« 除名処分、戦国時代なら「打ち首」 | Main | 安保理常任理事国入りへの「潮目」 »

October 24, 2005

川口順子氏への万歳三唱。

■ 普段、競馬を観ない雪斎でも、昨日の「菊花賞」中継は観た。「ディープ・インパクト」ですか。これは凄いです。

■ 「プロ野球日本シリーズ」、マリーンズがタイガースに大勝である。何という結果だ…。

■ 参院神奈川選挙区補選で勝利を収めたのは、川口順子前外務大臣であった。『読売』配信の記事である。
  □ 自民・川口順子氏が初当選…参院神奈川補選
 参院神奈川選挙区補選は23日投開票され、自民党公認の新人の前外相・川口順子氏(64)(公明推薦)が、民主党公認の新人の米国弁護士・牧山弘恵氏(41)、共産党公認の元参院議員・畑野君枝氏(48)を大差で破り、初当選した。
 自民党が9月の衆院選大勝の勢いを維持し、民主党から議席を奪った。公務員制度改革など構造改革の総仕上げを目指す小泉首相には、一定の追い風となりそうだ。一方、民主党の前原代表は、最初の国政選で敗れ、衆院選惨敗の流れに歯止めをかけられなかった。
 投票率は32・75%で、2004年夏の参院選(54・48%)を大きく下回った。女性による三つどもえの戦いとなったが、明確な争点がなく、有権者の関心は低かった。
 補選は、民主党前議員の斎藤勁(つよし)氏が衆院選に立候補し、失職したことに伴うもの。川口氏の任期は2007年7月までとなる。
 衆院選後初の国政選で、各党とも連日、幹部を選挙区に送り込んだ。
 自民党は川口氏の高い知名度を生かし、選挙戦を優位に進めた。県内選出の小泉首相が2度、遊説に入る一方、地元の衆院議員らの後援会や支持団体を中心にきめ細かい選挙戦を展開した。公明党も組織をフル回転させた。低投票率の中、自公の選挙協力が功を奏し、川口氏が圧勝した。
 民主党は、前原代表が6日の告示後に9回も応援に乗り込み、無党派層などに党再生への支持を訴えた。しかし、衆院選で県内18選挙区で全敗したことに加え、牧山氏の立候補表明の遅れも影響した。衆院選同様、無党派層への浸透も今一つで、今後、選挙戦術の練り直しを改めて迫られそうだ。
 畑野氏は憲法改正反対などを訴えたが、支持に広がりを欠き、返り咲きを果たせなかった。
          ◇
当1,150,868川口 順子 自新 〈公〉
   765,589牧山 弘恵 民新
   375,507畑野 君枝 共元
                (選管確定)

 丁度十年前の今頃、雪斎は、読売新聞から「読売論壇新人賞・最優秀賞を贈る」という内示を得ていた。この受賞は、雪斎にとっては、相当な「サプライズ」であった。「よりによって、俺が一番かよ…」と率直に思った。言論家としての道が一挙に開かれた瞬間であった。「苦難の二十代」が実質的に終わった瞬間であった。
 その折、審査委員の一人であったのが、川口氏であった。他の審査委員は、北岡伸一、中谷巌、松本健一、故・飯沼健真の各氏であった。だから、川口氏は、雪斎を世に送り出してくれた人物の一人であるといえる。雪斎にとっては、足を向けて寝られない人々が、かなり多いけれども、川口氏も、そうした一人なのである。
 それにしても、「新人の川口氏」というのは、随分、違和感のある言葉だなと思う。日本人女性の中では、川口氏は、明らかに「位階人臣」を極めた存在である。そういう人物に「新人」とは…。別の言い方がないものかと思う。
 落ち着いたら、ご挨拶に参上せねば…。

|

« 除名処分、戦国時代なら「打ち首」 | Main | 安保理常任理事国入りへの「潮目」 »

「永田町の話」カテゴリの記事

Comments

川口順子さんが雪斎さんの恩人であることは理解しました。
小生は順子女史が通産省の経済協力部長のころから存じ上げていますが、正直、能吏ではあるが政治家となるための資質には疑問を抱いていました。田中真紀子が余りにひどすぎたため、順子タンの外務大臣としての無能力ぶりは目立たなかったのですが、実際のところ、二人の女性外務大臣の頃のわが国の外交は惨憺たるものでした。
このたび参議院議員になりおおせて、いったい何を実行するつもりなのでしょう?

Posted by: 印尼爺 | October 24, 2005 at 02:00 PM

・印尼爺殿
コメントを多謝に存じます。
政治家の評価ぐらい、難しいものもないですな。
政治家系としての愛知家初代、揆一氏も「能吏」型だったそうですし…。

Posted by: 雪斎 | October 26, 2005 at 05:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/6541207

Listed below are links to weblogs that reference 川口順子氏への万歳三唱。:

« 除名処分、戦国時代なら「打ち首」 | Main | 安保理常任理事国入りへの「潮目」 »