« 諸事山積 | Main | 太平洋・島サミット »

May 25, 2006

朝食の話

■ 嫌な記事を見つけた。「毎日」記事である。
□ <栄養失調児>校長見かねて、こっそり牛乳飲ます
 家で与えられる食事はコンビニエンスストアの期限切れのおにぎり、菓子パン――。栄養失調が疑われる児童に、校長がこっそり牛乳を飲ませている小学校がある。校長は「家庭のしつけまで学校が引き受けるのはどうかと思うが、(劣悪な食事の)限度を超えている」と嘆く。食育基本法が昨年夏施行され、国は朝食を取らない小学生をなくそうと呼びかけるが、法の理念とかけ離れた現実に学校現場から悲鳴が上がっている。
 この学校は東京都内の公立小。校長によると、04年春の新入生に体がやせ細り、元気のない男児がいた。授業中きちんとした姿勢を保てず、ぼんやりしていることも少なくなかった。
 昨年4月、男子児童に話を聞くと、コンビニを営む両親から販売用のおにぎりや菓子パンを毎日のように与えられているという。校長は栄養を補うために、給食の牛乳を冷蔵庫に保管、他の児童に知られないよう校長室で毎日飲ませた。
 その後も児童の食生活に改善は見られず、賞味期限切れの食品を与えられていることも分かった。児童も好き嫌いがあり、校長がスープを与えても飲まなかった。栄養失調も疑われたため、見かねた校長は今年3月、保護者を学校に呼び出し、「今は成長期で、脳がつくられる大事な時期。きちんとした食生活をさせないと困る」と諭した。
 母親は「(食事を)作っても食べない」と戸惑った。「食べるように(食材を)小さく切るなど工夫していますか」とたたみ掛けると、両親は互いに責任をなすり合い、けんかを始めたという。
 同校には数年前、「一日の食事はおにぎり1個」という児童がいたが、栄養状態が切迫したため施設に保護してもらったという。校長は「家庭の機能低下は現場で実感している。状況は悪化の一途だ」と憂える。今も男児と別の児童計2人に牛乳を飲ませている。
 政府は食育基本法に基づき今年3月、食育推進基本計画をスタートさせた。そこでは「朝食を欠く国民の割合の減少」を目標に掲げ、10年度までに朝食を取らない小学生をゼロにするとの数値目標を盛り込んだ。
 都教委の昨年の調査で「朝食を必ず取る」と答えた小学生は79.7%、中学生は70.2%。逆に「食べない」「食べないことが多い」という小学生は5.1%、中学生は11%だった。【高山純二】

 これは、「校長先生、お見事です」という話ではない。「この親は、何をしてるんだ」という話である。これだけの豊かな時代に、「栄養失調児」とは…。唖然とするほかはない。そんなに、朝食を摂らせるのが面倒なのであろうか。
 因みに、雪斎の朝食のパターンというのは、大体、決まっている。
 ① グレープフルーツ・ジュース & トマト・ジュース
 ③ 切り餅(醤油付け、海苔巻き)3個、 これで御飯三杯分に相当
 ④ コーヒー{白砂糖は絶対に使わない}。
 単純だが「朝に取る食事」では、これは、中々、理にあったものにちがいない。支度の所要時間は、餅が焼ける時間を含めて十数分である。蛋白質が足りないと思えば、「磯部巻き」を「納豆餅」にすれば、オ-ケーである。
 「毎日、餅かよ…」と思う人々がいるかもしれないけれども、「米」を食べていることにはかわりがない。これに、付けあわせで、佃煮、漬物を添えれば完璧であろう。手間を掛けずに「朝」を摂ろうと思えば、これくらいのことは考えるべきであろうなとおもう。雪斎も、起床から出勤までの時間は一時間余りなのである。
 雪斎は、毎朝、これに加えて、EPA-DHAのサプリメント、朝鮮人参の煎じたものとプロポリス溶液を摂る。完全に「健康オタク」化している。そして、夜、風呂上りに飲むのは、「飲むヨーグルト」である。アルコールは、自宅で夕食をとるときは赤ワインをグラス一杯限定である。
 そういえば、今日昼には、料理研究家として有名なM・F議員に会うかもれない。今は、「食育」の推進に取り組んでおられる。「毎日」記事のことで相談することにしよう。

|

« 諸事山積 | Main | 太平洋・島サミット »

「永田町の話」カテゴリの記事

Comments

雪斎殿
お久しぶり。いやね、これ食事の問題だけじゃないですよ。常識的生活全般に関して大変な問題になってます。公立小学校どころかかなり名門の私立小学校でも、もう子供の教育以前に親の教育だと嘆いている校長がかなりおられますよ。もうひどいもんですわ。本気で取り組まないと大変なことになります。是非ご尽力を!

Posted by: ぐっちー | May 25, 2006 at 10:16 AM

この毎日新聞の記事について、はてなブックマークで寄せられた意見もなかなか面白いですよ。コンビニ経営の過酷さを指摘したり、何故児童相談所へ連絡しないのかという疑問の声があったりと、違った視点からの指摘があります。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060522k0000m040128000c.html

Posted by: Baatarism | May 25, 2006 at 10:57 AM

教師の学校間格差もひどいものです。
息子の担任のあまりのひどさに(勉強よりも変なことを熱心に教える、というより説く)息子とも相談し、転校させました。
通学時間は3倍になりましたが、息子も「授業が楽しい」と言っています。
違う学区でも転校できる制度が導入されたおかげで本当に助かりました。公立小学校はギャンブルみたいなものと思ってましたが、はずれの教師がこんなにひどいとは思いませんでした。
件の先生、父兄の間でもかなり評判が悪かったそうです。それを放置している学校側もどうかと思いますが。
教師免許の更新制度実施を切に願います。

Posted by: 波導 | May 25, 2006 at 03:52 PM

この毎日の記事の児童は,朝食だけでなくて,夕食分も含めて,おにぎりが与えられたり,与えられなかったりということなのかもしれません。
一応,昼食に給食があるということですから,栄養失調というのは,給食以外は殆ど食事が与えられていないのではないかと思いました。
さて,このレベルになりますと,もう親の自覚というよりも,根本的に,我が子への愛情がないのだと思います。
何ともやりきれない話です。
ところで雪斎さんの朝食は,なかなか立派ですね。
プロポリス,飲んでみようかな。

Posted by: 西田瓜太郎 | May 25, 2006 at 11:26 PM

伊藤洋一さんのWebページの一つ「Day by Day」
http://www.ycaster.com/diary/index.html
の、「2006年05月19日(金曜日)」の記事をご覧ください。

なんと言うべきなのか、私も混乱中で…

単純に法が原因とは言えず、また、
法を改正しても、「それだけでは」問題が解決するものでもないでしょうが…

Posted by: MUTI | May 26, 2006 at 01:33 AM

うろ覚えで申し訳ないのですが
就学援助関係の記事で、児童生徒の中で学校給食だけがまともな食事で、後はコンビニの弁当やらスナック菓子だったり、という食生活を送る子供たちのことが触れられていた記憶があります。
穿った見方かもしれませんが、この「親のやる気なさ」を、「格差社会」の病理的現象の一つとしてとらえる向きがあるような気がして、これとそれとは別物ではないかと思いました。

小学生時代に担任から聞かされた話ですが
「家が貧しくて、お弁当のおかずは白菜の漬物だけ。周りに見られるのが嫌で、ふたで隠して食べた」子供たちだって、親は普通に食べていて、子供だけが粗末ということはなかったはず。

ネグレクトというより、人生そのものに対して、何というか「もう降りたい」と考える、慢性的に精神が疲労している大人が、一定数いるように思います。

…愚息の小中時代の同級生のママの一人が
先月自殺したニュースを聞いて、気が滅入っています。
実の両親と同居の母子家庭でしたが、いつも男関係やら母仲間の対人関係でトラブっていて、自分がまいた種が原因とは言え、「人生からもう降りたい」気分が漂う人でした。
彼女もやはり、子供の食生活は、それ以前に自分の食生活もほったらかしでした。
見るとは無しに見てしまった冷蔵庫には
食材は殆ど皆無で、缶ビールばかり。そういう生活をしていた人でした。

人間、きちんと食べないと、生きる力が摩滅するんでしょう。

Posted by: るびい | May 26, 2006 at 07:02 AM

この記事、私も新聞で目にして複雑な感情を抱きました。

ところで雪斎氏の「白砂糖はぜったいに使わない」という部分、賢明ですね。
私も砂糖は黒のみ。
漂白された白砂糖の怖さというのは、案外知られていないのかもしれませんね。

Posted by: ばーく | May 26, 2006 at 01:25 PM

ぐっちー殿
おひさしぶりです。
バリはいかがでしたか。
波導殿
更新性導入はやる方向で動きそうですよ。
baatarism殿
色々な見方がありますな。
西田殿
プロポリスは、いいとおもいますよ。少々、値が張りますが…。
MUTI殿
多謝。
るびい殿
「食べること」は、案外、カネの掛からない楽しみなのですよ。たとえ磯部巻きでも、海苔は「●●産の…」とやってしまえば、結構、楽しい。こういう楽しみを「作る」ことは大事だと思うのですが・・・。
ばーく殿
白砂糖は使わないというのは、かなり徹底していますな。使うのは、三温糖限定です。もっとも、上白糖が危険だというのは俗説だという話もあるのですが、今さら使う気もしませんね。

Posted by: 雪斎 | May 27, 2006 at 01:31 AM

私は朝起きてすぐに食べるのが苦手なので、起き抜けは水と野菜ジュースだけ飲み、職場に来てからパンもしくはカロリーメイトです。情けなや・・・。
厚生労働省の薬剤師の友達と話すうちに私もエセ健康マニアになったのですが、効率よく野菜の栄養をとるに野菜ジュースはオススメだそうです。あと大切なのは水。心臓が弱い人は別として、とにかく大量に飲むのが良いそうです。私は毎日2リットル飲んでます。おかげでトイレが近い近い(笑)。

Posted by: やじゅん | May 28, 2006 at 03:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/10214394

Listed below are links to weblogs that reference 朝食の話:

« 諸事山積 | Main | 太平洋・島サミット »