« April 2006 | Main | June 2006 »

May 28, 2006

太平洋・島サミット

■ 太平洋・島サミットが閉幕した。「産経」記事である。
 □ 日本の常任理入り支持 島サミット首脳宣言採択
 沖縄県名護市で開かれている「第4回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議」(太平洋・島サミット)は2日目の27日午前、首脳宣言を採択して閉幕した。
 宣言で、参加各国は日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りへの支持を改めて表明した。中国が経済支援をテコに影響力を拡大しているなか、「親日国」が多い太平洋の島嶼(とうしょ)国との関係を今後、どのように強めていくかが課題となる。
 島サミットには、オーストラリア、ニュージーランドを含む14カ国と2地域からなる太平洋諸島フォーラム(PIF)メンバーと日本が参加しており、首脳宣言には日本と太平洋の島嶼国との信頼関係を強める「沖縄パートナーシップ」の構築や日本の支援状況を検証する合同委員会の設置などが明記された。
 一方、日本、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国は、ナウルなど14カ国・地域に対する援助での連携強化に向けた共同声明を採択した。同声明は「説明責任と透明性が確保される援助国の支援を支持する」とうたい、アフリカ諸国で大統領宮殿を建設するなど対象国の首脳らの歓心を買う方法で経済支援を実施している中国を暗に牽制した。

 小泉純一郎首相は首脳宣言採択に先立ち、太平洋の島嶼国12カ国と2地域に対して、災害や環境対策などのために、今後3年間で総額450億円の政府開発援助(ODA)を拠出する支援策を表明した。
◇ 首脳宣言(要旨)
・日本と太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳はこれまで発展させてきた信頼関係を基礎として、パートナーシップを一層強化、新たな「沖縄パートナーシップ」を構築する
・国連安全保障理事会の早期改革の必要性を認識し、PIFメンバーは日本の常任理事国入りに支持をあらためて表明した
・2003年の前回・島サミットで採択された「沖縄イニシアチブ」の下で多くの事業を成功裏に実施。続行中の事業は「沖縄パートナーシップ」の下で継続される
・最近のソロモン諸島の情勢に留意し、太平洋島嶼国地域の「良い統治」と安定のための協力を継続する
・小泉純一郎首相は経済成長▽持続可能な開発▽良い統治▽安全確保▽人と人との交流―を重点分野とする支援を表明した
・日本とPIF首脳は国際社会が太平洋地域とのパートナーシップを強化することを呼び掛けた
・「沖縄パートナーシップ」の実施状況などの検証のため合同委員会を設置する

Continue reading "太平洋・島サミット"

| | Comments (8) | TrackBack (4)

May 25, 2006

朝食の話

■ 嫌な記事を見つけた。「毎日」記事である。
□ <栄養失調児>校長見かねて、こっそり牛乳飲ます
 家で与えられる食事はコンビニエンスストアの期限切れのおにぎり、菓子パン――。栄養失調が疑われる児童に、校長がこっそり牛乳を飲ませている小学校がある。校長は「家庭のしつけまで学校が引き受けるのはどうかと思うが、(劣悪な食事の)限度を超えている」と嘆く。食育基本法が昨年夏施行され、国は朝食を取らない小学生をなくそうと呼びかけるが、法の理念とかけ離れた現実に学校現場から悲鳴が上がっている。
 この学校は東京都内の公立小。校長によると、04年春の新入生に体がやせ細り、元気のない男児がいた。授業中きちんとした姿勢を保てず、ぼんやりしていることも少なくなかった。
 昨年4月、男子児童に話を聞くと、コンビニを営む両親から販売用のおにぎりや菓子パンを毎日のように与えられているという。校長は栄養を補うために、給食の牛乳を冷蔵庫に保管、他の児童に知られないよう校長室で毎日飲ませた。
 その後も児童の食生活に改善は見られず、賞味期限切れの食品を与えられていることも分かった。児童も好き嫌いがあり、校長がスープを与えても飲まなかった。栄養失調も疑われたため、見かねた校長は今年3月、保護者を学校に呼び出し、「今は成長期で、脳がつくられる大事な時期。きちんとした食生活をさせないと困る」と諭した。
 母親は「(食事を)作っても食べない」と戸惑った。「食べるように(食材を)小さく切るなど工夫していますか」とたたみ掛けると、両親は互いに責任をなすり合い、けんかを始めたという。
 同校には数年前、「一日の食事はおにぎり1個」という児童がいたが、栄養状態が切迫したため施設に保護してもらったという。校長は「家庭の機能低下は現場で実感している。状況は悪化の一途だ」と憂える。今も男児と別の児童計2人に牛乳を飲ませている。
 政府は食育基本法に基づき今年3月、食育推進基本計画をスタートさせた。そこでは「朝食を欠く国民の割合の減少」を目標に掲げ、10年度までに朝食を取らない小学生をゼロにするとの数値目標を盛り込んだ。
 都教委の昨年の調査で「朝食を必ず取る」と答えた小学生は79.7%、中学生は70.2%。逆に「食べない」「食べないことが多い」という小学生は5.1%、中学生は11%だった。【高山純二】

Continue reading "朝食の話"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

May 22, 2006

諸事山積

■ 今週も、諸事山積である。色々な方々には、折角、来訪してコメントも書いてもらったのに、ろくにリプライもできない状態になっている。加えて、雪斎にとって、六月という「最悪の一ヵ月」が近付いている。

■ ということで、先週発表した原稿を再掲して、このエントリーは終わりである。完全な手抜き工事である。ありゃりゃ。

Continue reading "諸事山積"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

May 21, 2006

折々の言の葉 10 古島一雄

■  単純なる右翼論者は純情一点張りで中には神話時代の政治を行はんとするやうな議論を平気に唱へて居る者もあれば、甚だしきは忠君愛国を一手専売の如く振舞ふ者さえある。
   ― 古島一雄 ―

 古島一雄といっても、今では知る人々も少ないであろう。ウィキピディア日本版では、次のような説明がある。戦前は犬養毅を支え、戦後は吉田茂の指南役と呼ばれた人物である。
 なるほど、「甚だしきは忠君愛国を一手専売の如く振舞ふ者」は、今でも居るようである。雪斎は、そのような人々とは関わりを持ちたくないものである。自らが「忠君愛国」や「保守主義」の本筋であると声高に語っているような人物には、本物の「忠君愛国」や「保守主義」の徒はいない。古島が活躍した戦前期から、このことは変わっていない。それにしても、「単純なる右翼論者は純情一点張り」という件には、苦笑してしまった。

■ 昨日午後、東京・青山の「明治記念館」で防衛庁主催の「米軍再編シンポジウム」に加わる。案内された席が、何と最前列の中央であった。額賀長官や事務方三氏のブリーフィングを最も近い位置で聞くことができた。

■ 昨日朝、新書の原稿、「第一章」五十枚分、脱稿する。へばった。

■ 新聞に寄稿する原稿が三編、溜まっている。どうなるのであろう。

■ 先週の日経平均株価は嫌な動きをしていた。雪斎保有の鉄鋼株は値を保っていたので、損失は余りない。世界規模の鉄鋼業界再編がまた、囁かれている。オットー・フォン・ビスマルクが、ドイツ統一前に、「現在の大問題は演説や多数決ではなく、鉄と血によって解決される」と演説し、「鉄血宰相」(Eiserner Kanzler)と呼ばれた頃から、鉄は「国家」である。早いところ「配当」をもらいたいものである。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 15, 2006

折々の言の葉 9 伊達政宗

■  馬上少年過  馬上少年過ぐ
   世平白髪多  世平らかにして白髪多し
   残躯天所許  残躯天の許すところ
   不楽是如何  楽しまずんばこれ如何
   ― 伊達政宗 ―

 
 雪斎は、サイバー空間では、駿河遠江・今川家の軍師だった「太原雪斎」から名前を借りてハンドル・ネームとしているけれども、戦国武将の中で最も強い思い入れを抱いていたのは、伊達政宗公であった。それは、雪斎の先祖が仙台伊達藩士(郷士だったかも…)だったという縁もあるけれども、政宗公が幼少期から隻眼という境遇を抱えていたことにも依っている。だから、十八年前にNHK大河ドラマで『独眼竜政宗』が放映された時には小躍りして喜んだし、完全版DVDが発売された時には衝動的に購入してしまったものである。政宗公の漢詩で印象深いのは、「不楽是如何」の結句である。これが人間の一生の果てに来る願望なのであろうと思う。
 ところで、、興味深い記事が配信されている。『読売』記事である。
□ 小泉首相「首相は大変きつい」
 小泉首相は13日午前、日本武道館で行われた実践倫理宏正会創立60周年記念式典であいさつし、自民党総裁選に関連して「ポスト(小泉)と言っているが、首相になっても、いいものではない。なってみれば分かる。大変きついものだ」と述べた。

Continue reading "折々の言の葉 9 伊達政宗"

| | Comments (7) | TrackBack (2)

May 12, 2006

大変な一週間

■ 大変な一週間だった。
 ○ 月曜日、『中央公論』編集部のT氏から、連絡が入る。京都大学・中西寛先生が、『毎日新聞』「雑誌を読む」欄で拙稿「今こそ対中デタントに舵を切れ」を取り上げておられたとのことである。。中西先生の時評は、拙稿の意のあるところを適確に紹介していた。うれしくもありがたい時評であった。
 ○ 木曜日、永田町に向かう地下鉄車内で大手出版社幹部M氏と偶然に遭遇する。M氏は、雪斎にとっては、論壇における「育ての親」である。十数年前、雪斎が言論家として出発した折、M氏から「やってはいけない」二ヵ条を示されたことがある。
 1、特定の個人を名指しして批判してはならない。
 2、「運動」に関わりをもってはならない。
 この二ヵ条を守ったお陰で、雪斎も言論家として道を踏み外さずに済んだ。逆にいえば、雪斎は、この二ヵ条のに該当する言論家のことは、信用しないことにしている。
 ○ 話の流れで、「新しい歴史教科書を作る会」の内紛の話が出てくる。そういえば、雪斎の方にも水を向けてくる人々がいる。「知らない」としか答えようがない。そうしたことは、雪斎には既に「異界の出来事」である。
 ○ 土曜、日曜は、また「物書き生活」である。只今、BGMとして流しているのは、ナナ・ムスクーリである。
一番、有名なのは、「オンリー・ラブ」だと思うけれども、この女性アーティストの歌唱には、本当に惹きこまれる。

Continue reading "大変な一週間"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 09, 2006

折々の言の葉 8 『漢書』「司馬遷伝」

■ 「それ孝は親に仕えるに始まり、君に仕えるに中し、身を立てるに終わる。名を後世に揚げ、以て父母の名を顕す。之れ孝の大なるものなり」。
    ― 『漢書』「司馬遷伝」―

 これは、司馬遷の父・太史公が臨終の折に息子に遺言として語った言葉の一説である。元は『孝経』からの引用であった。太史公は、長い間、中断されていた史料の収集と整理、史書の叙述といった事業を息子に託した。司馬遷にとって『史記』の編纂は、父親から受け継いだ事業であったのである。

Continue reading "折々の言の葉 8 『漢書』「司馬遷伝」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

折々の言の葉 7 G・F・ケナン

■ 「もし私が外交官としてよい仕事が出来たことがあるとすれば、それは私が歴史を好み学んだからだ。もし私によい歴史が書けたとすれば、それは私が現実の外交に取り組んでいたからだ」。
   ―ジョージ・フロスト・ケナン―

 連休も末日である。雪斎は、とある出版社から出す予定の新書の原稿を書いている。此度の書は、完全な政治の書である。少し前まで、中森明菜、斎藤由貴、薬師丸ひろ子を流しながら書いていたけれども、今、流しているのは、「村下孝蔵」である。全然、脈絡のないセレクションになっている。村下さんのアルバムには、アコースティック・ギターの演奏で歌われた『踊り子』『春雨』を収めたものがあるけれども、それは、誠に味わい深い。

Continue reading "折々の言の葉 7 G・F・ケナン"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 02, 2006

何をやってんだか…。

■ 連休中である。ということで、雪斎は何をしているのか。
 1、書の執筆
  : とある筋から新書として出すものである。
  : 最初の一章分、四十枚分を書いている。
 2.何故か、「中森明菜」を聴いている。
  : 何故か、聴きたくなった。理由はない。高校の時の「旧い女友達」に逢った気分か。
 3、連休明けが国会でも、一騒動ありそうなので、そのためのシミュレーション。
  : そういえば、ドラマ『白い巨塔』で唐沢寿明演ずる財前五郎fが「タンホイザー」を流しながら外科手術のシミュレーションをやっていた。「政策」屋にとっても、これは大事である。
 4、経済ネタの書を読む。そういえば、高校生だった頃の雪斎は、「一橋大学」を志望していたような記憶がある。
 5、只今六時過ぎである。テレビ東京で「モー・サテ」放映中である。お天気キャスターの井口玲音さんは、確かにかわいい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 01, 2006

イラン情勢の怖さ

■ かなり怖いニュースが流れている。『共同通信』が伝えた記事である。
 

□ イランと巨額契約調印へ 中国、米の制裁論けん制
 【テヘラン30日共同】劉振堂・駐イラン中国大使は30日までに、イランのメヘル通信に対し、同国での石油と天然ガスの開発をめぐる総額約1000億ドル(約11兆4000億円)の契約が数日中にも調印されるとの見通しを示した。「どの国もこの合意を阻むことはできない」とも述べ、核問題でイランに経済制裁を科そうとする米国などの動きをけん制した。
 国連安全保障理事会の常任理事国である中国が対イラン制裁に反対する背景に、巨額のエネルギー権益があることがあらためて浮き彫りになった。
 劉大使は「イランが石油を売ることを妨げるのなら、米国はわれわれに同じだけの石油を売ってくれるのか」と語り、イランに対して圧力を強める米国を痛烈に批判した。

 
□ イラン軍がイラク領侵入 クルド武装勢力掃討で
 【カイロ30日共同】ロイター通信によると、イラク国防省は30日、同国北部の山地に潜伏するトルコのクルド人武装組織「クルド労働者党」(PKK)勢力に対し、イラン軍が砲撃を加えた上、国境から約5キロイラク領に入り攻撃したと発表した。
 イラクのクルド人政党は4月21日、イラン軍がイラク領内に砲撃を加えたと公表したが、イラク政府が確認したのは初めて。
 クルド人武装勢力の掃討作戦を強めるトルコ政府は、イラク北部にPKKメンバー約5000人が潜伏中と主張。同様にクルド人問題を抱えるイランも警戒を強めている。

Continue reading "イラン情勢の怖さ"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

« April 2006 | Main | June 2006 »