« 「華麗・激越・冷徹」の統治から「燻し銀」の統治へ | Main | 日本版NSCの前提 »

September 28, 2006

「安倍『黒備え』内閣」発足

■  安倍晋三第一次内閣が発足する。
 雪斎は、これを「安倍『黒備え』内閣」とでも呼ぶことにしよう。
 小泉前内閣が、独特の「きらびやかさ」を放っていたのに対して、安倍内閣の方は、「漆黒」の甲冑を身に着けた武者がずらりと並んだ風情である。壮観の光景というべきであろう。

 内閣の陣容は、以下の通りである。

総理 安倍晋三
総務 菅義偉    (丹羽古賀)
法務 長勢甚遠  (森)
外務 麻生太郎  (河野)
財務 尾身幸次  (森)
文科 伊吹文明  (伊吹)
厚労 柳沢伯夫  (丹羽古賀)
農水 松岡利勝  (伊吹)
経産 甘利明    (山崎)
国交 冬柴鉄三  (公明)
環境 若林正俊  (参議院森)
官房 【塩崎恭久  (丹羽古賀)
防衛 久間章生  (津島)
公安 溝手顕正  (参議院丹羽古賀)
金融 山本有二  (高村)
経財 大田弘子  (民間)
行革 佐田玄一郎 (津島)
沖北 高市早苗  (森)

官房副長官        下村博文(森)
官房副長官         鈴木政二(参議院森)
補佐官(国家安全保障) 小池百合子(森)
補佐官(拉致)       中山恭子(民間)
補佐官(教育再生)    山谷えり子(参議院森)
補佐官(経済財政)    根本匠(丹羽古賀)
補佐官(広報)       世耕弘成(参議院森)

 閣僚枠でいえば、外務・防衛を麻生、久間両氏に託したことで「最強の布陣」ができたことになる。此度の防衛長官ポストは、「初代防衛大臣」含みのものである。久間氏には、「歴史に名を残す」機会が与えられたことになるのであろう。農水・松岡、経財・大田の両氏が雪斎には、ちょっとした「サプライズ」であった。大田氏の起用は、「竹中平蔵」的なるものを受け継ぐというという意志表示であろう。
 補佐官人事に注目していた。ここのところは、「安倍カラー」に充満している。具体的に、どういう仕事をすることになるのかはわからないけれども、安倍総理の「側用人」として余り表に出て来ない仕事をすることになるのであろう。
 もっとも、不安はある。内閣の中に目立った「ブレーキ」役が居ないということである。考えられるとすれば、麻生、久間の両氏であろう。安倍総理における「ナショナリスト」のイメージは、『ワシントン・ポスト』のような米国メディアが伝えているところなので、それは出来るだけ中和させていく必要がある。もし、たとえば歴史認識絡みで対米摩擦が浮上すれば、その収拾は中国以上に厄介なものになるのであろう。その点、「対米関係」の前面に出る麻生氏も久間氏も、実際には「常識人」である。だから、雪斎が注目するのは、この二人の「仕事」である。

|

« 「華麗・激越・冷徹」の統治から「燻し銀」の統治へ | Main | 日本版NSCの前提 »

「永田町の話」カテゴリの記事

Comments

 小泉内閣は、言わば伊達軍団@朝鮮出兵のようなものだったのですね。安倍内閣は差し詰め武田軍あたりでしょうか?

>もっとも、不安はある。内閣の中に目立った「ブレーキ」役が居ないということである。

 ごもっともです。確固たるリーダーがいなかったサッカー日本代表みたいな…

Posted by: talleyrand | September 27, 2006 at 09:08 AM

先日のカエサル-アウグストゥス論は楽しく拝見しました。
レーガン-パパ・ブッシュとか、サッチャー-メージャーでは、先行き不安を煽ってしまい、縁起が悪くて御祝儀には相応しくありませんから。

それにしても、この手の類推は例が豊富で多彩なパターンがあることに気付き、一人で悦に入ってます。私見では、すでに立派な後継ぎの顔が見え隠れするというところから、家康-秀忠とか、康熙-雍正とか(五賢帝の時代の到来と書くとさすがに贔屓の引き倒しか)・・・この伝でいくと、後継者の顔が見えない民主党は、さしずめ秀吉登場というところでしょうか。

Posted by: 木星人 | September 27, 2006 at 10:38 AM

 もう少し女性が多くてもいいのかなと思いましたが。安倍首相は世論におもねるような事はあまりやらなそうですね。

 ところで小泉前首相はブッシュ大統領との蜜月が有名でしたが、安倍首相が一番ウマが合いそうな主要国の首脳は誰でしょうね?。僕は独のメルケル首相のような気がするのですが。この二人には色々と共通点が多いように思えます。

Posted by: ささらい | September 28, 2006 at 12:23 AM

確かに閣内の女性が少ないが首相補佐官は女性の方が多くてバランスをとったともいえましょう。メルケルは対米関係改善を目指しつつもBUSHとはあまりよくないようですからメルケルと合うのは対米関係にはプラスとはいえないかもしれません。「安倍『黒備え』内閣」は黒澤明的世界でありましょうか。

Posted by: 星の王子様 | September 28, 2006 at 04:50 AM

安倍内閣の経済政策関係では、この評がわかりやすいですね。
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/shimizu2/20060926ne99q000_26.html

竹中氏は表舞台からは去りましたが、安倍政権の経済政策は彼の主張した路線で運営されていくのでしょう。経済政策では小泉政権よりも「竹中色」が強くなりそうですね。

Posted by: Baatarism | September 28, 2006 at 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/12056283

Listed below are links to weblogs that reference 「安倍『黒備え』内閣」発足:

» 安倍新内閣発足 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
♪♪♪今日は2本立てです。下にスクロールしてご覧下さい。♪♪♪ 安倍新内閣が26日発足しました。 国民は面子なんかどうでもいいんです、やることやってもらわにゃ、ねえ(笑)。 *** ♪あゝ政情♪ きれいでしょ 国創り いい布陣でしょ 見かけより 尽くすタイプね 人選にカコつけて 派閥はずるいわ ゴネてくる 発足前夜 留任は露骨すぎるし 取引は汚い 好きにさせてよ 高市を除いたら 吹き出しちゃうほど あどけない歳してる あいつに弱いの 酒グセは直らない ... [Read More]

Tracked on September 27, 2006 at 08:01 PM

« 「華麗・激越・冷徹」の統治から「燻し銀」の統治へ | Main | 日本版NSCの前提 »