« May 2006 | Main | July 2006 »

June 30, 2006

『産経新聞』「正論」欄原稿

■ 日本にミリオネアは140万人余り居るようである。人口比で1パーセント強である。これは多いのか少ないのか。『ロイター』配信記事である。
 □ 日本の富裕層、05年に4.7%増の141万人=調査
 [東京 22日 ロイター] メリルリンチ日本証券とキャップ・ジェミニは、日本の富裕層が2005年に前年比4.7%増加の141万人になったとするレポートを発表した。
 発表したのは「ワールド・ウェルス・レポート2006年版」。日本の富裕層(主たる住居を除く純金融資産が100万ドルを超える個人)人口が増えた主な理由として、実質国内総生産(GDP)2.6%の増加、堅調な相場環境、デフレ圧力の沈静化、消費の改善などを挙げている。定率減税の解除などの障害はあるものの、こうしたポジティブ要因は06年も継続するという。
 世界に目を転じれば、富裕層人口の伸びが顕著だったのは韓国の21.3%増やインドの19.3%増、ロシアの17.4%増、南アフリカの15.9%増など。
 米国は、引き続き最大の富裕層人口を誇り、保有資産残高も最も高かった。しかし富裕層人口の伸び率では、前年の9.9%を下回る6.8%と鈍化した。
 全世界で、保有する金融資産が3000万ドルを超える超富裕層の人口は同10.2%増の8万5400人になった。
 世界の富裕層の資産残高は、前年比8.5%増の33.3兆ドルだった。今後、年6.0%づつ上昇し、10年までに44.6兆ドルになると予想している。

Continue reading "『産経新聞』「正論」欄原稿"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 29, 2006

「鉄は国家なり」…か。

■ 1862年、ヴィルヘルム1世国王によってプロイセン王国首相兼外相に任命されたオットー・フォン・ビスマルクは、ドイツ統一を目指した国王の意を体して、「現在の大問題(ドイツ統一)は演説や多数決ではなく、鉄(大砲)と血(兵隊)によって解決される」という有名な演説(鉄血演説)を行った。以後、ビスマルクには、「鉄血宰相」(Eiserner Kanzler)の渾名が付された。
 ビスマルクは、デンマーク、オーストリア、フランスとの相次ぐ戦争を勝ち抜き、「帝国」を完成させた。その軌跡に寄り添ったのが、「大砲王」と呼ばれたアルフレート・クルップが提供した「大砲」と「鉄道」であった。近代以降の戦争では、「大砲」は軍隊の破壊力を意味し、「鉄道」は軍隊の機動力を意味した。ドイツは、「大砲」と「鉄道」、即ち「鉄」によって築かれた「帝国」だったのである。今でも、ドイツといえば、がっしりとした「鉄」のイメージがある。ナチス・ドイツの「鉄兜」、最強の「機甲師団」l、堅牢を旨とするベンツ、サッカー・チーム…・。
 だから、「鉄は国家なり」といわれるのも、当然なのである。ところで、今週、割合、大きな経済ニュースとして伝えられたのが、ミタル・スチールとアルセロールの経営統合である。「日経」と「読売」が社説で取り上げている。

Continue reading "「鉄は国家なり」…か。"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 28, 2006

Paloma Blanca

■ 昨日、 【George Baker 25 years】というタイトルのCDが届く。何故、手に入れたかといえば、このCDに収められている〈Paloma Blanca〉が無性に聞きたくなったからである。現在、雪斎と同じ四十歳過ぎの人々は、〈Paloma Blanca〉を覚えているかもしれない。一九七〇年代後半、TBSが毎朝七時頃に放送していた,情報番組「おはよう720」の中で、「ヨーロッパの西端のリスボンから東京まで」、「アラスカから南米大陸最南端のフェゴまで」を車で踏破するという企画があり、その企画第二編のテーマとして使われたのが、〈Paloma Blanca〉であったのである。もっとも、この企画第一編のテーマとして使われ、日本の洋楽市場史上の最たる「一発屋」ヒットを飛ばしたDaniel Boonhe の〈Beautiful Sunday〉のほうが有名かもしれないし、〈Paloma Blanca〉それ自体、企画で使われたのは、雪斎が入手した George Baker ではなく、Bobbby Vinton のヴァージョンである。ただし、そうであっても、こういう歌を聴くのは、懐かしい。

 〈Paloma Blanca〉

When the sun shines on the mountains
And the night is on the run
It's a new day, it's a new way
And I fly up to the sun

I can feel the morning sunlight
I can smell the new-born hay
I can hear God's voices calling
From my golden sky-light way

Una paloma blanca
I'm just a bird in the sky
Una paloma blanca
Over the mountain I fly
No one can take my freedom away

Once I had my share of losing
Once they locked me on a chain
Yes, they tried to break my power
Oh, I still can feel the pain

Una paloma blanca
I'm just a bird in the sky
Una paloma blanca
Over the mountain I fly
No one can take my freedom away

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2006

米国の「虎の尾」は…。

■ ワールドカップは、これからが面白い。
 先週から完全SOHO勤務になったので、「午前6時就寝、正午起床」の生活パターンに戻っている。
 従って、未明の時間帯の試合を横目で見ながら、原稿と政策レポートを書いている。
 イングランド―エクアドル戦は、デーヴィッド・ベッカムのフリー・キック一発で片付いた。流石に、「千両役者」である。
 「おいおい…」と思ったのは、ポルトガル―オランダ戦である。4枚のレッド、総計16枚のイエローが舞った凄い試合であった。ポルトガルが勝ってくれたお陰で、もう一度、ルイス・フィーゴの最後の雄姿が見られる。結構なことである。

■ 「テポドンⅡ」は、本当に発射されるのか。段々、真面目に相手にするのも阿呆らしく感じ始めているけれども、仮に発射されたとしても、日本政府が右往左往する事態にはならない。むしろ、こうした問題は、米国政府や米国世論が本気になった時の対応のほうが、注目に値する。イラク戦争に至る過程が示すように、米国政府や米国世論が本気になれば、物事の帰趨を決めるのは、もはや日本や韓国などの意向ではなく、米国の「さじ加減」でしかない。北朝鮮政府は、「挑発の相手」を完全に誤っている。韓国紙『朝鮮日報』が伝えた記事の一部である。
 □ 【テポドン2号】米高官ら、先制攻撃に否定的
 米国の高官らは22日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」発射実験場を先制攻撃するべきだとする、ウィリアム・ペリー前国防長官らの主張を一蹴した。ディック・チェイニー副大統領はこの日、CNNテレビに出演し、「ペリー前長官の忠告はありがたいが、他国に対する攻撃を実行するためには多くの準備をしなければならない」とし、「北朝鮮のミサイル問題は適切な対処がされていると思う」と述べた。
 ホワイトハウス(米大統領府)、国務部の高官やジョン・ボルトン国連大使らも、「米国政府は北朝鮮のミサイル問題に関し、これまでの方針を変えることはない」とした。また、ホワイトハウスのスティーブン・ハドリー大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「われわれは外交こそが正しい解決方法だと認識しており、またそれが望ましい方向だ」と述べた。

Continue reading "米国の「虎の尾」は…。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2006

折々の言の葉11 ゲーテ

■ 「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない」。
            ― ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
 これは、割合、有名なゲーテの言葉である。出典が判らなかったので、少し調べたたところ、『ウィルヘルム・マイスターの修行時代』(第二巻・第八章)に次のような一節があるようである。

WHO never eat with tears his bread,

Who never through night's heavy hours
Sat weeping on his lonely bed,--

He knows you not, ye heavenly powers!

Through you the paths of life we gain,

Ye let poor mortals go astray,
And then abandon them to pain,--

E'en here the penalty we pay,

Continue reading "折々の言の葉11 ゲーテ"

| | Comments (7) | TrackBack (2)

June 23, 2006

盧武鉉の「虚勢」

■ 「くじら」について書く予定であったけれども、先に日韓関係ネタを扱う。「毎日」記事を二つ紹介する。日本のメディアは余り取り上げていなかったようであるけれども、かなり大事な案件である。

 □ <日韓EEZ交渉>進展ないまま終了 竹島周辺調査が火種に
 日韓両政府は13日、竹島周辺の排他的経済水域(EEZ)境界画定交渉を東京で行い、進展のないまま2日間の協議を終えた。次回協議を9月にソウルで行うことでは合意したが、韓国側は7月に竹島周辺で海流調査を計画。日本は調査の自制を求めたが韓国は「交渉の対象にならない」と応じず、両国間の火種として残った。


 □ <韓国大統領>EEZめぐる日韓対立に武力衝突にらんだ発言
 韓国の盧武鉉大統領は22日、竹島や排他的経済水域(EEZ)をめぐる日韓対立に関連して、日本側が「挑発」すれば損害が多いと考える「防護的対応能力」を備えることが重要だと、海上での武力衝突の可能性をにらんだ発言をした。周辺海域を警備する海洋警察当局の関係者ら200人を昼食会に招き、激励した席で語った。

Continue reading "盧武鉉の「虚勢」"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

June 21, 2006

よたよた…。続々

■ 梅雨時の身体の具合の悪さは如何ともし難いので、本日以降、当面の間、永田町勤務を完全SOHO勤務にすることにした。
盆明けの「永田町のお祭り」に備え、体力、気力その他をリカヴァーさせなければならない。
   ところで、さる筋から、「マカ」を勧められた。「マカ」ね…。
   早速、大学近くのドラッグ・ストアで購入する。一瓶5000円である。高っ。
   これは、いいのかしら。
   この三日、「元気の出ない」エントリーを書いた。
   明日から、まじめな国際政治分析を用意しよう。
   先ずは、「くじら」である。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 20, 2006

よたよた…。続

■ 19日中の北朝鮮のミサイル発射も、「なかった」ようである。
   自傷癖で周囲を冷や冷やさせる若い女性の深層心理は、「私、寂しいの。誰か構って頂戴」だとか。
   北朝鮮も、このパターンなのか。
   付き合いきれんな…。

■ 金曜日以降、相変わらず身体的な調子は好転しない。
   にもかかわらず、やることは、溜まっている。やることが多すぎる。
   大学に居た頃は、七月中旬で授業を終えれば、実質二箇月の夏休みに入ったものであるけれども、今年は、そうは行かないであろう。おまけに、盆明けには、「楽しい楽しい」自民党権力闘争の本格化と来ている。 
   「永田町に居るうちに嫁さんをもらって、永田町から足を洗ったら、夏の二ヶ月は嫁さんと避暑地にこもって、研究に没頭だ…」。
   最近は、そうしたことを考えるようになっている。雪斎も、歳を取ったものである。

■ ワールドカップで気になるのは、韓国は勝ち抜けるのかということである。
  現時点では、韓国が勝ち点数で首位を走っているけれども。次のサイクルでフランスとスイスが勝てば、韓国は一次リーグ敗退である、フランス―トーゴ戦は常識的にフランスの勝ちである。スイス―韓国戦は、スイスの強さを見ると、韓国有利とはとてもいえない。只今、スイス―トーゴ戦が終わったけれども、確かにスイスは強いチームであった。
  もし、韓国一次リーグの敗退ならば、四年前の四傑進出は何だったのかという話になる。サッカーの世界では、欧州と亜細亜を隔てる壁は、まだまだ高い。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 19, 2006

よたよた…。

■ 日本―クロアチア戦は、△ である。雪斎の予定通り、ブラジル戦は、○ ということであろう。
   同胞よ、落胆するなかれ。
   総ては、「奇跡」のための下準備である。

■ 18日中の北朝鮮のミサイル発射は、「なかった」ようである。「ふざけんじゃねえよ…」と言いたくなる。

■ 相変わらず、身体的な調子は良くない。困ったものである。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

June 18, 2006

国会閉幕、一転して風雲急を告げるのか。

■ 一昨日金曜日は、終日、身体的な具合が悪かった。梅雨時の高温多湿の状況は、雪斎には最悪の生活環境である。この時期、雪斎の心は、「札幌の空」に誘われる。ばたばたしているうちに、通常国会が閉幕してしまった。
 □ 重要法案先送りで閉会 小泉首相最後の国会  
 第164通常国会は16日、衆参両院の本会議で継続審議の手続きを行い、18日の会期末を前に事実上閉会した。小泉純一郎首相にとって最後となる国会で、構造改革の「総決算」と位置付けた行政改革推進法など内閣提出と議員立法を合わせて96本が成立したが、重要法案の多くが次期国会以降に先送りされた。今後は、「ポスト小泉」をめぐる自民党総裁レースが本格化することになる。
 政府が今国会に提出した法案は91本。成立した82本には与野党が全面対立した医療制度改革関連法のほか、金融商品取引法も含まれる。
 成立率90%は例年に比べ高くはなく、衆院で3分の2以上の議席を持つ「巨大与党」としてはやや寂しい成績だが、首相自身は会期を延長しなかったことを理由に「決して低くない」と自賛。議員立法ではがん対策基本法や北朝鮮人権法など14本が成立した。(共同通信)

Continue reading "国会閉幕、一転して風雲急を告げるのか。"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

June 15, 2006

上川徹主審を応援する。

■ FIFAワールドカップは一次リーグを一巡した。
 明日未明の優勝候補イングランドと初出場トリニダード・トバゴの対戦は、ちょっとした楽しみである。
 というのも、この試合を仕切るのは、日本人レフェリーの上川徹氏であるからである。14日付の「読売」が伝えている。
  □ W杯・上川主審、イングランドの試合で2試合目の笛
 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、グループリーグB組のイングランド―トリニダード・トバゴ(15日・ニュルンベルク)の担当審判員を発表し、9日のポーランド―エクアドル戦を担当した上川徹主審が、広嶋禎数副審らとともに再び指名された。
 日本人の主審が、W杯の同一大会で2試合目の笛を吹くのは初めてのことだ。
 これまでにW杯を経験した日本人審判は、主審としては各大会で1試合ずつしか出場機会が与えられなかった。高田静夫氏は1990年までの2大会で6試合のジャッジに加わったが、当時は審判の分業制がなく、4試合が線審(現副審)だった。
 上川氏には2試合目の主審が巡り、しかもサッカーの母国イングランドの試合を担当する。ポーランド―エクアドルでの安定したジャッジが、FIFAから評価された証しとみられる。

Continue reading "上川徹主審を応援する。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 13, 2006

憂鬱なニ題

■ 今日は、これを書くしかないのか…。
 昨日夜のFIFAワールドカップ、日豪戦である。
 前半、ナカムラが一点を入れて勝っていたので大丈夫だなと眼を離した隙に、何と三点が豪州に入っていた。唖然とした。
 多分、次のクロアチア戦は、△
 ここで、100人中99人は絶望する。
 ブラジル戦は、ロナウジーニョ以下の主力を全部温存させたブラジルと競って、まさかの ○
 勝ち点 4 で決勝リーグ突破!!。
 これが、最も日本らしい筋書きである。
 根拠はない。
■ 日経平均株価600円下げである。いい加減、落ちすぎであろう。
  指標だけを観れば、「買うしかない」局面であるけれども、どうなのであろうか。
  ぐっちー殿の教示によると、「株は五年以上は持ち続ける覚悟」が大事だとか。
  しかし、それにしても、このアップ・ダウンの激しさは…。

訂正、前半で「決勝リーグ」と書いたのは、「一次リーグ」の誤りである。精神状態が荒れると、こうなる。オヨヨである、

| | Comments (5) | TrackBack (1)

June 10, 2006

長谷川毅先生、おめでとうございます。

■ 雪斎にとって誠に嬉しいニュースが流れた。「読売」一面に載った記事である。
 □ 第7回「読売・吉野作造賞」に長谷川毅氏
 第7回「読売・吉野作造賞」の受賞作は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校歴史学部教授・長谷川毅氏(65)の著書『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』(中央公論新社刊)に決まった。正賞の文箱と副賞300万円を贈る。
 同賞は、読売論壇賞と中央公論新社の吉野作造賞を一本化して2000年に創設された。今回は昨年4月から今年3月までに発表された単行本、雑誌論文を対象とし、選考委員会の厳正な審議により決定した。
 長谷川氏の受賞作は、1945年4月から9月までの太平洋戦争終結の全体像を、アメリカ、ソ連、日本をめぐる外交・軍事関係を中心に豊富な資料を駆使して緻密(ちみつ)に分析し解き明かした研究書。

Continue reading "長谷川毅先生、おめでとうございます。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2006

折々の言の葉 カネにまつわる言葉

■ 昨日、日経平均株価は一時600円下げで、7ヵ月ぶりの安値水準である。最近は、アップ・ダウンが矢鱈に激しいような気がするけれども、もう少し緩やかな動きをして欲しいものである。
 古来、カネにまつわる名言は幾らでもあるけれども、一寸、ひもといてみよう。
 ● 「世に銭ほど面白き物はなし」。-井原西鶴
 確かに、これは究極の名言である。「ホリえもん」」こと堀江貴文氏や「偽・欽ちゃん」こと村上世彰氏にまつわる話は、総てこの西鶴の言葉のヴァリエーションである。もっとも、堀江氏や村上氏の今を見ていると、次のトルストイの言葉のほうが、訴えかけるものは強い。
 ● 「ああ、金、金! この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか!」。―レフ・ トルストイ

Continue reading "折々の言の葉 カネにまつわる言葉"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 07, 2006

対日カードとしての「捕鯨」、本当かよ。

■ 日本を苛立たせる中国の動きが、またまた伝えられている。
□ 【中国】「日本の捕鯨に断固反対」98%、中国で強い反発
 16日から始まる国際捕鯨委員会(IWC)の総会を前に、5日付の新華社は「日本が求めている商業捕鯨の再開に対して、中国各界から反対の声があがっている」と題する記事を掲載した。
 商業捕鯨の再開をめぐっては、日本を支持するマーシャル諸島とカンボジアが国際捕鯨委員会に新たに加盟するなど綱引きが激しくなっている。
 新華社は「日本は商業捕鯨の再開を支援してもらうため、世界の国々にカネをばらまいている」と指摘した上で、「中国各界から反対の声があがっている」と主張している。
 中央電視台(中央テレビ、CCTV)は、捕鯨について賛否を問うアンケートを公式サイトで2日から開始した。6日午前10時20分(日本時間)の時点で、「捕鯨に対して、中国はどのような対応をすべきか」との質問に対して、「日本の捕鯨に断固として反対する」との回答が541票(98.90%)、「日本の捕鯨を支持する」が3票(0.55%)、「よく分からない」が3票(0.55%)となっている。
 国際動物愛護基金会の何勇氏は「中国の動向が商業捕鯨の再開に大きな影響を与える。中国は全世界の鯨の存亡を決める立場にある」と説明している。またグリーンピース中国では「鯨は何度、鑑賞しても飽きない。殺してしまえばそれっきりだ」とコメントしているという。(編集担当:菅原大輔)

Continue reading "対日カードとしての「捕鯨」、本当かよ。"

| | Comments (6) | TrackBack (2)

June 05, 2006

QUICK配信記事

■ 「日経」傘下のQUICKという経済専門のニュース配信会社がある。過日、そこから雪斎のインタビュー記事を配信してもらった。雪斎には、「いい話」であった。論壇という空間から離れたお陰で、色々と面白い見聞ができるようになったのは、確かなことである。
 インタビューを受けたのは、東京・日本橋の三井タワーにあるQUICK本社である。最上階にマンダリン・オリエンタル・ホテルが入っている日本橋再開発の象徴的な場所である。中々、面白いところであった。
 さて、今週も、大変だな…。

Continue reading "QUICK配信記事"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 04, 2006

「愛国心」論

■ 雑誌『論座』今月号が届けられる。「私と愛国心」という特集が組まれている。執筆陣は以下の通りである。

 ●青木冨貴子 ●赤瀬川原平 ●石田 雄 ●石破 茂 ●猪瀬直樹 ●入江 昭 ●岡留安則 ●奥 武則 ●小倉紀蔵 ●粕谷一希  ●加藤 節 ●鎌田 慧 ●上坂冬子 ●萱野稔人 ●香山リカ ●姜 尚中 ●呉 智英 ●小山 晃 ●佐伯啓思  ●桜井哲夫 ●櫻田 淳 ●三遊亭金馬 ●志位和夫 ●篠原 一 ●朱 建栄 ●杉田 敦 ●鈴木邦男 ●鈴木宗男  ●関川夏央 ●仙谷由人 ●多田富雄 ●立松和平 ●中島 梓 ●中島岳志 ●成田龍一 ●橋本 治 ●原 武史  ●平山郁夫 ●藤井誠二 ●船曳建夫 ●保坂展人 ●保阪正康 ●堀田 力 ●本田由紀 ●道場親信 ●目取真 俊 ●毛利嘉孝  ●森 達也 ●森 千香子 ●山内昌之 ●山折哲雄 ●梁 石日 ●吉田 司 ●王敏

Continue reading "「愛国心」論"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 02, 2006

色々な話

■ このブログも段々、「日記」どころか「週記」になりつつある。

■ 今日の永田町のホット・ニュースはこれだったかもしれない。
 □ 安倍氏、総裁選へ始動 派閥横断で支持拡大狙う
 9月の自民党総裁選に向け「ポスト小泉」の最有力候補とされる安倍晋三官房長官が2日、本格始動した。安倍氏支持の中堅・若手議員を中心とする「再チャレンジ支援議員連盟」(会長・山本有二衆院議員)に衆参両院議員94人(ほか代理21人)が参加、事実上の「安倍応援団」が発足した。議連は派閥横断的な支持の広がりに自信を示しており、今後は党所属の全国会議員に参加を呼び掛け「先行逃げ切り」(周辺)を図る構えだ。
 同議連は衆院当選6回以下、参院当選2回以下に参加を打診。この日の設立総会には谷垣、二階両派を除く各派閥から出席したものの、参加者の中には総裁選対応について「福田康夫元官房長官が出馬に踏み切るのかどうか、様子を見たい」との声もある。

 「なんだ94かよ…」というのが率直な印象である。雪斎は、「安倍長官のことだから、150は行くだろう」と思っていたのである。この94という数字は、自民党衆参両院407議席の4分の1にも満たない数字である。過半数204までには、ここから一人の脱落者も出さずに110を上乗せしなければならないというのは、かなりハードルが高そうである。無論、実際の総裁選挙では、党員票という要因が絡むから、世論調査の上で先行している安倍長官に「分」があるのは、間違いないであろうけれども、それにしても…である。
 それにしても、かんべえ殿が示した「クラシックによるネオの取り込み説」は、本当であろうか。本当だとしたら…。道理で、拙ブログの「日記」が「週記」になってしまっているわけである。

Continue reading "色々な話"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 01, 2006

今日から六月、嫌だね…。

■ 今日から六月である。これからは、雪斎には誠に相性の悪い季節の始まりである。

人のために よかれと思い
西から東へ かけずりまわる
やっとみつけた やさしさは
いともたやすく しなびた
春をながめる 余裕もなく
夏をのりきる 力もなく
秋の枯葉に 身をつつみ
冬に骨身を さらけ出す
    ―『春夏秋冬』より―

Continue reading "今日から六月、嫌だね…。"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »