« Where have you gone, Joe DiMaggio, | Main | 「思想」のための「政治」ではない。 »

October 05, 2005

そろそろ、エンジンを…

■ 昨日昼、自民党・二階グループの政策研究会に愛知代議士の代理で出席する。厚生労働省関係の案件で、
担当官僚のブリーフィングを聞く。こういう場に居合わせると、「永田町に戻った…」と実感する。ここで各議員の感想である。

 海部俊樹 元総理
/ やはり只者ではない。一国の宰相だった人物は…。
 藤野真紀子 議員
/ 料理研究家として有名な「カリスマ主婦」の方である。メディアの世界を通じて観た印象とは違い、穏やかな方であった。
 井脇ノブ子  議員
/ 眼の前に登場した有名なピンクのスーツの印象は、強烈なものがあった。率直に元気な方である。
 伊藤忠彦 議員
/ 個人的には、伊藤議員に会えたのが、最も嬉しかった。伊藤議員は、此度の総選挙で初当選を果たした。十年前、伊藤議員は、武村正義官房長官の秘書であった。当時、日本経済新聞記者だった近藤洋介氏〈現在、民主党衆議院議員〉、愛知代議士の女婿O氏(現在、米国ニューヨーク州弁護士)、伊藤議員、そして雪斎の四人で、政策勉強会を開催していた。その後、近藤氏が政治家転身のために山形に戻り、O氏は渡米し、伊藤氏は愛知県議となり、雪斎はアカデミズムの世界に移った。そして、十年経ったら、近藤氏と伊藤氏と雪斎は、また同じ場所にいた。O氏が一時帰京したときには、面白い話ができそうだなと思う。
 そういえば、伊藤氏も近藤氏も、そしてO氏も、「御曹司」という雰囲気の人物である。伊藤氏は、大手都銀創業者一族であったし、O氏も曽祖父が、とある小説の主人公になった内閣総理大臣、祖父が大手都銀頭取であった。近藤氏も父親が農林大臣であった。完全なる「馬の骨」である雪斎には、まばゆい人々であった。

■ 午後、帝国ホテルで、「水資源」に関する話を、雪斎の姉貴筋であるNさんの夫君から聴く。同席したのは、その筋の専門家の方々である。思わず「夢」を感じてしまった。早速、愛知代議士に「ポリシー・ペーパー」を書かなければ…。

|

« Where have you gone, Joe DiMaggio, | Main | 「思想」のための「政治」ではない。 »

「永田町の話」カテゴリの記事

Comments

大変失礼ながら、海部元首相には「不決断の人」な
イメージを持ってました。しかし、落ち着いて思
い出して見ると、海部元首相はご自分で何かやりた
くても、周囲の人々の思惑でそうはさせてもらえな
い状況にあったわけで。イメージを訂正させて
いただきますm(_ _)m

Posted by: おおみや%バイト君 | October 05, 2005 at 06:54 PM

この記事を拝見してかなり驚きました。政策秘書というのは議員のスタッフというイメージぐらいしかありませんでした。覗き見をさせていただいた気分ですが、政策秘書の質を見れば議員の方ご本人の識見や力量がわかるぐらいのポストなんですね。もっとも、ちょっと舞台裏をのぞいただけで即断してはいけないのでしょうが。議員の数だけ秘書に求める資質が存在するかもしれないでしょうから。

それにしても雪斎先生の勤勉さには頭が下がります。平凡なことしか思い浮かばず、恐縮ですが、くれぐれもご自愛ください。

Posted by: Hache | October 05, 2005 at 10:13 PM

いよいよ始動ですね。久しぶりの現場で生き生きと活動されているようすがうかがえ、頼もしいかぎりです。愛知議員の存在は、ともすると国家観を欠く(といっては失礼ですが)小泉政権にあって、大変貴重です。その支えとして重責を果たされんことを。どうかご自愛のほど。

Posted by: hanasan | October 06, 2005 at 02:41 AM

初めての書き込みです
政策秘書としての雪斎さんの活動を楽しみにしています.ご自分を「馬の骨」と仰られていますが,雪斎さんは馬の骨でも「秘太刀馬の骨」でございます.これから切れ味の鋭い論説でばっさばっさと現実を見ようとしない連中を斬り捨てていってください

Posted by: hibiki | October 15, 2005 at 02:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/6255452

Listed below are links to weblogs that reference そろそろ、エンジンを…:

« Where have you gone, Joe DiMaggio, | Main | 「思想」のための「政治」ではない。 »