« Durch Leiden Freude | Main | 鉄は熱いうちに打て »

February 26, 2006

クリント・イーストウッド

■ トリノ・オリンピック最終盤であるけれども、オリンピックと政治の関わりを考える上で、興味深いニュースがある。「産経」記事である。
 □ 中国「イーストウッド監督で南京事件映画」 代理人「全くのウソ」
 【ワシントン=古森義久】日本軍の南京攻略を題材とする映画が米国のハリウッドで著名な俳優のクリント・イーストウッド氏の監督で制作されるという情報が中国の新聞などで流されていたが、イーストウッド氏のエージェント(代理人)は二十四日、「全く事実に反する」と述べ、同監督の関与を完全に否定した。
 一九三七年の「南京事件を主題とするハリウッド映画」という話は一月十八日付の上海の新聞「文匯報」などによって伝えられた。同紙は、この映画が江蘇省文化産業グループなどの制作協力を受けてイーストウッド氏が監督、同氏と映画「マディソン郡の橋」で共演した人気女優メリル・ストリープさんが出演し、ハリウッド映画として作られ、二〇〇七年十二月の南京事件七十周年を記念して全世界で同時公開される予定となったとの記事を掲載していた。
 「南京・クリスマス・1937」と題され、南京に当時いた米国人宣教師の目を通して日本軍の中国人大量殺害を描く内容になる見通しだったという。
 しかし、イーストウッド氏の代理人を務めるウィリアム・モリス・エージェンシー社(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)のレオナード・ハーシャン氏は二十四日、産経新聞の電話インタビューに応じ、「南京事件に関する映画にイーストウッドが出演するとか監督をするという話はまったく事実に反する」と述べた。さらに同氏は「イーストウッドがこの話にはまったくかかわっていないことを日本や中国の人たちに幅広く伝えてほしい」と強調するとともに、「私自身は数カ月前にこの話を中国の新聞で読んだという中国人から聞いたが、だれかが広め始めたデマだといえる」と説明した。
 さらに関係者によると、イーストウッド氏は現在、太平洋戦争の硫黄島の戦闘を題材とした映画を日米両国の視点から制作しようとしているため、ここ一、二年のスケジュールは詰まっており、女優のストリープさんも多くの企画を抱えて南京事件の映画に出演する余裕はないはずだという。
 ハーシャン氏ら当事者のこうした否定表明から判断すると、「クリント・イーストウッド氏が南京虐殺の映画を監督する」という話はそもそも根拠がなく、中国側の政治プロパガンダ、あるいは政治謀略的なディスインフォメーション(故意の虚報)として広められた可能性も高くなってきた。


 クリント・イーストウッドの「硫黄島」映画がどのようなものになるのかは知らないけれども、「日米両国の視点から製作」という文脈からすれば、当然のことながら、西竹一男爵のことは描かれるのだろうなと思う。西竹一男爵は、1932年ロサンジェルス・オリンピックの馬術競技に出場し、ゴールド・メダルを取った人物である。その後、硫黄守備隊戦車連隊長として戦死する。西男爵戦死の前には、米軍が「バロン・ニシ、出てきてください」と投降を呼びかけたというエピソードがあり、JOCのウェブ・サイトにも、そのことが紹介されている。もっとも、このエピソードには、「後世の創作」説もあるけれども、このエピソードを盛り込まずして、クリント・イーストウッドは、どのような「硫黄島」映画を作ろうというのであろうか。因みに、戦後、海上自衛隊創設に携わった内田一臣海将は、米国への反感を抱きながらワシントンを訪れた折に、「硫黄島メモリアル」を前にして、「そうか、お前たちも苦しかったのか…」と落涙し、それまでの反米感情を氷解させたのだそうである。「硫黄島」は、戦前の日米関係の「墓標」であるのと同時に、戦後の日米同盟の「起点」でもある。クリント・イーストウッドの「硫黄島」映画が、そうしたことを浮かび上がらせてくれるものになればいいのだがと思う。
 ところで、西男爵戦死の折の年齢が42歳だから、西男爵は誰が演じるのであろうか。日本のテレビ・ドラマでは、過去に鶴田浩二さんや松本幸四郎さんが演じていたようである。「華族」にして「武人」というキャラクターは、今は誰がいるであろうか。多分、中井貴一、佐藤浩市、加藤雅也あたりの俳優になるのであろうか。
 この点で考えると、「硫黄島」と「南京事件」を同じ人物が制作するというの話には、雪斎は、かなり違和感を感じていた。クリント・イーストウッドが、日本軍将兵に対する印象が逆であろうと思われる映画を制作するのは、どのように考えても奇異である。もっとも、クリント・イーストウッドが「硫黄島」映画で日本軍将兵を醜悪に描こうというのであれば話は別であるけれども、「硫黄島」映画製作に際して、栗林忠道中将遺族とも面会し、小泉純一郎総理とも面談した彼が、そのような描き方をするはずはないと思っていた。「産経」記事は、その意味では正しいのであろう。
 しかし、それにしても、こういうクリント・イーストウッドが否定すれば即座に露見するような「嘘」を何故、中国メディアは流したのであろうか。「産経」記事は、「政治プロパガンダ」、「ディスインフォメーション」と書いているけれども、その割には、随分と粗雑だなと思う。それとも、クリント・イーストウッドの「硫黄島」映画制作を妨害しようとしたのであろうか。しかし、そのような表現の自由に容喙するような対応は、米国の最も嫌うことではないのか。中国のやることも、段々、「永田メール」並になってきたのであろうか。

|

« Durch Leiden Freude | Main | 鉄は熱いうちに打て »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

日本市場はハリウッドのお得意様。戦争を描くときも、ついついドイツには厳しく、日本には甘くなるのは、『太陽の帝国』などの諸作品が立証済みです。

↓これ、面白いです。

http://blog.ameba.jp/user_images/83/0b/10004891701.jpg


Posted by: かんべえ | February 26, 2006 at 03:41 PM

こういう「嘘」を、何故「読売」は裏付けも取らずに上海発(1月18日)の記事で流したのでしょうか。

Posted by: 炎暑雪国人 | February 26, 2006 at 07:49 PM

恥ずかしながら、元ネタを知らなかったので「何をしたかったんだろう」と首をひねりました。・・・。正直わかりません。日本のメディアの「忠誠度」と取材能力を試そうとしたのでしょうか。バカバカしいけれども、一つ一つ丁寧に対応してゆくしかなさそうです。

Posted by: Hache | February 26, 2006 at 10:47 PM

そもそもハリウッドは民主党シンパで親中反日な俳優はいくらでもいるのに
なぜ中共はよりによって共和党支持者として有名なイーストウッドを持ってきたのか?
イーストウッド、シュワルツェネッガー、トム・クルーズ以外の人選ならもっと信憑性が得られただろうに。

Posted by: 3gou | February 27, 2006 at 02:27 AM

実に馬鹿馬鹿しい話ですが、放置しておくと
彼等の都合のいいように事態が動く可能性が
あり、決して放置はできず断固対抗すべき
ですな。
その点、外務省がシナの代弁をしたNYTにき
ちんと反論したのは、よい仕事でした。

Posted by: おおみや%バイト君 | February 27, 2006 at 03:36 AM

「大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば。」
これに、忠実なだけとかいう可能性は無いでしょうか。

「いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、その知的水準は宣伝の対象相手となる大衆のうちの最低レベルの人々が理解できるように調整されねばならない。それだけでなく、獲得すべき大衆の数が多くなるにつれ、宣伝の純粋の知的程度はますます低く抑えねばならない。

大衆の受容能力はきわめて狭量であり、理解力は小さい代わりに忘却力は大きい。この事実からすれば、全ての効果的な宣伝は、要点をできるだけしぼり、それをスローガンのように継続しなければならない。この原則を犠牲にして、様々なことを取り入れようとするなら、宣伝の効果はたちまち消え失せる。というのは、大衆に提供された素材を消化することも記憶することもできないからである。

大衆の圧倒的多数は、冷静な熟慮でなく、むしろ感情的な感覚で考えや行動を決めるという、女性的な素質と態度の持ち主である。だが、この感情は複雑なものではなく、非常に単純で閉鎖的なものなのだ。そこには、物事の差異を識別するのではなく、肯定か否定か、愛か憎しみか、正義か悪か、真実か嘘かだけが存在するのであり、半分は正しく、半分は違うなどということは決してあり得ないのである。」
by アドルフ・ヒトラー

Posted by: MUTI | February 27, 2006 at 06:54 PM

 60年以上前の話を蒸し返して日本は道徳的に劣る国、とするのはもはや無理があるのではないでしょうか?。歴史問題に拘る事は中国の国益にはならない、という事を日本側がはっきり示してあげれば良いと思います。
 ただ歴史問題や言論統制など、日本側から見れば「無駄な事」にお金や人員、労力を中国につぎ込ませるのも戦術としてはありなのかな、とも思うんですが。

Posted by: ささらい | February 27, 2006 at 11:33 PM

真相はこんなところだったようです。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/china/1136715689/211

Posted by: WBM | February 28, 2006 at 02:44 AM

作られるかもしれない、どうしよ、ばかりではなく、日本でも作ったらどうでしょ。

文化大革命から命からがら逃げることができた中国人家族と、太平楽なところで文化大革命に心酔したり地上の楽園を賞賛している日本人のギャップの日々を描くホームドラマとか。
で、嬉々として吊るし上げをしている浅ましい姿で共産党青年部の若き**とか出演させるとか。

Posted by: KU | February 28, 2006 at 07:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/8837876

Listed below are links to weblogs that reference クリント・イーストウッド:

» クリント・イースドウッド監督「硫黄島からの手紙」に渡辺謙が主演 [シネマつれづれ日記]
かねてから噂されていたクリント・イーストウッドが監督するといわれていた硫黄島の日米の攻防戦の映画は、どうやらアメリカ側から見た「父親たちの星条旗」と日本側から見た「硫黄島からの手紙」の二部作品になるらしい。 そして、その日本側から見た「硫黄島からの手紙」に渡辺謙が主演する事が決定した。他に二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童が出演し、13日から撮影開始。全編日本語だそうだ。 渡辺が演じるのは、米軍による硫黄島総攻撃に対し、日本軍を率いて立ち向かった栗林中将。 ... [Read More]

Tracked on March 10, 2006 at 10:04 PM

« Durch Leiden Freude | Main | 鉄は熱いうちに打て »