« 休日の三題 | Main | すわ、スキャンダル!? »

July 04, 2006

孤高の鷹

■ 拙ブログでは、ことがあるたびに、小椋佳さんの『孤高の鷹』を引用していた。この曲は、元々は1996年正月にテレビ東京系列で放映された「徳川剣豪伝―それからの武蔵」のテーマとして使われたものである。この曲が収録されている小椋さんのアルバムは、「バラードセレクション~ことなり~」である。「巌流島」以後の宮本武蔵を描いた物語の雰囲気にはあっていたと思う。

このたびの命 思い為す宿命 好まずと言えど 戦いの嵐 荒れ止まず 挑みの心 また湧き止まず

誰のようにも 生きられず
誰のようにと 生きもせず

梢の高み 孤高の鷹が
心ならずの 爪を磨く

 何故、雪斎がこの曲が好きかといえば、「知識人」という存在は、「孤高の鷹」でなければならないと考えているからである、中には、群れて何かをしようとする御仁達もいるようであるけれども、そうしたことは雪斎の趣味ではない。
 ところで、中田英寿さんが現役を引退するとの報が流れた。プロ・サッカーの世界から完全に引退するのだそうである。「誰のようにも 生きられず 誰のようにと 生きもせず」という言葉そのままのサッカー人生であったように思う。彼が日本のサッカーを世界水準に届かせた功績は大きかったはずである。彼は、「パイオニア」だったということであろう。此度のワールドカップでは、「ジーコ・ジャパン」が決勝トーナメント進出を果たせなかった事実が強調されるけれども、ブラジルから得点を取った唯一のチーム(フランスを除く)であったことも留意されるべきかもしれない。「中田スタンダード」のプレーヤーを続々と養成するという目標ができたのは、いいことであったと思う。
 そういえば、政界の「孤高の鷹」の一人であった橋本龍太郎元総理が世を去った。彼は、旧経世会人脈の中では、「浮いた」存在といわれた。「永田町」では、強烈な政策志向を持つ政治家は、その程度の差はあれ「浮いた」存在である。「永田町」は、どうしても、「理」よりも「情」が勝つ世界なのである。
 そして、「孤高の鷹」そのものの存在である小泉純一郎総理も、二箇月程後には宰相の座から退く。
 「孤高の鷹」の去り際は、何時も、どことなく、もの悲しい。

|

« 休日の三題 | Main | すわ、スキャンダル!? »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10781596

Listed below are links to weblogs that reference 孤高の鷹:

» 中田英寿選手、現役引退 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
サッカー日本代表の中田英寿選手が、現役引退を表明しました。 「人生とは旅であり、旅とは人生である」―“旅”や“人生”をテーマにした曲は多く、その中には名曲も少なくありませんが、この言葉を聞いた(見た)途端に思い浮かんだのは、この曲でした。 *** ♪終わりなき旅♪(Mr. Children) 息を切らしてさ 駆け抜けたピッチを 振り返りはしないのさ ただゴールだけを見据えながら 放つシュート ボランチみたいにね 相手を削ってさ ディフェンスを固めては またキラー・パスを出して ... [Read More]

Tracked on July 04, 2006 at 07:33 PM

« 休日の三題 | Main | すわ、スキャンダル!? »