« 海軍の「縁」 | Main | 「核」という死霊・続 »

July 16, 2005

「核」という死霊

■ 昨日午前、『時事通信』は、「台湾海峡紛争に介入なら核使用も=中国軍当局者、米国に警告-英紙」という記事を配信した。
 15日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)によると、中国人民解放軍国防大学の朱成虎教授(少将)は外国人記者との会見で、台湾海峡での武力紛争に米国が介入し、中国を攻撃するなら、中国は対米核攻撃に踏み切る用意があると警告した。
 雪斎は、ちょっと驚いたけれども、『フィナンシャル・タイムズ』紙の元の記事は、下の通りである。

□ Top Chinese general warns US over attack
    By Alexandra Harney in Beijing and Demetri Sevastopulo and Edward Alden in Washington
    Published: July 14 2005 21:59 | Last updated: July 15 2005 00:03

China is prepared to use nuclear weapons against the US if it is attacked by Washington during a confrontation over Taiwan, a Chinese general said on Thursday.
“If the Americans draw their missiles and position-guided ammunition on to the target zone on China's territory, I think we will have to respond with nuclear weapons,” said General Zhu Chenghu.
Gen Zhu was speaking at a function for foreign journalists organised, in part, by the Chinese government. He added that China's definition of its territory included warships and aircraft.
“If the Americans are determined to interfere [then] we will be determined to respond,” said Gen Zhu, who is also a professor at China's National Defence University.
“We . . . will prepare ourselves for the destruction of all of the cities east of Xian. Of course the Americans will have to be prepared that hundreds . . . of cities will be destroyed by the Chinese.”
Gen Zhu is a self-acknowledged “hawk” who has warned that China could strike the US with long-range missiles. But his threat to use nuclear weapons in a conflict over Taiwan is the most specific by a senior Chinese official in nearly a decade.
However, some US-based China experts cautioned that Gen Zhu probably did not represent the mainstream People's Liberation Army view.
“He is running way beyond his brief on what China might do in relation to the US if push comes to shove,” said one expert with knowledge of Gen Zhu. “Nobody who is cleared for information on Chinese war scenarios is going to talk like this,” he added.
Gen Zhu's comments come as the Pentagon prepares to brief Congress next Monday on its annual report on the Chinese military, which is expected to take a harder line than previous years. They are also likely to fuel the mounting anti-China sentiment on Capitol Hill.
In recent months, a string of US officials, including Donald Rumsfeld, defence secretary, have raised concerns about China's military rise. The Pentagon on Thursday declined to comment on “hypothetical scenarios”.
Rick Fisher, a former senior US congressional official and an authority on the Chinese military, said the specific nature of the threat “is a new addition to China's public discourse”. China's official doctrine has called for no first use of nuclear weapons since its first atomic test in 1964. But Gen Zhu is not the first Chinese official to refer to the possibility of using such weapons first in a conflict over Taiwan.
Chas Freeman, a former US assistant secretary of defence, said in 1996 that a PLA official had told him China could respond in kind to a nuclear strike by the US in the event of a conflict with Taiwan. The official is believed to have been Xiong Guangkai, now the PLA's deputy chief of general staff.
Gen Zhu said his views did not represent official Chinese policy and he did not anticipate war with the US.
Additional reporting by Richard McGregor in Beijing

 この記事では、次の三つが留意されるべきである。
 ① 中国の朱成虎将軍は、台湾有事に米国が介入した場合、米国本土を核兵器で「先制攻撃」する可能性に言及した。
 ② 朱将軍は人民解放軍の主流ではなく、朱将軍の見解は中国政府の立場を代表していない。中国政府は、1964年の核実験以来、「核先制不使用」を方針としている。
 ③ 此度の朱将軍発言以前にも、台湾情勢に関連して「核先制使用」の可能性に言及した議論がある。此度の発言は、米国連邦議会内での「反中」感情を刺激しそうである。

 この朱将軍の発言は、「軍事的合理性からは、あり得るけれども、政治的合理性からは愚劣の極みである」と評されるべきものの典型であろう。この発言は、「本土に核を打ち込まれたくなかったら、米国は台湾に首を突っ込むな」と告げているに等しい。これは、米国に対しては、実に恫喝的、挑発的な印象を与える発言なのである。おそらくは、中国政府は朱将軍発言を表立っては肯定しないであろうけれども、朱発言それ自体は、中国の対外的な好感度を確実に下落させるものであろう。
 「国家の大なるを恃み、民人の衆きを矜り、敵に威を見さんと欲する者、之を驕兵と謂う。兵が驕する者は滅ぶ」。朱将軍は、「超絶大国」たる米国に「威」を見せて、どうしようというのであろうか。
 「冷戦の終結」は、全面核戦争の恐怖を歴史の彼方に押し遣ったはずであったけれども、中国の「政治音痴」の将軍は、そうした死霊を歴史の墓場から蘇らせようとしているようである。

|

« 海軍の「縁」 | Main | 「核」という死霊・続 »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

シナの場合、連中のいうところの「帝国主義国」と、どれ
だけ真剣に戦ったかによって、指導者の質が規定されて
いるような気がするのです。トウショウヘイ亡き後、
だいぶ指導者の質の劣化が進んでいるような気がする
のはσ(^_^;だけでしょうか?

Posted by: おおみや%NEET | July 16, 2005 at 01:29 AM

これって結構、多くの中国人(漢族)の頭の中にある妄想のような気がします。

Posted by: masa | July 16, 2005 at 02:09 AM

これが、「指桑罵槐」なんでしょうかね。朱将軍が人民解放軍の主流でないとしたら、なおさらそう思えてきます。

Posted by: TOSI | July 16, 2005 at 03:50 PM

非主流派の口で主流派の願望を代弁させただけだと思う。
主に国内向け答弁だと思いますが、対米的には何かメリットがあるんでしょうか?

Posted by: 波導 | July 17, 2005 at 11:23 AM

・おおみやどの
・masaどの
・tosiどの
・波導どの
ありがとうございます。このところの暑さで早くもへばっております。
ところで、この朱発言ですが『フィナンシャル・タイムズ』という媒体に載ったのは、中国政府にとって不味いことだったかも知れません。世界の「経済人」が部内報のようにして読む新聞に、ああいう「場の空気を読めない」発言をするとは・・・。

Posted by: 雪斎 | July 19, 2005 at 02:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/4987772

Listed below are links to weblogs that reference 「核」という死霊:

» 台湾海峡紛争に介入なら核使用も [WEBLOG de 鳩尾]
 FT紙の報じたところによると、中国の朱少将が、これを中国政府の考えを代表するものではないとしながらも、「台湾に関してアメリカが介入した場合、中国は核攻撃に踏み切る用意がある」と威嚇した。これの記事の内容とそれに対する分析は雪斎の随想録の雪斎さんがわかりやすく説明して... [Read More]

Tracked on July 16, 2005 at 09:40 PM

« 海軍の「縁」 | Main | 「核」という死霊・続 »