« 二つの「時化た選挙」 | Main | 政治の世界に「○○主義者」は要らない。 »

September 01, 2006

九月の徒然に…

■ 本日より九月である。「盆休み」返上で仕事をしたので、そろそろ休みを取ろうかと思う。本日、この土日の両日の三日間に「夏の仕事」を片を付けて、来週か再来週には「国事」をまったく考えない時間を過ごすことにする。ただし、これは予定である。
 「熱い九月」になると期待したけれども、総裁選挙が「時化た選挙」になっているのだから仕方がない。

■ 九月、十月、十一月は、雪斎には、最も「いい時期」である。これからは、身体的にも負担が掛からない時期である。休んでいる間に、次のことを考えよう。

■ 外政家・小泉純一郎の最後の外遊の地は、フィンランドであったようである。「朝日」記事である。
 □ 首相、7日からフィンランド訪問 ASEM出席
 小泉首相は9月10~11日に開かれるアジア欧州会議(ASEM)の首脳会議に出席するため、7日からフィンランドを訪問する。安倍官房長官が31日午前の記者会見で発表した。
 首相のフィンランド訪問は87年の中曽根首相以来。ASEMは96年の創設から10年の節目にあたり、多国間主義の強化や安全保障上の脅威への対処、ASEMの将来などについて話し合う。
 首相はASEM出席に先立ち、フィンランドのバンハネン首相やハロネン大統領と会談する。

 フィンランドは、面白いところである。そして、トルコやイタリアに並んで、雪斎が好きな国である。
 フィンランドの独立達成とその維持の軌跡は、それだけで感動的な一大叙事詩である。
 久しぶりに、ジャン・シベリウスを聴くことにしようか。
 「交響曲第7番」はいいかもしれない。「北の魂」を感じさせる作品である。

■ この夏の大手鉄鋼株の株価上昇により、雪斎の投資計画の初期目標は達成される。
  ぐっちー殿の薫陶の効能あらかたである。
  もっとも、このレベルでは、まだまだ物足りない。
  投資歴二年で達成である。達成してみれば、何ということもない。
  ウォーレン・バフェットへの道は、まだまだ遠い。(なれるわけないと思うが…)
  ただし、清沢洌には、なれるように精進しよう。
  「恒産なければ恒心なし」である。

■ 只今、BGMにして聞いているのは、山本潤子さんのアルバム『翼をください』である。
  初秋の朝に聞くには、丁度、いいかもしれない。

|

« 二つの「時化た選挙」 | Main | 政治の世界に「○○主義者」は要らない。 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

いつもお世話になっております。励まし、本当に痛み入りまする。フィンランド・・・ソビエトのビザが切れるたびに出国してビザをとっておりまして、大好きな国です。おねーちゃんもきれいですし(タリンほどではないですが・・・爆)、何せここにもトーゴービールがある訳です。日本人はおおもて、でありまして・・・むにゅむにゅ。
鉄鋼株・・元来は買収を防止する為に株式分割をかけていくので売買ゲームで増えていくんですよ。でも一年もすれば多分やるんじゃないですか、このままキープです。ええ、キープ。株式分割がなければバフェットみたいにはいかんのですわ。今回の王子がね~・・・・とほほですけど。もう少し!! 今後ともよろしくお願い致します。

ぐっちー

Posted by: ぐっちー | September 01, 2006 at 04:03 PM

9月ですね。秋ですね。熱い夏が過ぎると過ごしやすくなるのに寂しいものです。
鉄鋼株ですかぁ・・
私は100円以下の頃に買い、薄利で売ってしまいました。
雪斎殿が羨ましいです。

王子がねぇ~ いい勉強になるかと思いましたが・・

Posted by: ゼーゼマン榊 | September 01, 2006 at 06:12 PM

・ぐっちー殿
ウォーレン・バフェット老師が再婚されたとか。
よっしゃ、拙者もと思ったのは、図に乗りすぎでしょうか。
御教示、諒解。当然でしょう。キープですよ。


・榊殿
今まで持っていれば五倍ですか。これは惜しいことをしました。
拙者は、投資をあと二年早く初めていればと、ほぞをかんでいます。その100円以下の時に拾ってみたかったと思います。

Posted by: 雪斎 | September 01, 2006 at 06:28 PM

 フィンランドに早めに赴いたり、リトアニアの首相を呼んで会談してみたり、ロシアに対する当てつけでしょうかね。
 株に関しては僕はまだ思うような利益が出ていませんねぇ。まだまだ勉強中です。

Posted by: ささらい | September 01, 2006 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/11712503

Listed below are links to weblogs that reference 九月の徒然に…:

« 二つの「時化た選挙」 | Main | 政治の世界に「○○主義者」は要らない。 »