« 国連安保理という「戦場」・続 | Main | 国連安保理という「戦場」・続々 »

July 09, 2006

日曜の午前の戯言

■ 日曜の午前である。 ドイツ―ポルトガル戦は、ドイツの勝ちであった。 
 

【シュツットガルト(ドイツ)8日時事】サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会第24日は8日、当地で3位決定戦を行い、地元のドイツがポルトガルを3-1で破り、1970年大会以来の3位となった。ポルトガルは過去最高の66年大会の3位に並ぶことはできなかった。
 相手のうまいパス回しにリズムがつかめずにいたドイツは、後半11分にシュバインシュタイガーが強烈なミドルシュートでW杯初ゴールを挙げて先制。4分後には同選手のFKがオウンゴールを誘うと、同選手がさらに加点し、相手の反撃を終盤の1点に封じた。5ゴールで得点王争い首位のドイツのクローゼには得点がなかった。ドイツはバラックが欠場する一方、GKカーンが最終戦で出場。ポルトガルのフィーゴは後半途中から出場し、アシストを記録した。日本の上川徹氏は無難に主審を務めた。

 上川徹主審は、日本代表チームよりも先に、「世界最高水準」に到達した。こういうレフェリーという仕事は、意外に日本人には向いているかもしれない。レフェリーという仕事の前提は、公正に「仕切る」ということで、プレーヤーその他との「信頼」が出来上がっていることである。日本は、米国や欧州諸国と並ぶ「高信頼社会」とのことであるから、こうした社会土壌からならば、国際舞台で活躍するもう少し多くのレフェリーが登場してもいいであろう。上川主審は、道を開いた、上川主審に乾杯である。

■ 雪斎の「替え歌er」としての作品である。たまには、こういう余興も、いいよね。

 ♪ テポドンが翔んだ日

グロッソ、デル・ピエロ ゴールを決めた
そのとき七つの ミサイル翔んだ

キムはどうして 苦しくなると
皆を脅しに 来るのでしょうか
虎の子テポドン ハワイに向けて
ブッシュが振り向くと 思ったのでしょうか
六ヵ国協議に 何時戻るなんて
いったりきたりの くりかえし
常識はずれの ミサイルに
ああ 小泉、怒った

テポドンが翔んだ ノドンも翔んだ
あなたは制裁を 待つだけなのね

国連安保理 議論は続く
制裁決議は 十三の国が賛成
プーチンは最後に 寝返るのかも
サンクトぺテルブルク 大事な見せ場
ジョンイルが今頃 当てにするのは
胡錦濤閣下の 拒否権だけ
胡錦濤はジョンイルと 心中するのか
ああ、本当に、どうする

テポドンが翔んだ ノドンも翔んだ
あなたは制裁を 待つだけなのね

テポドンが翔んだ ノドンも翔んだ
あなたは制裁を 待つだけなのね

  元歌/『かもめが翔んだ日』
      作詞 伊藤アキラ
      作曲 渡辺真知子

|

« 国連安保理という「戦場」・続 | Main | 国連安保理という「戦場」・続々 »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

GOODですね W杯関連RBもさせていただいときます

Posted by: 星の王子様 | July 10, 2006 at 08:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10854172

Listed below are links to weblogs that reference 日曜の午前の戯言:

» ワールドカップ3位決定戦 [パパのノート : 2]
「おまえいい加減なことしやがったら、あとで焼き入れるぞ。」とでも言いそうな鬼軍曹カーンのキーパー(尚且つやる時はやります神様カーン)でカツの入ったドイツのことではなく、 主審を務めた上川徹さんのことであります。 なんと3位決定戦ですよ、あんた。立派に笛を吹..... [Read More]

Tracked on July 09, 2006 at 01:09 PM

» 上川、広嶋両氏が3位決定戦担当=日本人審判初の快挙〔W杯〕 [Star Prince JUGEM]
選手ではなく日本人審判サツカーW杯で活躍続く。 2006年7月7日(金) 1時31分 時事通信  【フランクフルト6日時事】国際サッカー連盟(FIFA)は6日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝、3位決定戦の審判団を指名し、日本の上川徹主審(43)と広嶋禎数副審(44)が3位決定戦(8日、シュツットガルト)の担当に選ばれた。  日本人の審判がW杯の決勝トーナメントで笛を吹くのは初めて。地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦に抜てきされたことは、アジアにとっても快挙となる。  ... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 08:16 PM

» 上川、広嶋両氏が3位決定戦担当=日本人審判初の快挙〔W杯〕 [Star Prince JUGEM]
選手ではなく日本人審判サツカーW杯で活躍続く。 2006年7月7日(金) 1時31分 時事通信  【フランクフルト6日時事】国際サッカー連盟(FIFA)は6日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝、3位決定戦の審判団を指名し、日本の上川徹主審(43)と広嶋禎数副審(44)が3位決定戦(8日、シュツットガルト)の担当に選ばれた。  日本人の審判がW杯の決勝トーナメントで笛を吹くのは初めて。地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦に抜てきされたことは、アジアにとっても快挙となる。  ... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 08:19 PM

» 返歌②:続・北朝鮮、ミサイル7発を発射 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
もひとつ、雪斎殿の余興にも勝手に返歌(?)させていただきましょう♪ *** ♪万景峰♪ テポドン・スカッド・ノドン 7発も撃ったなら 私は制裁を待ってると 誰か伝えて まるで喜劇じゃないの ひとりで危機になって 冷めかけた韓国に 騒ぎ過ぎだよなんて ひとつ射程距離 ひとつ間違えて 万景峰うろうろ いまさら夫に 拉致の事実求めて いかさま交渉は続く テポドンやノドンで あれからどうしてるの 今ごろどこにいるの 遺骨が混じってると 会見聞いたけれど ひと... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 08:21 PM

« 国連安保理という「戦場」・続 | Main | 国連安保理という「戦場」・続々 »