« 恒産なければ… | Main | 在日米軍再編の「陥穽」 »

November 05, 2005

人生はギャンブルなのさ…

■ 昨日夕刻以降、都内で「さくらの会 2nd」に加わる、集まったのは、かんべえ殿ぐっちー殿さくら殿やじゅん殿副会長殿、とある雑誌編集者O氏、そして雪斎であった。もともと、「阪神タイガース日本一祝賀会」であったはずであるけれども、諸般の事情により趣旨が変更され、何時も通りの大放談会と相成る。

 大いに盛り上がったのは、ぐっちー殿から紹介されたロバート・マンデル博士滞日譚である。ぐっちー殿によれば、マンデル博士は、来日中、かのディープインパクトが勝った「菊花賞」を三連単で三点を買い見事に的中させたのだそうである。一点あたりに張った額は、なんと○○万円。後で確認したら、「菊花賞」配当は三連単で7400円であったから、マンデル博士が手にしたのは…。言葉にならない…。
 実は、雪斎は、ギャンブルの類をやったことがない。十年前に一度だけ馬券で1000円分張ったことがあるだけである。そういう雪斎にも、マンデル博士の「経済学」と「競馬」の話は、わくわくさせるものであった。「年末の有馬記念で張ってやるぜ…」という気にはなってきた。遂に雪斎も「悪」の道に入るのか…と、かまととぶってみるのも、いとをかし。
 振り返れば、四十半ばになった二コロ・マキアヴェッリが「公職」復帰を願って執筆したのが、『君主論』であった。そして、『君主論』を執筆していた時期のマキアヴェッリは、昼間は居酒屋で「賭博」に興じていたのである。以前、ビートたけしさんと塩野七生さんが共演したテレビ番組の中で、たけしさんがマキアヴェッリを演じている場面があった。「下手な博打と女好き」。それが、たけしさんが演じたマキアヴェッリの素顔である。どことなく雪斎も似ているなと苦笑したものである。
 もっとも、「公職」復帰を実現できなかったマキアヴェッリとは異なり、雪斎は「公職」復帰を果たした。「女好き」は…、コメントしないでおこう。「下手な博打」といえば、前にも書いたようにギャンブル自体をやったことがないから、「上手か下手か」は判断できない。「有馬記念」で張ってみて素質の如何を試してみたいものだと思っている。
 ただし、雪斎は、「人生は周到に準備されたギャンブルだ」と思っているところがある。高校以降、雪斎が折に触れて選択したのは、「ハイリスク・ハイリターン」路線である。大学進学、大学院進学、就職、言論界進出…。周囲からは「無謀だ…」といわれたことを平気でやってきたのが、昔日の雪斎であったのである。その「無謀の沙汰」をやったリターンは、若干不満が残る点はあるものの、適宜、手にできている。
 だから、昔から雪斎のことを知っている人物は、「悪運だけは強い奴」と評する。雪斎も、その「悪運の強さ」は自覚する。雪斎が小泉純一郎総理の「構造改革」路線を支持しているのは、もしかしたら小泉総理の「豪運」に惹かれている故なのかもしれない。


|

« 恒産なければ… | Main | 在日米軍再編の「陥穽」 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

またこの会合ですか?政経学にマスコミ等の
将来の大物が揃ったこの会合、一体にして
何が話し合われたのやらと思いきや....
本当に将来どうこの会合の意義が変質するの
やら、一日本国民として重大な関心を払わずに
はいられませんな(笑

Posted by: おおみや%バイト君 | November 06, 2005 at 12:13 AM

マンデル先生というと、懐かしい感じです。マンデル=フレミングモデルを勉強したのは15年以上前でしょうか。某『溜池通信』の「不規則発言(11月4日)」は阪神ファンにあるまじき文章だったので抗議をいたしました。ギャンブルに関する読み物でおもしろいのは笑いと涙を誘う負け方だと思います。

マンデル先生の賭け方は確率・統計を理解していれば(経済学そのものはあまり関係ないような)至極まっとうで、すごいところは理論が正しくても10万円単位で賭けるのは勇気がいるところでしょうか。ラスベガスで遊ぶコツは3万円、多くて5万円程度すってもよい金を用意して食事したりしながらまったり遊ぶことだそうです。ギャンブルというと、勝敗にこだわる(勝敗がどうでもよいとは思いませんが)人がまだ多くて消費(遊び)として楽しむ人口がまだ少ないのかなあと思ったりします。

Posted by: Hache | November 06, 2005 at 04:15 AM

先日はどうもありがとうございました。
学界と政界をまたにかけて大忙しのご様子など、色々なお話をお聞かせいただき、大変ためになりました。
ギャンブルも勝てる経済学者、マンデル先生はケインズのようですね。
雪斎さんは博才がありそうです。私は麻雀はやりますが、全然ダメです。ということで(?)、有馬記念ぜひお願いします。

Posted by: やじゅん | November 06, 2005 at 05:07 PM

こんばんは
みなさんお仲間でしたか??
そうとは知らず、勝手にリンクしてました。すみません。将来の日本を支えうる大物達の会合のようで羨ましく思います。私達の子孫のためにも貴重なご意見の発進をお願いします。

Posted by: SAKAKI | November 06, 2005 at 10:05 PM

いつも更新を楽しみにしています。今回、はじめてコメントします。

マキアヴェリが賭博好きとは知りませんでしたが、マンデル博士や雪斎さんといい、日々の生活=ギャンブルの表れでしょうか。常に勝負に挑み、それをある意味で楽しんでいるような。

雪斎さんが、周囲の「無謀だ」の声を気にせず前進されているところが励みになります。私は修士修了後に国際開発業界に進み、そこでの活躍を目指して博士課程にきたものの、最近は日本経済活性化に興味が強くなりました。それで、来年3月の学位取得(予定)を一区切りに、その後はビジネスで勝負したいと考えています。周りからは「(年齢的にも)無謀だ」と言われてまして、確かに就職活動は厳しいですが、雪斎さんを見習って挑戦していくつもりです。

ちょっと固いコメントになってしまいましたね(笑)。これからも楽しみにしています!

Posted by: もっかー | November 07, 2005 at 06:29 PM

雪斉殿
お疲れ様でした。大変楽しく過ごさせて頂きました。雪斎殿は失礼ながらギャンブラーのオーラが出まくってますよ(笑)。恐らくそれで食えちゃうんじゃないかな、って正直思いますけど♪ マンデル先生もそういう雰囲気でしたもん。でも、激しくお忙しいと思いますのであまり、余計な事に気を使わない方が・・・・いいかもしれませんぞ!

Posted by: ぐっちー | November 08, 2005 at 12:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/6914247

Listed below are links to weblogs that reference 人生はギャンブルなのさ…:

« 恒産なければ… | Main | 在日米軍再編の「陥穽」 »