« 頑張れ、ネオ民主党 | Main | クリント・イーストウッド »

February 25, 2006

Durch Leiden Freude

■ 昨日早朝、女子フィギュア・スケートの競技は総て観た。だから、サーシャ・コーエンやイリーナ・スルツカヤの転倒の光景を信じられない気持ちで観た。そして荒川静香さんを迎えたスタンディング・オベイションには、少し驚いた。結果は、日本人どころか東洋人としても最初のゴールド・メダルであった。フィギュア・スケートのような採点競技では、審判の主観が混じるであろうから、東洋系の選手が「頂点」に立つことはないだろうとおもっていたけれども、その点では、この結果は「日露戦争」並かもしれない。
 荒川さんの「功名が辻」は、「トゥーランドット」の選択かなと思う。イタリアの地で行われたオリンピックで、「イタリアの誇り」の作曲家であるプッチーニの作品を使い、「トゥーランドット」という作品に埋め込まれた「東洋への憧れ」の感情を刺激する形で、東洋人女性である荒川さんが氷上を舞ったのである。荒川さんは、イタリア人の観客が観たい演技を見せることには完璧に成功したのではないか。
 それにしても、この数年の荒川さんの浮き沈みが伝えられると、彼女に相応しいのは、「悩みを突き抜けて歓喜に至れ」の言葉であろうと思う。彼女もまだ24歳である。よい人生を送ってもらいたいものであると思う。

■ 「…みたいな」殿がご自分のブログを開設された。この方の「替え歌」の才能は天才的だと思う。早速、荒川静香さんを題材にした「チャンピオン」である。素晴しい。感動した。全文転載させて頂く。

♪チャンピオン♪

つかみかけた金メダルを ただ狙って君は出てゆく
わずかな得点差 SPトップの コーエンの転倒を見た
リンクに向かう長い廊下で 何故だか急に君は立ち止まり
ふりむきざまに白い前歯を見せて 誇らしげに笑った

やがてリンクと拍手の渦が ひとりの女をのみこんでいった
(You're Queen of Queens.)
舞い上がれ もう一度その足で 舞い上がれ 技術の限り尽くせ

君はついに滑り出した 曲を替えてトゥーランドットに
拘り続けた イナバウアーに続き 連続ジャンプが決まった
天使のように挑戦者は 舞い続ける青い衣装で
やがて君は静かに演技を終えた 万雷の拍手の中で

わずかばかりの望みの中で 君は何を考えたのか
泣かないで ご両親感無量 おおトリノ 静香を称えたまえ

ロッカールームの歓喜の中で 美姫と抱き合い そっとつぶやいた
帰れるんだ これでメダルを持って 帰れるんだ日本に 帰れるんだ
オー
ライラライラライ ラライラライ ライラライラライ ラライラライ
ライラライラライ ラライラライララ

|

« 頑張れ、ネオ民主党 | Main | クリント・イーストウッド »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。昨日の今頃は、祝杯を挙げておりました(笑)。

荒川さんは、前半のジャンプで3×3を3×2に変更してリスク削減と体力温存を狙うといった冷静な計算と、「無欲で楽しく滑ろう」と勝負に拘らなかったことが勝因ではないかと思いました。

点数の高い演技を取り入れる一方で、「イナ・バウアー」という点数にならない演技にもこだわりを見せる、この辺でもバランスを取っているな~と思いました。

「大国ロシアに健気に立ち向かうアジアの新興国」というイメージを列強に与えながら、一方で冷徹な計算を下に様々な工作を仕掛けていた日露戦争時の日本に似ているかもしれませんね。

>帰れるんだ これでメダルを持って 帰れるんだ日本に 帰れるんだ

替え歌は力作でしたね。特にこの部分はグッと来ました。「凱旋」は28日だそうです。

Posted by: 藤田 | February 25, 2006 at 07:45 AM

はじめまして。おのりと申します。
毎日拝見させていだたいていますが初めて書き込みます。

トゥーランドットについて、まったく同感です。あらすじを知れば知るほど彼女にぴったりの曲だと思いましたが、それを知らない人間でもあの演技には魅了されるでしょう。会場でスタンディング・オベーションしたのはアメリカ人なんかもいたでしょうし。


同じプッチーニの曲でも、安藤美姫に「蝶々婦人」は役者不足でしたね。むしろ村主章枝なら演じ切れたような気がします。

Posted by: おのり | February 25, 2006 at 02:43 PM

実は密かに期待したことがあります。
荒川選手が金メダルを取った後のエキシビジョンのプログラムです。
荒川選手の名前が「静香」なのとクールビューティなイメージと合わせて、静御前の衣装でエキシビションを演じてくれないかなあ、というものです。
うーん、観たかったなあ。
皆さんは、どう思われますか。海外に日本の歴史を紹介するにはいい機会だと思うのです。
できれば、静御前を「貞女」のイメージではなく、時の権力者に啖呵を切った「姐サン」風に解説してくれると最高なのですが。

Posted by: hatch | March 02, 2006 at 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/8823956

Listed below are links to weblogs that reference Durch Leiden Freude:

» 荒川金メダルおめでとう [Star Prince JUGEM]
やはりフィギャアで日本のメダルが出ました。しかも金。演技の後観客の拍手が大きく相当有力と感じられましたが スルツカヤが銅とは 金メダル 最有力候補だが毎回届かない、2回転倒のコーエンの後塵を拝しましたか  陸上でも銀コレクターとか銅コレクターといわれた女性選手がいましたが 運は確かに存在し運命の女神は荒川に微笑みました。ニュースでハイライトと明日のエキビジョンに備えて練習する様子や荒川選手の出身地の仙台東北高校での盛り上がりが放映されていました。名誉県民賞もでるとか。早稲田大学からも当然お祝いが盛... [Read More]

Tracked on February 25, 2006 at 09:49 AM

« 頑張れ、ネオ民主党 | Main | クリント・イーストウッド »