« 「郵政・関ヶ原」前夜 | Main | 「郵政政局」から総選挙へ »

August 07, 2005

宰相二代の「缶ビール」

■ 元々、「夏眠モード」に入っていたけれども、この数日の政局の「熱さ」にあおられて、思考能力が格段に落ちた。昨日のエントリーでも、事実と異なることを書いてしまった。反省するしかない。
 「郵政政局」も、あと二十数時間後には決着が付く。外部からの連絡を絶ったと伝えられる小泉総理は、一体、何をしているのであろうか。

   □ 首相「殺されてもいい気構えだ」、森氏の翻意要請拒否
 小泉首相は6日夜、首相公邸で森前首相と会談し、郵政民営化関連法案が否決された場合の対応などを協議した。
 森氏は「党も国民も心配している。この時期に選挙をして、どういう意義があるのか」と衆院解散の回避を求めた。首相は「(郵政民営化は)おれの信念だ。殺されてもいいぐらいの気構えでやっている」と拒否した。
 森氏はなおも、「法案可決で努力した人たちが解散で路頭に迷ったらどう責任を取る」と迫った。首相は「おれは総理大臣だ。郵政民営化をずっと言い続けてきた。絶対に可決する。可決のため努力してくれ」と応じた。
 森氏が「あなたも変人以上だな」とこぼすと、首相は「それでいいんだ」と語ったという。
 会談後、森氏は「はっきり言って、さじを投げた。解散阻止なんてできない」と記者団に語った。

 昨日夕刻以降の森前総理と小泉総理の会談を伝えた『読売』記事である。この森・小泉会談で興味深かったのは、取材に応じていた森前総理の姿である。前総理は、つぶした「缶ビール」の空き缶を片手に、「チーズとサーモン」を肴に議論していたと語ったのである。それにしても、世界第二の経済大国の二代の宰相が、「缶ビールとチーズ」で議論とは…。この光景は、世の人々にどのような印象を与えるであろうか。
 何れにせよ、「法案可決」か「解散・総選挙」かの何れかしか、もはや道はないということなのであろう。『孫子』に曰く、「死地には吾れ将にこれに示すに活きざるを以てせんとす」である。自民党の衆議院議員は、この炎天下の選挙という「苦行」を避けたければ(もっとも、その「苦行」が即、政治的な「死」を意味することもあるけれども…)、黙って「法案可決」に精励するしかない。八月下旬から九月上旬にかけての選挙は、齢六十を超えた議員にとっては「命を縮める選挙」になるであろうし、周囲の選挙スタッフにとっても「士気の上がらない選挙」になる。しかも、このデータによれば、戦後、八月、九月の炎天下の選挙は、一度も行われたことはない(7月の選挙は二度あるけれども、どちらも梅雨明け前の選挙戦である)。雪斎は、この選挙の最中、「政治的な死」どころか「文字通りの死」を迎える政治家も出るのではないかと危ぶんでいる。甲子園の高校球児は、たかだか二、三時間、炎天下のグランドに立つだけであるけれども、選挙戦中の政治家jは、連日、午前八時から午後八時まで酷暑の戸外で這いずりまわることになる。おそらく、選挙事務所は、「野戦病院」並みの様相を呈することになるであろう。そもそも、選挙スタッフになる人手を十分に集められるのであろうか。此度の選挙は、それくらい過酷な「殺人選挙」になる。こういう「殺人選挙」を敢えて行おうとしている小泉総理は、本当に「鬼」だなと思う。
 「殺人選挙」が行われれば、「亀井グループ」の壊滅は、間違いない。「亀井グループ」が民主党の支援を受けるという事態になれば、話は別であるけれども、自民党の「改革されざる部分」を体現するかのような「亀井グループ」とそれを批判することに存在意義があったはずの民主党との提携が成るとは、考えにくい。「小故を恨んで争い、憤怒して忍ばざる者、之を忿兵と謂う。兵が忿る者は敗れる」。この言葉は、反「小泉」感情で突っ走った「亀井グループ」の末路を示唆しているといえるであろう。
 雪斎は、もはや「永田町」の住人ではない。雪斎は、「法案は僅差で可決、成立」という見方を崩していていないけれども、法案否決の場合には、もしかしたら、冷房を利かせた自室で未曾有の「殺人選挙」の様相を観察することになるのであろう。しかし、それもまた、それで一興である。こういうことを書けば、また「非道・雪斎」といわれそうである。森前総理の「缶ビール」は、後々まで残るエピソードになりそうである。

|

« 「郵政・関ヶ原」前夜 | Main | 「郵政政局」から総選挙へ »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

いやぁ、参議院の先生方って残酷なもんですなぁ。

Posted by: おおみや%NEET | August 07, 2005 at 04:00 PM

おひさしぶりです。
暑いさなかの選挙。クールビズを導入した後でよかったですねw

国民の虎の子の350兆円を食い散らかした人々、それにぶらさがる人々。もし総選挙となれば、どんな言い訳をするんでしょうか。
なんだか楽しみです。

はからずも軍人と変人の激突ですが、変人は「変人中の変人」に進化しました。軍人のほうは、玉砕間違いない戦闘にひた走るわけで、こちらも「帝國軍人の末裔」ぶりを際立たせています。なんと劇画的な構図!

小泉にのっかって与党の看板を握り締めていた人々が、利権がかかってくると小泉を裏切った。
その人々が街頭演説で何を語るのか。国民はもはやそれほどバカではない。演説会は人民裁判のようになるのではないか。

いや、その前に誰も外に出てませんね。暑すぎて。

せめて公明党がバカ勝ちしすぎないよう、選挙当日の気温が少しでも下がることを祈るのみです。

Posted by: 雪風 | August 07, 2005 at 05:44 PM

真夏の選挙は本当に苛酷なものになると思います(涙)森先生に缶ビールとひからびたチーズを出した総理の胸中は、「京都のお茶漬け」のつもりだったのかしらと思ってしまいました(笑)

「日曜討論」での岡田代表の発言では、公明党との連立の可能性は言下に否定していましたが、自民党反乱軍との連立は否定しませんでした。民主党は、「古い自民党」が復活するということに手を貸してもいいってことなの?と愕然としました

Posted by: さくら | August 07, 2005 at 09:55 PM

・おおみやどの
参議院を「政党の根城」にさせた付けが、ここで来ましたな。
・雪風どの
「小泉ブーム」の風に乗って当選し、今、小泉総理の路線に背いた参議院議員は、この後、どうするのでしょうか。
・さくらどの
「民主+亀井G」の組合せは、「大きな政府」温存連合になりますね。しかも、ナショナリスティックな人々がいますから、対米関係をきちんとまわせるかは、かなり不安が残ると思います。よろしい。「殺人選挙」で、のたうち回っていただきましょう。段々、拙者も「冷血」になってきましたよ。

Posted by: 雪斎 | August 07, 2005 at 10:34 PM

もし民主党が亀井一派と組んだら、民主党から離反する人も出るでしょうね。そういう人は、思想的に近い小泉自民党に行くでしょう。
となると、大きな政府&中国寄りの勢力と、小さな政府&米国寄りの勢力で、政界はまとまっていくのかも。

Posted by: Baatarism | August 07, 2005 at 11:25 PM

これまで、選挙のたびに投票したい政党が無くて困っていました。
利権べったりの自民党。
烏合の衆、土下座外交の民主党。
でも今回は、自民党から利権集団をばっさり切り捨てそうな小泉首相。
迷わずに投票できそうです。
アメリカべったりの姿勢は気になりますが、これも過渡期の姿として仕方が無いのでしょう。
ほかに改革の道があったとは思えないし。

Posted by: HOMERUN | August 08, 2005 at 12:24 AM

「非道」とはさすがに申しません。だって現実の方がすごすぎて。冗談半分で480人(欠員とか正確な人数は知りませんが)の「先生」の首が一斉にとぶところが見たいなんて思ってましたが、あくまで冗談半分ですから。法案成立も嫌、解散も嫌ってちょっとムシが良すぎるなあと思います。

私自身は「極悪」でも「非道」でもないただの「ひねくれ者」なんですが、これだけ嫌がる人がでて、しかも反対する人にシンパシーを感じないとなると、郵政民営化に別の政治的な意味を感じてしまいます。これだけ妥協に妥協を重ねてまだ反対という頑迷さがちょっと信じ難いのですが。1980年代の民営化で最大の抵抗勢力は労働組合だったことを考えると、私の能力を超えますが、今回の民営化をめぐる騒ぎには効率以上の意味が郵政民営化にはあることを感じます。単に私が鈍いだけなんでしょうが。

Posted by: Hache | August 08, 2005 at 02:45 AM

真に許しがたいのは特定郵便局長ではないかと思います。法案が流れていちばん喜ぶのは彼らです。いい目を見させてはなりませぬぞ。

PS:午後1時、採決前解散の噂が流れています。

Posted by: かんべえ | August 08, 2005 at 09:45 AM

・Baatarismどの
・HOMERUNどの
拙者は、「小さな政府」指向、対米提携第一論者ですから、このラインでの「まとまり直し」ができれば、此度の選挙も悪くないと思います。
・hacheどの
「郵政」関係者は何故、かくも力を持てるのでしょうかね。総ての「公務員」の政治活動禁止を目指すべきでしょうな。
・かんべえどの
採決前の解散ですか。これは…。

Posted by: 雪斎 | August 08, 2005 at 11:07 AM

はじめまして、藤と申します。
卑見ですがこんな考えなのかなと思いました。
参院は内閣総理大臣でも解散できないから敢えて後戻りが出来ないことはさせない。そのかわりに待ったをかけて衆院議員が死地に突撃する阿鼻叫喚の現代版灼熱地獄絵巻・全479巻を見せつけた上で今度こそ踏み絵を踏ませるようとしてるのでは、と思いました。
ついでに選挙の間には中国や韓国は戦勝記念日・光復節で反日祭りが今年の四月以上に荒れ狂うかもしれない。もちろん小泉総理は敢えて何もしない。何もしなくてもこの有様というのが日本国内にも報道される。では安易な妥協を力強く主張していた色んな人達の立場はどう報道されるのか…。そして途中で「構造改革」に反対した人との名前がいくつもかぶってることに気がつく。
なんというか末路哀れもここまでされるかなって。

Posted by: 藤 | August 08, 2005 at 12:01 PM

気になる2点。

終戦記念日の靖国参拝はどうなっちゃうんでしょうね。衆院解散の場合も小泉さんはなお首相ですから、参拝するんでしょうかね?参拝となると選挙には悪影響かも?6カ国協議にも。

岡田民主党に反小泉派を取り込み・食い潰すだけの器量があるのなら、政権党としての見込みは逆にあると思います。

Posted by: ちびた | August 08, 2005 at 02:24 PM

はじめまして、いつも興味深く拝見させていただいております。
いまいちよく分からないのですが特定郵便局というのはそれほど選挙において強い力を持っているのでしょうか?今回の選挙で郵政法案に反対した議員が再選できないようなら、彼ら議員はたいした影響力のない団体について馬鹿を見たということになりますよね。だから今回の選挙で特定郵便局長たちは何が何でも彼らを再選させねばというプレッシャーがあるのではないでしょうか。この選挙で彼らの選挙への影響力がはっきりするかもしれませんね。

Posted by: まぐろ○ | August 08, 2005 at 02:34 PM

前場は積み上がる含み損に、もう株をやめようなどとも思いましたが、場が閉まってみると何とかプラ転。
改めてニュースを検索すると、今朝も寄り付き前、外国人は買い越しだったのですね。先見性なのか、相場に対する影響力なのか、恐るべしです。いずれにしても、リスクのとり方のうまさには脱帽です。

自民党敗北の観測が強い中での選挙で、私も心中穏やかではありませんが、伝えられるところによると首相は衆院での造反議員に対する公認を行わない旨表明されたとか、争点のはっきりした、筋のいい選挙戦にはなりそうですね。

Posted by: 小規模投資家@まだまだ含み損 | August 08, 2005 at 03:25 PM

>>ちびた様

私も同じことが気になってしょうがない、というか、息が詰まりそうです。

「8.15靖国参拝」があるのかないのか。あってもなくてもその対応ひとつで小泉さんの命運は定まるかもしれません。例の3国同盟(?)は、なんとかして憎き小泉をひきずり降ろしたいところ。大大大プロパガンダ祭りに打って出て来るのか来ないのか。これに対して小泉が英雄になるのかならないのか。全く息がつまります。
郵政政局から、東アジアに巨大な台風が発生してしまうかも!

それだけじゃござんせん。
8月29日(?)から再開されるという六カ国協議。
ブッシュとしては、世界をひっくり返してでも盟友小泉を勝たせたい。ならばここで、核、拉致がらみのウルトラサプライズを仕掛けるかもしれません。
逆に中国(韓国も)としては、天地がひっくり返っても、憎き小泉を降ろしたい。逆サプライズ、大いにアリです。

郵便局長さんたちが騒いでいたら済むような話じゃなくなりました。
アジア太平洋を飲み込むような巨大ハリケーンを巻き起こすかもしれません!

(すみません。「これで戦後構造は完全に終わる」という感慨に酔っています。酩酊文章、ひらにご容赦を。。。)

Posted by: 雪風 | August 08, 2005 at 04:02 PM

残念ながら郵政民営化法案は否決されてしまいましたが、小泉首相は「(古い利権べったりの)自民党をぶっ壊して、新しい自民党を創る」と、事前の予告どおり解散に踏み切りました。
「新しい自民党を創る」この言葉は、国民の心の琴線に触れるのではないでしょうか?何か風向きが変わりそうな気がします。

Posted by: 藤田 | August 08, 2005 at 04:33 PM

雪斎先生、ご無沙汰しております。
異動した矢先の選挙となりました。候補者の先生方ほどではありませんが、われわれプレスの人間も真夏の選挙で這いずり回ることになりそうです。
夏休みは吹っ飛びましたが、今回は面白そうなものが見られそうで、ある意味楽しみでもあります。先生の言をお借りすれば、「来たぜ…ビッグウェーブが」といったところでしょうか。

Posted by: Y.F@niigata | August 08, 2005 at 06:21 PM

>藤田様
>「新しい自民党を創る」

これこそが自民党総裁としての小泉氏の最大の
公約であります。それを小泉氏は、造反無理組を
ぶった切ることによって見事に実現しようと
しています。つーか、この時点で、まだ自民党員の
つもりでいる造反組は「古い自民党」という致命的な
レッテルを小泉総裁によって貼られたことに
なります。彼等の苦戦は想像に難くありません。
あとは新生自民党.vs.民主党の勝負です。マスゴミは
民主党の肩をもって「年金・サラリーマン増税」で
攻撃してくるでしょう。そこを「小泉.vs.雪花菜」(失礼)に
もっていければ勝ちです。

(追伸)なお、当方は拙駄文集での予測をはずした責任を
とりまして、拙だ文集における我が国の政治動向への
コメントを投票日まで停止します。

Posted by: おおみや%NEET | August 08, 2005 at 06:45 PM

森さんの会見、「さじ投げた」といいながら、小泉さんのイメージアップに一役買ってますよね。庶民的な感じ、「死んでもいい」発言の紹介etc。で、森さん自身も小泉に手を焼く自分を演出しながら、「自ら説得に当たった(がダメだった)」というエクスキューズに成功、求心力の低下を防いでます。思い返せば森政権時代、森派暫定会長(でしたっけ?)だった小泉さんは、持論を一切ぶつことなく(あの頃、小泉さんは郵政改革も一切語らなかったし森批判もまったくしなかった)、人気薄の森さんの下支えを寡黙にこなしていました。この二人、結構いい関係なんじゃないか、とふと思いました。

Posted by: 南海人 | August 10, 2005 at 11:26 AM

 皆さん。ありがとうございます。とりあえず個別のコメント。
・小規模投資家どの
欧米系経済メディアは、ここまで「小泉支持」一色になるとは思いませんでした。 
・YFどの
真紀子氏の対抗馬に誰が出るのでしょう。
・南海人どの
あの森さんの会見は「八百長」だったという噂があるのですが、どうなのでしょう。森・小泉ラインは鉄壁なのでしょう。

Posted by: 雪斎 | August 10, 2005 at 02:10 PM

>雪斎先生
民主党は候補者を擁立しません。自民党は前回立候補した星野行男氏(73)と複数の県議を軸に調整中ですが、10日現在未決定です。いかんせん真紀子氏が強すぎるため、当て馬にされるだけでしょうが。
ちなみに本県、亀井派議員(候補者も)が多く、これからまだ揉めそうです。

Posted by: Y.F@niigata | August 10, 2005 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/5346075

Listed below are links to weblogs that reference 宰相二代の「缶ビール」:

» 皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 以下、重要な記事と判断し、また現下の緊迫化した政治情勢にかんがみ、全文引用しま [Read More]

Tracked on August 22, 2005 at 09:00 PM

« 「郵政・関ヶ原」前夜 | Main | 「郵政政局」から総選挙へ »