« 長谷川毅先生、おめでとうございます。 | Main | 上川徹主審を応援する。 »

June 13, 2006

憂鬱なニ題

■ 今日は、これを書くしかないのか…。
 昨日夜のFIFAワールドカップ、日豪戦である。
 前半、ナカムラが一点を入れて勝っていたので大丈夫だなと眼を離した隙に、何と三点が豪州に入っていた。唖然とした。
 多分、次のクロアチア戦は、△
 ここで、100人中99人は絶望する。
 ブラジル戦は、ロナウジーニョ以下の主力を全部温存させたブラジルと競って、まさかの ○
 勝ち点 4 で決勝リーグ突破!!。
 これが、最も日本らしい筋書きである。
 根拠はない。
■ 日経平均株価600円下げである。いい加減、落ちすぎであろう。
  指標だけを観れば、「買うしかない」局面であるけれども、どうなのであろうか。
  ぐっちー殿の教示によると、「株は五年以上は持ち続ける覚悟」が大事だとか。
  しかし、それにしても、このアップ・ダウンの激しさは…。

訂正、前半で「決勝リーグ」と書いたのは、「一次リーグ」の誤りである。精神状態が荒れると、こうなる。オヨヨである、

|

« 長谷川毅先生、おめでとうございます。 | Main | 上川徹主審を応援する。 »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

>根拠はない。

パソコン前で憮然とした表情をなさる雪齊先生の顔が
見えた気がしました。
せめてこうとでも思わねば、次々とテレビからあふれ出てくる
他国のファインプレーの洪水に耐えていけそうにもありません、です。

Posted by: るびい | June 14, 2006 at 02:18 PM

るびい殿
さすがに憮然としてしまいましたよ。
しかし、こうも決定力がないというのは…。

Posted by: 雪斎 | June 14, 2006 at 09:54 PM

「今回の日本代表は期待していいですよ」と言っておきながらこの様、全くお恥ずかしい限りです。あの戦い方で精一杯、というのなら仕方ないと諦められるのですが、もっと出来る力はあるだけに失望しか残りませんでしたね。負け方も最悪だったのでもう無理かな、と思っていますが心のどこかで奇跡を期待していたりします。選手達が自信を失っていなければ希望はあるかもしれません。
 株の方は持ち直してきたと考えていいんですかねぇ。日米ともに中央銀行の総裁はしっかりしてほしいものです。

Posted by: ささらい | June 15, 2006 at 02:03 PM

ささらい殿
日本人は「追い詰められない」と力が出ないのでしょうな。
それではこまるのですが…。
株は、大丈夫なのではないでしょうか。いちいち、慌てても仕方ないような気がします。

Posted by: 雪斎 | June 16, 2006 at 12:27 AM

憂鬱です。

しかし、ブラジルに引き分けた事はありますが、勝ったこともありましたね。

マイアミの奇跡 ○ 

2001年のコンフェデ △

昨年のコンフェデ △

23歳以下の無名の若者達が、「川口の神セーブと伊藤のごっちゃんゴールでスター軍団を潰した伝説」の復活を目指すしかなさそうですね。

Posted by: 株屋 | June 19, 2006 at 10:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10515327

Listed below are links to weblogs that reference 憂鬱なニ題:

» がんばれ!サッカーW杯日本代表! [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
昨日のグループ予選初戦、まさかの逆転負けを喫してしまいましたが、まだまだ望みはあるはず。がんばれ、ジーコ・ジャパン! *** ♪次は勝つ♪ 心配なんだけど 君の想いが ドイツにとどく 望みがきっとある 豪州に逆転で 負けたけれども 信じることを 決してやめないで Carry on, Carry out 点取り点取られ 灼熱の暑さに すこしつかれても Oh・・・ Oh・・・ もう一度夢見よう 勝ち抜くよろこびを 知っているのなら Oh 決勝にコマを 進めるために 願... [Read More]

Tracked on June 14, 2006 at 08:13 AM

« 長谷川毅先生、おめでとうございます。 | Main | 上川徹主審を応援する。 »