« 会津士魂 | Main | 折々の言の葉 3 »

April 05, 2006

The Democrat Express 2006

■ 段々、言及するのも阿呆らしくなってきた。「毎日」記事である。
  □ 小沢氏、出馬の意向固める=菅氏と一騎打ちに-鳩山氏、一本化を断念・民主代表選
 民主党の小沢一郎前副代表は4日夜、同党代表選に出馬する意向を固めた。5日に正式表明する予定。これにより前原誠司代表の辞任に伴う代表選出は、既に出馬の意思を固めた菅直人元代表と小沢氏の一騎打ちになる見通しだ。菅氏は、7日の選挙前に小沢氏と会談、挙党体制確立を確認した上で選挙戦に臨みたい考え。菅氏も5日中に表明する可能性がある。
 前原氏の後任選びをめぐっては、鳩山由紀夫幹事長が候補者の一本化を模索。また、小沢氏も話し合いによる調整に期待感を示していた。しかし、一本化の動きに対しては党内から「密室談合」の批判が出たため、小沢氏としても投票による決着を受け入れたとみられる。同時に「党内には小沢氏への支持が広がっており、選挙になっても優位に戦える」(同氏周辺)との判断もあるようだ。
 鳩山氏も4日夜、自ら開いた「観桜会」に菅、小沢両氏をはじめ党所属国会議員を招き、「基本的には選挙で雌雄を決してもらいたい」と発言。今後の一本化調整の可能性を退けた。
 

 余りjにも内輪の論理でしか物事を考えていないようなので、雪斎も民主党の前途には「さじを投げる」しかないと思うようになってきた。こういうものは、替え歌のネタにして笑うしかあるまい。こういう方向ばかりに走って、どうするのであろうか。

 ♪  The Democrat Express 2006 ♪

 さあ見るんだ その顔を上げて
 メール騒ぎの 後の祭りを
 政権の夢は 置いて行くがいい
 自ら潰した ドラマのために
 「一区現象」はもう 思い出だけど
 君を呆れて 見つめてる

The Democrat Express twenty-o-six
 Will take you on a journey
 A coming-to-end journey
 A journey to the disappointment

 そうか 君は気づいていないのか
 代表選挙で 何が問われるかを
 民主党を見つめる 瞳には
 いつしか冷めた 民草の光
 小沢と管と どちらが来ても
 終わりへの流れは 変わらない

The Democrat Express twenty-o-six
 Will take you on a journey
 A coming-to-end journey
 A journey to the disappointment

The Democrat Express twenty-o-six
 Will take you on a journey
 A coming-to-end journey
 A journey to the disappointment

   repeat and fade out

  元歌『銀河鉄道999』
  (作詞/奈良橋陽子・山川啓介 作曲/タケカワユキヒデ)

|

« 会津士魂 | Main | 折々の言の葉 3 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

まあトップがトップでありますから
高偏差値大学を出て、官僚なり組織を適当に経験し
「松下塾」あたりでちょいと箔つけて民主から上手く当選できれば
おままごとの様な権力闘争でも「俺は一人前の政治家だ」と
根拠なき自信あふれる「政権準備政党所属政治家」が
立派に育つのではないかと…

洋館を背に、春爛漫の桜のもと、グラス片手に呂律の回らない
口元から、明日の政治、明日の日本への抱負を聞かさせた一国民としては、悪酔いしたような気分でありました。

Posted by: るびい | April 05, 2006 at 01:00 PM

もう民主党はあきらめた方が良いと思います。
このまま小沢氏や菅氏が代表になっても、すぐに左右に分裂し、左は社民党、右は自民党とくっつき、どちらも嫌だという少数の議員がミニ政党を作って、その政党もやがて消えていく…という末路を迎えるのは目に見えてるでしょう。
そろそろ「改革」という言葉に振り回される時代も終わるのかな、という気がしています。次の時代は空虚な言葉ではなく、実質のある政策に基づいた政治をやって欲しいですね。

Posted by: Baatarism | April 05, 2006 at 02:40 PM

菅直人の「菅」の字が一貫して間違っていますが、直された方がよいのではないですか?(このコメントは消してください。メールを送る先がわからなかったのでコメントにしただけですので。)

Posted by: 彰 | April 06, 2006 at 10:03 AM

るびい殿
あの音羽御殿での演出は随分と「時流が読めていない」ものだと思いました。
baatarism殿
今の民主党は、小泉以前の自民党と大差ないような気がします。
彰殿
をを、ありがととうございます。
どうやら視力が落ちていたりして…。

Posted by: 雪斎 | April 07, 2006 at 07:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/9437582

Listed below are links to weblogs that reference The Democrat Express 2006:

» 勘違いの民主党代表選挙 [珈琲ブレイク]
民主党では、偽メール事件で引責辞任した前原前代表の後任を選出するために、明後日、代表選挙が行われ、それに小沢氏と菅氏が立候補するという。 このような民主党の現状に対して、心底から失望しているのは、私だけだろうか。 現在の民主党にとって、最大の目標は政権奪取のはずである。代表選挙だけでなく、日常活動のすべてが、それに向かって最大限の努力の積み重ねでなければならない。ところが今の民主党には、そういう方向とまったくちがう行動ばかりが見られる。 政権奪取のためには、国民が民主党に何を求めて... [Read More]

Tracked on April 05, 2006 at 07:45 PM

« 会津士魂 | Main | 折々の言の葉 3 »