« 「色」が変わった永田町の風景 | Main | 政党クローザー »

March 31, 2006

「ポスト小泉」への助走

■ 「永田町」は、早くも「ポスト小泉」モードである。「毎日」が報じている。
 「小泉政権最後の予算となる06年度予算(一般会計総額79兆6860億円)が27日、参院本会議で可決、成立した。これを受け自民党内では、小泉純一郎首相の後継を決める9月総裁選に向けた動きが本格化する。安倍晋三官房長官、福田康夫元官房長官の有力2氏を擁する森派が候補を一本化できるかが、最大の焦点となる。一方、麻生太郎外相や谷垣禎一財務相も政権構想の取りまとめを急ぐなど、出馬を念頭に準備を進める」。
 雪斎も「ポスト小泉」の動きには、関わりを持ち始めている。具体的には何をしているかは、明かすことは出来ない。体重は減るわ抜け毛は増えるわで中々、身体的には余り有り難くない状態になってはいるけれども、国の行く末に少しでも関わることであるから、致し方がない。十年前、三十歳過ぎの頃に比べれば、今のほうがサーヴィス(任務)の質が重い。此度のサーヴィスが終わって、「永田町」から足を洗うことが出来たら、その前に嫁さんをもらって、その嫁さんを連れて一ヵ月ぐらいは温泉地で「命の洗濯」の日々を過ごすしかあるまい。確かに、雪斎の「永田町」復帰は「正気の沙汰」ではなかったなと思う。
 昨日、日経平均株価は五年七ヵ月ぶりに17000円台回復を果たしている。景気回復が小泉総理の執政の直接の成果なのかは、色々と議論があるかもしれないけれども、少なくとも「小泉の時代に景気が回復した」というのは、厳然とした事実であろうし、後世の小泉内閣へ評価は、この事実を踏まえたものになるであろう。「民のかまどは賑わひにけり」と詠んだ仁徳天皇の故事に従えば、「かまどの賑わひ」の傾向が明らかになっているのは、誠に慶賀すべきことである。雪斎保有の大手鉄鋼株も、このところ連日、高値を付けている。高配当・割安銘柄なので、身体的に疲労が抜けない時期だけに、精神衛生面では、かなりうれしい。
 それにしても、「ポスト小泉」で盛り上がれば盛り上がるほど、民主党は日本政治における「刺身のツマ」でしかなくなる。「ポスト前原」で名前が出てくるのが、小沢一郎氏とか管直人氏のような「昔の名前」というのは、何とかならぬかという気がする。自ら火中の拾った感のある渡部恒三氏を別とすれば、「小姑」然としている人々が多いのは、何故であろうか。雪斎は、「ポスト前原」の民主党は「ない」のではないかと思っている。やはり民主党の建て直しは、前原氏に期待するしかないのではなかろうか。
 下掲は、『世界日報』という新聞に寄せた原稿である。かんべえ殿の「ネオ」、「クラシック」の議論を使わせてもらった。

 □ ネオ民主党に対する期待
 吉崎達彦氏(双日総合研究所副所長)が自民党内の勢力を色分けする意味合いで示した「自民党クラシック」と「ネオ自民党」という構図は、誠に興味深い。吉崎氏によれば、「ネオ自民党」とは、小泉純一郎総理の執政の下、従来の人間関係の惰性を断ち切りながら「構造改革」を推し進めた層を指すのに対して、「自民党クラシック」とは、日本社会の伝統的な「和」の価値観を大事にしながら、そうした「ネオ自民党」主導の「構造改革」に懐疑の眼差しを向け続けた層のことである。それは、一九七〇年代後半以降の英国でマーガレット・サッチャー主導の「新自由主義」改革が断行された折の英国保守党内の風景とは、だいぶ似通っているところがある。当時、「白か黒か」の二者択一を迫るかのようなサッチャーの非妥協的な政治手法には、エドワード・ヒースやフランシス・ピムのような保守党内穏健派からは、「非英国的」(un-British)という批判が向けられたけれども、サッチャーは、そうした「温情派」(wets)を自らの「自由主義」改革を妨害する層として攻撃しつつ、自らの「改革」を断行し、一時は「英国病」と呼ばれた経済停滞からの脱却を図った、
 自民党に対峙する野党第一党としての民主党にも、「ネオ」と「クラシック」がある。「民主党クラシック」とは、民主党内において久しく影響力を持っていた自民党離党組、社会、民社両党出身の政治家のことである。民主党は、たとえば安全保障政策などの領域では依然としてまとまったものを打ち出せていないけれども、そうしたことを象徴しているのが、反・自由民主党という一点だけで同じ政党に寄り集まっている「民主党クラシック」の姿である。小沢一郎氏や横路孝弘氏は「民主党クラシック」の代表的な肖像である。これに対して、「ネオ民主党」とは、早くとも「五五年体制」崩壊前後に政界に進出してきた政治家が中心となる。こうした政治家は、「五五年体制」下の政治運営に批判的な層の期待を集めていたのである。
 昨年の「九・一一」総選挙における民主党の敗北を機に党代表の座が岡田克也氏から前原誠司氏に移ったことは、民主党内における「ネオ」の主導権掌握を意味していた。民主党が結党以来の数度の国政選挙で着実に党勢を拡大し得たのは、「自民党クラシック」が依然として影響力を保っている状態の下では、「ネオ」の要素を相対的に鮮やかに打ち出せた民主党が、特に都市居住層に訴え掛けるものを多く持っていたからである。従って、小泉純一郎総理が自民党内で「ネオ」として「クラシック」の排除に乗り出した過程は、民主党こそが先んじて踏襲すべきものであった。「九・一一」総選挙以後に「ネオ民主党」が表舞台に立ったのは、小泉総理以下の「ネオ自民党」の席巻という客観的な事実を前にすれば、自然な成り行きで合ったといえるであろう。
 三月上旬の政界を賑わせた「永田町ジャンク・メール」騒動の一件は、前原代表に象徴「ネオ民主党」の勢力を明らかに後退させるものであろう。実際、この騒動の結果、「自民党クラシック」の薫りをも漂わせる渡部恒三氏が野田佳彦氏に代わって国対委員長の任に就いたことは、「ネオ民主党」における足元の覚束なさを暗示するものであろう。けれども、渡部氏や横路孝弘氏に象徴される「民主党クラシック」の影響力が残っている限りは、民主党の政権掌握への道は甚だ険しいものであるといわざるを得ない。
 民主党は、「ネオ」に主導権を委ねた初心に立ち返るべきであろう。筆者は、前原代表が就任以降に打ち出した「対案路線」の貫徹を期待する。「対案路線」には、「成果が政府・与党に横取りされる」という批判が民主党内外から上がっていたようであるけれども、こ。うした批判は、「対案路線」の意義を正しく認識していないという意味において、明らかな視野狭窄を曝け出している。「対案路線」の真の意義は、民主党それ自体の「政権担当能力」を証明し、それを世に知らしめることである。「対案路線」の歳月の後で、幾多の国民が民主党の「政権担当能力」に疑念を抱かなくなるようになれば、自民党主導政権の失政の場合には、国民は然程の抵抗もなく民主党に政権を委ねるであろう。民主党は、野党が「女王陛下の反対党」と呼ばれる英国政治に倣えば、「天皇陛下の反対党」である。無意味な「党争」に首を突っ込むことは、現下の民主党には期待されていないのである。
 『世界日報』(2006年3月29日付)掲載

|

« 「色」が変わった永田町の風景 | Main | 政党クローザー »

「永田町の話」カテゴリの記事

Comments

「ポスト小泉」争いへの温度差を実感してしまいました。明確に支持候補を打ち出しているイチタ先生もそうですけど、実際に戦いに参加している雪斎先生と、私のような模様眺めを決め込むある種の「公家衆」との違いを・・・(笑)

個人的にいい人だなあ、好きだなあ、おもしろいなあと思う先生はたくさんいますし、ポスト小泉候補で名前があがっている人も好きな先生方ですが、最終的には「誰がどの候補の推薦人になるか」ということが最大の関心事です。派閥はなくなったとはいえ、早く活気のある権力闘争をみていたいものでごじゃると思っております。

ともあれくれぐれもお体大切にされてくださいね!


Posted by: さくら | March 31, 2006 at 11:00 AM

 前原さん、辞めちゃうみたいですね。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060331it04.htm?from=top

 どうせ辞めるならメールを「偽物」と認めた時点で辞めればいいものを・・・。最後の最後まで危機管理意識の無さが露呈されましたね。野党というのはそんなに緊張感の無い立場なのでしょうか。

 「ポスト小泉」に関しては、雪斎さんは若干心苦しい立場にいるのかなと感じるのですがどうなんでしょう?。思想的には向こう側だけど立場的にはこちら側にいなくちゃならないという。

Posted by: ささらい | March 31, 2006 at 01:01 PM

あっ、デザイン変わった!
>体重は減るわ抜け毛は増えるわで
体重はともかく、毛は大変です。ご自愛ください。

前原さん、辞任の方向、だそうです。白状すると、多少は彼に期待してたので残念です。思えば、ポスト岡田を拙速に決めすぎたように思います。基盤の脆弱な人・実力の無い人が押し出されるように代表になってしまった。

さくらさん>
>早く活気のある権力闘争をみていたいものでごじゃると思っております。
(健全な)権力闘争は民主党にも必要でおじゃりまする。民主党の最大の問題点は、みんなバトルしてない事(水面下では知りませんけど)。小泉自民党との彼我の差は大きいですね。

Posted by: やすゆき | March 31, 2006 at 01:19 PM

小泉首相が景気回復に成功したのは、「君子豹変す」だったからではないかと思います。就任当初は問題にもしてなかったデフレ脱却を、今となっては有終の美を飾るための課題と位置づけているんですから。
自民党にはポスト小泉にもこういう人を選んで欲しいですね。自分の思想信条にこだわって自縄自縛になってしまう人には、総理にはなって欲しくないです。そういう人は「小人は面を革む」になってしまうでしょうから。

民主党は前原氏を代表としても、結局のところ「君子豹変す」ではなく「小人は面を革む」だったのだと思います。前原氏自身も豹変できる人ではなかったのでしょう。

Posted by: Baatarism | March 31, 2006 at 03:56 PM

>景気回復が小泉総理の執政の直接の成果なのかは、色々と議論があるかもしれないけれども、少なくとも「小泉の時代に景気が回復した」というのは、厳然とした事実であろうし、後世の小泉内閣へ評価は、この事実を踏まえたものになるであろう。

この事実が重いんですよねー。「景気」というものは、時の政権の評価に大変大きな影響を与えてしまいます。だからこそアメリカなんかでは、大統領選挙の時に必死になって景気を持ち上げようとするんでしょうね。

>雪斎も「ポスト小泉」の動きには、関わりを持ち始めている。具体的には何をしているかは、明かすことは出来ない。

大変だな、と思う一方で、一般人には知りえない情報も得られるでしょうからうらやましいとも思ったりしております(苦笑)。この経緯は、何十年後かに公開していただけるんでしょうか?「雪斎先生回想録」読んでみたいです。

Posted by: 藤田 | April 01, 2006 at 12:51 AM

民主党が瓦解を始めましたね。
とりあえず、自民、民主共に選挙を避けたい理由ができたので
一部でささやかれていた衆参同時選挙はないでしょう。
この機会に民主党右派の取り込みを、という声が自民支持者から出ているようですが、組織が一定の大きさを超えると複雑化して安定するか遠心力が強まるかのどちらかでして、私は自民党の非主流派と民主党右派が合体したネオ民主党の創設を期待します。
あと、総裁選ですが、個人的にはおたく代表の麻生氏をひとつ・・・

Posted by: TOR | April 01, 2006 at 02:12 AM

とりあえず外交ではなく内政が今度の総裁選の
争点になって欲しいと願うものの一人であります。
日米関係機軸と、日本国民の対特定アジア諸国
への感情の悪化は動かしようがないわけですから。

>「雪斎先生回想録」

おそらく豪華本が出ることと思いますので、喜んで
購入予約させていただきます(笑

Posted by: おおみや%相変わらずバイト君 | April 01, 2006 at 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/9349394

Listed below are links to weblogs that reference 「ポスト小泉」への助走:

» 民主党再建できるか [橘 江里夫のブログ]
偽メール問題の処理をめぐって、混乱を続けてきた民主党は、その責任をとって執行部が総退陣することになりました。 そして、それを受けた形で、この事件の張本人である永田寿康議員は、議員辞職願いを衆議院議長に...... [Read More]

Tracked on April 01, 2006 at 10:21 AM

« 「色」が変わった永田町の風景 | Main | 政党クローザー »