたいと思います。

Posted by: あいけんべりー | October 27, 2006 at 05:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/12431643

Listed below are links to weblogs that reference おお、札幌の日々よ。:

« 自民党の「慢心」はあるか。 | Main | 原稿を書く日々…。 »