« 国連安保理という「戦場」 | Main | 日曜の午前の戯言 »

July 08, 2006

国連安保理という「戦場」・続

■ 「さて、お膳立ては出来た」というところであろう。「共同」記事である。
 

□ 北朝鮮制裁決議案を提出 日米英仏、8日採択目指す、国連安保理、中ロは反対
 【ニューヨーク7日共同】日本、米国、英国、フランスの四カ国は7日午後(日本時間8日未明)、経済制裁の根拠となる国連憲章7章に基づいて弾道ミサイル開発や実験の即時中止を北朝鮮に強制、ミサイルや大量破壊兵器開発につながる恐れのある物資などの同国移転を阻止するために必要な措置を取るよう加盟国に義務付ける制裁決議案を安全保障理事会に正式提出した。早ければ8日の採択を目指す。
 常任理事国として安保理で拒否権を持ち、北朝鮮の友好国である中国とロシアは制裁決議に反対しているが、国際社会の度重なる自制要請を無視してミサイルを計7発発射した北朝鮮に対し、日本などは迅速かつ断固とした決意を示す必要があると判断、決議と異なり法的拘束力のない議長声明を求める中ロの主張を退けた。
 今回提出した制裁決議案は、日本が5日に安保理各国に提示した原案を一部修正したもの。

 日本が追求できる目標は、次の三つである。
 ① 日米英仏共同提出の対朝制裁決議案の採択
 ② ①から「制裁」色を抜いた非難声明の採択
 ③ 議長声明で落着
 このうち、日本にとってのベストは、①である。①に難色を示す中国、ロシアに配慮したとしても、②までである。③は、もはや日本の選択肢にはない。
 ①は安保理13理事国が一致して賛同した案である。日本は、もはや他の12理事国の賛同を無駄にするわけにはいかない。「時事」が伝えている。
 

□ 米ロ独伊外相と相次ぎ電話会談=北朝鮮ミサイルめぐり-麻生外相
 麻生太郎外相は7日夜、主要国(G8)のうち米、ロシア、ドイツ、イタリア各国外相と相次いで電話会談した。麻生氏は北朝鮮のミサイル発射問題について意見交換するとともに、15日からのサンクトペテルブルク・サミット(主要国首脳会議)に向け、各国の協力を求めた。
 このうち、ロシアのラブロフ外相には、日本が国連安保理に提示した対北朝鮮制裁決議案への支持を要請。同外相は「北朝鮮に対し、迅速に断固たる反応を示さなければならない」と応じたが、反対する姿勢は「変わらなかった」(日本外務省筋)という。
 一方、ライス米国務長官とは、日米連携を確認。決議案採択に向け、安保理各理事国の対応を情報交換した。また、ドイツのシュタインマイヤー外相、イタリアのダレーマ副首相兼外相はサミットで日本に協力する考えを示した。 

 こうした客観情勢の下では、ロシアもまた、実際には拒否権行使で①、②を葬り去ることはできない。ロシアは、「何にせよデカイのが一番」という価値観を持つ国柄であるけれども、その反面、西欧世界に対するコンプレックスが相当に強い。サンクト・ペテルブルクという都市それ自体が、「西欧世界に認められたい」というピョートル大帝の願望によって築かれた街であったし、十九世紀には帝政ロシアの貴族社会の「公用語」は、ロシア語ではなくフランス語であったという話がある。ウラジーミル・プーチンが、「極東のどうでもいい連中」のために西欧世界の評判を落とすようなことをするとは考えにくい。プーチンは、サミットで他のG8諸国の冷たい視線に晒されながら、「針のむしろ」には座りたくないであろう。雪斎は、ロシアが取る選択肢は、西欧世界の喝采を得られると読めば一転し賛成に回ることもあるし、「独自性」を主張するにしても、せいぜい棄権に回るぐらいまでなのであろうと思っている。
 尚、たとえ中国が③に固執して、①、②に拒否権を行使したとしても、日本には実害はない。中国が北朝鮮と同類であるという印象が世界に植え付けられるだけである。そうなったとすれば、中国は、此度の投票行動の結果、完全な外交的敗者になる。そのような様で、本当に二年後にオリンピックを開催する気であろうか。今は、中国にとっても、「国際常識」への帰依を表明する絶好の機会なのであるはずだが…。
 だから、日本は①の採択で突っ走り、もし中露両国が賛同してくれるならば②も考慮するという構えであろう。久しぶりに、日本の「悠然とした外交」を観ている感がある。


|

« 国連安保理という「戦場」 | Main | 日曜の午前の戯言 »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

今回の件で、日本人はしみじみと「国際社会において、軍事力が無いのは首が無いのと同じ」という「事実」を思い知ったと思います。
「善意の篤志家」という評判だけで非常事態は乗り切れないし、一部を除いて助けも来ないのだと。
今回の件がどちらに転んでも、憲法改正に向けて民意はアクセルを踏むと思います。同時に「再軍備」と「国家情報機関」の必要性を「平和主義者たち」が反対しても今まで以上に相手にされなくなるでしょう。
彼らが、「普通の人たちの恐ろしさ」を肌で理解しているとは思えませんし、また安全と財布の中身以外にアバウトな日本人の尾を踏んだことを「今は」深刻に受け止めていないように感じます。
戦後、封印されてきた「日本人の凶暴さ」というパンドラの箱をいったい誰が開けるのでしょうか?

Posted by: TOR | July 08, 2006 at 01:23 PM

「餅は餅屋」第二弾ですね(やっぱり「非道」の方が怖い。ぼそっ)。血も涙もない分析はたまりません。ロシアは棄権してくれれば、十分でしょう。問題は中国。素人考えですが、一回目は、中国が到底のめないきつい案で拒否権を行使させてもう一度、制裁色を薄めて非難声明を採択でも十分でしょう。この問題で必要以上に中国を困らせる必要はないと考えます。…中国が自爆するなら、止めようがありませんけどね(だんだん、性格が悪くなってきた気がいたします)。

Posted by: Hache | July 08, 2006 at 02:40 PM

中国が拒否権でこの決議案を葬ったら、今度は中国が何としてでも北朝鮮を説得して六カ国協議に復帰させなければならない立場になりますね。そうしないと中国の行動はただ北朝鮮を助けるだけになってしまいますから。
ただ、中国が北朝鮮の行動を変えさせるためには、中国自らが事実上の経済制裁を加える必要があるでしょう。説得で北朝鮮の行動を変えさせることができるくらいなら、とっくの昔に北朝鮮は六カ国協議に復帰してますから。
ただそうなると、北朝鮮は日米による制裁よりも苦境に陥ることになってしまいます。
中国としてはこの決議案を棄権しても拒否しても困ったことになるわけで、中南海も今頃頭を抱えてるんでしょうね。

Posted by: Baatarism | July 08, 2006 at 09:39 PM

http://www.asahi.com/politics/update/0708/006.html
なるほど。こういうことですか。
小泉総理麾下、日本政府の戦いぶりは、昨年9月の総選挙のそれを地で行くものですね。
次は中国の出方がどうなりますかね。

Posted by: Y.F@Itabashi | July 08, 2006 at 11:03 PM

 中国にしろ韓国にしろロシアにしろ北朝鮮を利用して日米を牽制するなんていう下策に出るからこんな面子丸潰れの事態に追い込まれるんですよね。全く持って自業自得です。

 「日中首脳会談また見送りへ」
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060708-57716.html

 スポーツ新聞にこんな記事が出てますが、そりゃこんな状態じゃ会えませんわな。会ったところで胡錦濤主席が終始受身に回る事は目に見えてますもんね。昨年のドタキャン騒動以来、なんか中国は小泉首相から逃げ回っているようにしか見えません。

Posted by: ささらい | July 08, 2006 at 11:31 PM

と思ってたら、鳩山さん、こんなこと言ってたんですね。これ、わざとかなあ?
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060708ia21.htm
たびたびのレスすみません。

Posted by: Y.F@Itabashi | July 09, 2006 at 02:12 AM

御説ごもっともだと思います。
「冷静な対処」「外交による解決」とはこのようなやり方を言うのでしょう。

Posted by: さのよいよい | July 09, 2006 at 08:16 AM

中国よりも先に「国際常識」からの逸脱を表明した国が出たようですね。w
http://www.asahi.com/international/update/0710/003.html

まあ、ここは国全体と言うよりは、大統領周辺だけが突っ走ってるようですが。この人は退任後にはどうなることやら。w

Posted by: Baatarism | July 10, 2006 at 03:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10842615

Listed below are links to weblogs that reference 国連安保理という「戦場」・続:

» 中国は追いつめられているのか? [Baatarismの溜息通信]
先日発射された北朝鮮のミサイルに関して、現在国連安保理では日本が中心となって提案した北朝鮮制裁決議案が審議されています。すでに安保理理事国15ヶ国中13ヶ国(日本含む)の支持を取り付けているようですが、残るロシアと中国が拒否権を発動するかが焦点となっているよ... [Read More]

Tracked on July 09, 2006 at 09:06 PM

« 国連安保理という「戦場」 | Main | 日曜の午前の戯言 »