« ワルキューレと靖国と | Main | 2005年夏、日本政治の対立構図・続 »

August 30, 2005

公示日午後の雑感

■ 総選挙公示日には、独特の雰囲気がある。雪斎は、「永田町」住人であった頃、選挙戦中は専ら「遊説部隊」として活動していた。公示日当日の朝、選対事務所で必勝祈願のお祓いをやって、それから第一声に臨むというのが、普段の段取りであった。今となっては、もう昔のことである。

■ その総選挙公示日の日経平均株価は、前日の反動もあってか140円の上昇である。雪斎保有の鉄鋼株は、一時5パーセント近い上げを記録し、雪斎も少々驚く。ぐっちー殿から、「鉄鋼株は安心して持っていていい」というご教示を頂いていたので、早晩、こうなるであろうとは思っていたが…。やはり「鉄は国家なり」なのであろうか。
 そういえば、戦後、鉄鋼会社トップは、「財界総理」の座に就くことが多かった。小説『大地の子』に登場する鉄鋼会社トップのモデルは、稲山義寛氏だったはずである。その「財界」の意向が伝えられている。
  □ 小泉内閣支持、81%に上昇=87%が自民中心政権望む-経団連
 日本経団連は29日、会員企業の役員・管理職を対象に実施したアンケート調査で、小泉内閣の支持率が、前回調査(5~6月)より15%高い81%に達したと発表した。衆院選後の政権の枠組みについても、87%が自民党中心の政権を望んでおり、経済界の小泉内閣への強い期待が裏付けられた。 
 支持理由のトップは「政治が変わりそうだから」(47%)。次いで「リーダーシップに期待できる」(41%)。一方、不支持率は17%と前回比10ポイント低下した。不支持理由のトップは「政治手法が悪い」だった。
 衆院解散に踏み切った小泉首相の判断についても80%が支持を表明。投票の際には79%が「郵政民営化を重視する」とした。また、野党第一党の民主党中心の政権を望んだのはわずか10%にとどまった。
 調査は、経団連の企業人政治フォーラム会員3178人を対象に、今月12日から25日までの間、インターネットとファクスで実施、回答率は13%だった。(時事通信)
 
 ヴェネツィア、英国、日本のような「海洋国家」型の「ポリティカル・リアリズム」とドイツのような「大陸国家」型の「レアル・ポリティーク」とは、様相を明らかに異にする。両者を分かつのは、「経済」への認識の差である。「海洋国家」型「ポリティカル・リアリズム」は、自らの「権力基盤」の弱さを自明のものと認識するが故に、その国力の源泉たる経済力、あるいはそれを支える良好な対外関係の維持には切実な関心を抱くことになる。日本の「保守論壇」の中には、こうした「経済重視」の考え方に冷淡な向きがあるけれども、こうした傾向は、「ポリティカル・リアリズム」の発想からは遠いものなのである。

■ 学生だった頃から聴いていた岡村孝子さんの「夏の日の午後」を久し振りに聴いている。夏の日の午後に、窓を開けっ放しにしながら聴くには、丁度、よいものである。この歌は、「待つわ」で一世を風靡した女性デュオ「あみん」を解散した後、1985年にソロ・デビューした岡村さんの『私の中の微風 』 (1986年7月2日発売)というアルバムに収録されている。かんべえ殿の『1985年』の話は、ここにも通じている。

  「夏の日の午後」(作詞/作曲:岡村孝子)
窓を開けて午後の風を むせるほど吸いこんだ夏の日
陽ざしが今傾くのを あなたの腕に抱かれみつめた
幸せなんて言葉があるからそれと気付かずに 思い出ばかり作るのね・・・
あなたをいつも近くに感じて生きたい それだけがただ願いなのに
闇にゆれる星の数に 負けないほどの熱い想いを
胸の奥でにぎりしめて そっと時を重ねていきたい
あなたがどんな遠くを見つめていてもかまわない 素敵な人に変わってね・・・
会えなくなってもいつか私の心を あなたの色で染めるくらい
あなたがどんな遠くを歩き出してもかまわない 私の中に生きている・・・
あなたの記憶の中のわがまま娘を 片すみにでも 残していて

 長い間、岡村さんの歌は、兄弟姉妹を持たない雪斎にとっては、「姉貴の声」のようなものであった。岡村さんは、雪斎よりも二歳年上の同じ誕生日であったから、それだけで雪斎には親近感を抱かせた。初めて「夏の日の午後」を聴いた夏から二十年近くの歳月が経ち、雪斎は、果たして「素敵な人」に変わり得たであろうかと自問する。

|

« ワルキューレと靖国と | Main | 2005年夏、日本政治の対立構図・続 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

「素敵な人」ってどういう人なのかによりますねぇ。
ただの狸学博士なσ(^_^;から見れば、雪斎先生が
社会科学者だと自らおっしゃるのであれば、それは
十分に納得がいく、位に素敵な方だと思います。

Posted by: おおみや%NEET | August 30, 2005 at 06:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/5706360

Listed below are links to weblogs that reference 公示日午後の雑感:

« ワルキューレと靖国と | Main | 2005年夏、日本政治の対立構図・続 »