« 週末の風景 | Main | 防衛大学校長人事&富田メモ »

July 16, 2006

国連安保理決議1695

■ 国連安保理決議1695が出された。「読売」記事である。
 

□ 安保理、北朝鮮決議案を全会一致で採択
 【ニューヨーク=大塚隆一】国連安全保障理事会は15日午後4時(日本時間16日午前5時)前、北朝鮮のミサイル発射に対する決議案を全会一致で採択した。
 決議は今回のミサイル発射について「地域の平和、安定、安全を危うくする」として非難。「安保理の特別の責任」のもとで、北朝鮮にミサイルの開発・試験の禁止、発射の凍結などを要求するとともに、6か国協議への即時無条件復帰を強く促している。
 国連加盟国にはミサイルや関連物資・技術の移転、調達などを阻止するよう求めている。

 既に、既にこの件に関するプレス・リリースが「安保理広報8778」として出ている。そして、国連安保理決議1695の全文は、以下の通りである、、

“The Security Council,
 “Reaffirming its resolutions 825 (1993) of 11 May 1993 and 1540 (2004) of 28 April 2004,
 “Bearing in mind the importance of maintaining peace and stability on the Korean peninsula and in north-east Asia at large,
 “Reaffirming that proliferation of nuclear, chemical and biological weapons, as well as their means of delivery, constitutes a threat to international peace and security,
 “Expressing grave concern at the launch of ballistic missiles by the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK), given the potential of such systems to be used as a means to deliver nuclear, chemical or biological payloads,
 “Registering profound concern at the DPRK’s breaking of its pledge to maintain its moratorium on missile launching,
 “Expressing further concern that the DPRK endangered civil aviation and shipping through its failure to provide adequate advance notice,
 “Expressing its grave concern about DPRK’s indication of possible additional launches of ballistic missiles in the near future,
 “Expressing also its desire for a peaceful and diplomatic solution to the situation and welcoming efforts by Council members as well as other Member States to facilitate a peaceful and comprehensive solution through dialogue,
 “Recalling that the DPRK launched an object propelled by a missile without prior notification to the countries in the region, which fell into the waters in the vicinity of Japan on 31 August 1998,
 “Deploring the DPRK’s announcement of withdrawal from the Treaty on Non-Proliferation of Nuclear Weapons (the Treaty) and its stated pursuit of nuclear weapons in spite of its Treaty on Non-Proliferation of Nuclear Weapons and International Atomic Energy Agency (IAEA) safeguards obligations,
 “Stressing the importance of the implementation of the Joint Statement issued on 19 September 2005 by China, DPRK, Japan, Republic of Korea, the Russian Federation and the United States,
“Affirming that such launches jeopardize peace, stability and security in the region and beyond, particularly in light of the DPRK’s claim that it has developed nuclear weapons,
“Acting under its special responsibility for the maintenance of international peace and security,
 “1. Condemns the multiple launches by the DPRK of ballistic missiles on 5 July 2006 local time;
 “2. Demands that the DPRK suspend all activities related to its ballistic missile programme, and in this context re-establish its pre-existing commitments to a moratorium on missile launching;
 “3. Requires all Member States, in accordance with their national legal authorities and legislation and consistent with international law, to exercise vigilance and prevent missile and missile-related items, materials, goods and technology being transferred to DPRK’s missile or WMD programmes;
 “4. Requires all Member States, in accordance with their national legal authorities and legislation and consistent with international law, to exercise vigilance and prevent the procurement of missiles or missile related-items, materials, goods and technology from the DPRK, and the transfer of any financial resources in relation to DPRK’s missile or WMD programmes;
 “5. Underlines, in particular to the DPRK, the need to show restraint and refrain from any action that might aggravate tension, and to continue to work on the resolution of non-proliferation concerns through political and diplomatic efforts;
 “6. Strongly urges the DPRK to return immediately to the Six-Party Talks without precondition, to work towards the expeditious implementation of 19 September 2005 Joint Statement, in particular to abandon all nuclear weapons and existing nuclear programmes, and to return at an early date to the Treaty on Non-Proliferation of Nuclear Weapons and International Atomic Energy Agency safeguards;
 “7. Supports the six-party talks, calls for their early resumption, and urges all the participants to intensify their efforts on the full implementation of the 19 September 2005 Joint Statement with a view to achieving the verifiable denuclearization of the Korean Peninsula in a peaceful manner and to maintaining peace and stability on the Korean Peninsula and in north-east Asia;
 “8. Decides to remain seized of the matter.”

 この決議の最後の一項が誠に印象的である。「国連安保理は問題を注視し続ける」とある。結局、この決議は、「突破口」なのである。文面それ自体には、「憲章第7章第40条」への直接の言及はないかもしれないけれども、文面全体は、「憲章第7章第40条」仕様で出来上がった決議である。「国連安保理は問題を注視し続ける」の文言は、「憲章第7章第40条」の「安全保障理事会は、関係当時者がこの暫定措置に従わなかったときは、そのことに妥当な考慮を払わなければならない」の文言の短縮形と観て差し支えないであろう。
 この決議案を作成した英仏両国、タンザニア、アルゼンチンは、「いい仕事をした…」と思っているであろう。中露両国は、「憲章第7章」への言及がないという名分を保てたことで満足しているであろうし、日米両国は、限りなく「制裁決議」に近い実質を手にするに至った。
 実際、『ワシントンポスト』が配信した記事〈Security Council Rebukes N. Korea - Nations Agree To Demand End Of Missile Program〉は、次のように締めくくられている。
 The United States and Japan overcame Chinese opposition by agreeing to include language offered by France and Britain that only implicitly referred to Chapter 7.
 「日米両国は、憲章第7章にただ暗黙の内に言及した英仏両国提案の文言を含むことに同意することによって、中国の反対に克った」。なるほど、この決議は、「憲章第7章に暗黙の内に言及した決議」なのである。
 BBCもまた、〈UN votes for N Korean sanctions )とぃう見出しの記事で、これが言葉以上の実質を持った「制裁」決議であることを示している。こうした理解が欧米系メディアの中で有力であることの意味は見誤るわけにいかないであろう。
 早速、北朝鮮政府の反応が伝えられている。一番、この決議の意味を判っているのは北朝鮮であろう。
 

ミサイル発射継続を明言=日米を非難、拉致にも言及-北朝鮮
 【ニューヨーク15日時事】北朝鮮の朴吉淵国連大使は15日、安保理公式会合に当事国として出席し、全会一致で採択された非難決議を「全面的に拒否する」と表明するとともに、「ミサイル発射は抑止力強化のための通常の演習だ」として、今後も継続する方針を明言した。また、米国の敵視政策や日本の拉致問題をめぐる対応を厳しく批判した。

 「松岡洋右」の再来は、北朝鮮に居るのであろうか。

 訂正、決議案を作成作成した「英仏両国、タンザニア、アルゼンチン」という記述は、「英仏両国」の誤りのようである。

|

« 週末の風景 | Main | 防衛大学校長人事&富田メモ »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

 今回の安保理決議採択に関しては、終始日米のペースで進みましたね。報道を見る限り、ミサイル発射騒動が始まったあたりから日米でかなり周到に準備していたように見受けられます。
 中東問題の動き次第では、米国辺りが北朝鮮に色々と仕掛けそうですね。米国政府は「平和主義」とは程遠い所に位置しているように思えます。

 国内では二階氏が総裁選について「経済政策で選ぶ。靖国は争点にしない。」という様な事をほのめかしましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060715-00000081-mai-pol
 地味ながら総裁選の今後に色々と影響を与えそうですね。

Posted by: ささらい | July 17, 2006 at 01:09 AM

今回の件で面子丸潰れになった某大統領がこんなことを言っているようです。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/17/20060717000017.html

このページで紹介されているヴィクトル・ユゴーの言葉そのままですね。w

Posted by: Baatarism | July 17, 2006 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10964320

Listed below are links to weblogs that reference 国連安保理決議1695 :

» 南北統一コストを払うのは誰?? [浦安タウンのオモシロ経済学]
★ 崩壊が近いのか北朝鮮??  このまま北朝鮮への締め上げが続けば、ミサイルが数発飛来する可能性はあるだろう。その程度では、株式市場に下落はあっても、日本経済が潰れることはない。金本位ならまだしも、管理通貨... [Read More]

Tracked on July 18, 2006 at 07:14 PM

« 週末の風景 | Main | 防衛大学校長人事&富田メモ »