« 今週から八月… | Main | イスラエル情勢 »

August 01, 2006

独身男が増えれば国が衰える。

■ 高坂正堯先生の著書『文明が衰亡するとき』は、雪斎が政治学の世界に足を踏み入れる契機になった作品である。この著書の中では、ヴェネツィアの衰亡の兆しの風景として、「独身の男がやたらに増えた」という事例が紹介されている。
 元々、干潟の上に築かれた国であったヴェネツィアは、海上交易と海軍によって隆盛したのであるけれども、何時の頃から男達は海に出なくなった。ヴェネツィアは、隆盛の過程でイタリア半島対岸に広大な土地を有するようになり、その土地からの収益で食えるようになったのである。これは、ヴェネツィアの社会が、「ハイリスク・ハイリターン」型から「ローリスク・ローリターン」型に変貌したことを意味している。
 「ハイリスク・ハイリターン」型から「ローリスク・ローリターン」型への変貌が、何故、「独身の男」を増やしたかといえば、そうした「安定」が多分に、「俺達に明日はある」という感覚を生むからであろう。ヴェネツィアの男達にとっては、海に生きていた時代には、「明日」はなかった。海に出れば、船が難破したり海賊に襲われたりということで、「明日」を考えることができなかったのである。「俺達に明日はない」と思えば、さっさと結婚しさっさと子供を作ろうとするのである。陸に上がっているうちに、「生きた証」を残したいという心理が働いたからであろう。しかし、ヴェネツィアの男達が、「海に出なくともよい…」と思い始めた途端に、そうした切迫感もなくなったのである。
 無論、これは仮説である。高坂説に従えば、依然として独身である雪斎は、「日本の衰亡」に十二分に寄与していることになる。もっとも、雪斎は、完全な「ハイリスク・ハイリターン」型の人間なので、この説を自分で証明することはできない。
 近年の少子化」対策の議論は、何故か「女性政策」の文脈で行われる。けれども、それは、コインの片面である。「何故、男達は結婚しなくなったのか」。この疑問に対する緻密な検証は、まだ行われていない。ヴェネツィアの運命と日本の運命を考える。

|

« 今週から八月… | Main | イスラエル情勢 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

ST○RYなどのJJ進化型金持ちおばさん雑誌を、月一の美容院(あ、ヘアサロンか…)で斜め読みしていますと
「40代半ば過ぎても美しく輝く私」である読者にとって夫とは、経済的基盤と従順な子供と穏やかな安定を保証してくれる、単なる環境、と考えてるような気がします。
そういう環境があるのが当たり前で、いかにそれを叩き台にして、自分がもっと輝くか、だけにしか興味がないのかな…

で、クロワッ○ンを、長いカラーリングの徒然に手に取れば、「夫をいかに自分のための人生の共闘者として鍛え育てるか」、それから「自分が欲していないのに夫が欲情するのは迷惑千万だが、自分が他の男たちに欲情する気持ちは、とてもナチュラルで大事なこと」ってな記事ばかりで、正直、うんざりです。
やりたきゃ、人生リセットするつもりで何度でも挑戦すれば?できないくせに…と突っ込みをいちいち入れるので、知らず知らず疲れがたまります。

こういうオバチャン、及び確実にその傾向が垣間見れる若い女の子を見れば、「男たちがなぜ独りか」が、判る気がするのですが。

Posted by: るびい | August 01, 2006 at 08:07 AM

・るびい殿
 ああ、なるほど、「クロワッサン症候群」に対する反逆ということですか。いまどき、「男であること」の利点は、余りなさそうな雰囲気がありますね。

Posted by: 雪斎 | August 01, 2006 at 09:17 AM

今の日本においては、男性の収入と結婚率が見事に相関しているという調査結果があります。
http://www.asahi.com/life/update/0804/001.html

結婚はカネ次第というわけですな。w

個人の思想信条に国家が立ち入るわけにはいかない以上、とりあえずこの経済的要因をなんとかするのが国としてできることではないかと思います。
この15年間の不況で最も経済的に打撃を受けたのが現在結婚適齢期である年齢層ですから、彼らに家族を養えるだけの収入を確保してやるような経済・社会政策が必要なのでしょうね。

Posted by: Baatarism | August 01, 2006 at 10:27 AM

ベネチアの没落に、独身男性の増加が直接因として働くと考えるのは無理があるように思います。
いくつかの間接因の一つ…かなあくらいだと。

縁は人によりそれぞれなので、それを社会問題にまで敷衍しなくても、きっと相応しい相手が見つかりますよ。

Posted by: sophnuts | August 02, 2006 at 10:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/11175279

Listed below are links to weblogs that reference 独身男が増えれば国が衰える。:

« 今週から八月… | Main | イスラエル情勢 »