« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

やはり日本海は日本海である。

■ 「外務省は、よくやった」と思った話題を紹介する。『読売』に載った記事である。

 □ 米議会図書館の19世紀地図、8割超が「日本海」表記
 外務省は、米議会図書館所蔵の14―19世紀の地図を対象に、日本海海域の名称がどのように表記されているか調査し、このほど、その結果をまとめた。
 19世紀の地図の8割超が「日本海」と表記しており、「19世紀初頭からヨーロッパで日本海の呼称が定着していた」という日本政府の主張が裏付けられたとしている。
 調査対象は1730枚で、このうち、1435枚は日本海海域に何らかの呼称を記載していた。内訳は、「日本海」が77%に上り、「朝鮮海」が13%、「中国海」は2%、「東洋海」が1%、「東海」は0・1%だった。
 19世紀発行の1285枚に限ると、「日本海」は82%を占め、「朝鮮海」は7%。「東洋海」と記した地図は2枚、「東海」は1枚だった。
 韓国は「『日本海』が定着したのは、日本の植民地主義が原因」などと主張し、「東海」と名称を変えるよう国際社会に働きかけている。

Continue reading "やはり日本海は日本海である。"

| | Comments (22) | TrackBack (2)

July 30, 2005

郵政政局の「潮目」

■ 昨日、『日経』は、「郵政法案を今国会で成立させよ」と題した社説を掲載した。社説は、次のように始まる。
 郵政民営化法案は参院での可決・成立が危ぶまれている。自民党議員のうち18人が反対すれば否決となるが、どのくらいが反対に回るか読めない情勢だ。否決となれば衆院解散・総選挙が予想され、郵政法案は雲散霧消するだろう。
 この法案にはいくつか問題があり本来は抜本的な手直しが必要と私たちは考える。しかし小泉純一郎首相が在任するこの機を逃せば、民営化は長期にわたり政治課題にならない可能性が大きい。その社会的、経済的なコストは計り知れない。
 ここは法案を成立させて、民営化を進める中でまともな形に改善するのが現実的な選択ではないか。良識の府、参院に日本経済の将来を見据えた正しい判断を強く期待する

 本日付『読売』も次のような社説を載せている。
  □ [郵政政局]「政治的な混乱は避けるべきだ」
 郵政民営化関連法案の参院審議が大詰めだ。与党は、8月5日の本会議採決を目指しているが、法案の成否は予断を許さない。いたずらに政治的な混乱を招くことは、何としても避けなければならない。
 郵政民営化関連法案は、やはり成立させる必要がある。法案が成立しないとなれば、郵政改革の挫折にとどまらず、日本経済の安定した発展の基盤作りにも影響する

 『産経』は、既に十日の社説で次のように書いている。
 問題は改革の行方だ。民主党は郵政民営化には組合との関係から慎重姿勢に終始した。自民党でも小泉首相でなければ、郵政改革は貫徹できまい。
 小泉政権の崩壊は、郵政改革にとどまらず、小さな政府の実現すら危うくしかねない。それだけではない。
 首相の靖国神社の参拝問題はどこかに消え、自民党憲法改正草案のとりまとめも推進力を失う。こうした事態を喜ぶのはだれだろう。
 首相は郵政法案の参院審議に対し「ゼロからスタート」と述べたが、これまで以上に説明責任を果たすべきである。自民党議員も否決で失うものがなにかを考えなくてはなるまい

Continue reading "郵政政局の「潮目」"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 29, 2005

郵政政局の虚実

■ このところの雪斎の表情を知りたい方は、こちらの写真をどうぞ。もう、何もいうまい…。

■ 「郵政」絡みで「決戦は金曜日」とのことだから、現在の段階になると流石に色々な発言が出てくる。次の三つの記事は面白い。

Continue reading "郵政政局の虚実"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 28, 2005

「梅棹学説」からの「六ヵ国協議」解釈

■ 昨日、東京都心の気温は35度を越えた。雪斎は、朝から完全な「夏眠モード」に入る。「身の危険」を感じたので、午前中に予定した出版社編集者との面談を急遽、「呉儀る」ことに相成った。編集者T女史には誠に申し訳ないことをしたものである。日中は、「くたびれた動物園の猿」の状態であった。ぐっち殿によると、「東京の夏は、ケニア人もびっくり」だそうである。「ホント、どうしょうもねぇな…」と思う。昨日午後11時過ぎから涼気が漂ってきたので、ようやく正気に戻ったようである。

■ 「六ヵ国協議」では、「日米 vs 中露韓朝」という図式が鮮明になっている。「核・ミサイル・拉致を包括的に解決する」という日本政府の立場の表明には、米国は同情的であったけれども、中露韓朝四ヵ国は冷淡であった。

Continue reading "「梅棹学説」からの「六ヵ国協議」解釈"

| | Comments (7) | TrackBack (2)

July 27, 2005

スペース・シャトルの中の「日本」

■ やりました。スペース・シャトルの打ち上げが成功である。雪斎は、幼少の頃は、完全な「天文バカ」だったので、こういう宇宙にまつわる話には、いつもわくわくさせられる。乗組員の野口聡一さんは、雪斎と同い年だから、少年の時分には、間違いなくゴダイゴの『銀河鉄道999』を聴いていたはずである。

 さあ行くんだ その顔を上げて
 新しい風に心を洗おう
 古い夢は 置いて行くがいい
 ふたたび始まる ドラマのために
 あの人はもう 思い出だけど
 君を遠くで 見つめてる

 The Galaxy Express three nine
 Will take you on a journey
 A never ending journey
 A journey to the stars

Continue reading "スペース・シャトルの中の「日本」"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 26, 2005

「郵政」の水面下

■ 震度5強の地震が来たと思ったら、今度は台風が接近中である。かなり風雨が強くなっている。大学は、実質、夏休みに入っているので、今日は自宅で大人しくしていることにしよう。

■ 昨日の第一のニュースは、「日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁建設工事を巡る談合事件に絡み、東京地検特捜部は25日、道路公団副総裁を独占禁止法違反幇助と背任容疑で逮捕した。事件は官製談合に発展した」というものである。

Continue reading "「郵政」の水面下"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 25, 2005

政治家の「言葉」のマネージメント

■ 一昨日のエントリーでも言及した参議院議員のブログが閉鎖されるようである。雪斎は、「この議員はブログを閉じたほうがよい」と書いたけれども、その通りになった。それは、「傷を大きくしない」という点では賢明な判断であったと思われる。この議員が、あのままブログを続けていたら、さらなる「舌禍」を呼び込んでいたことになっていたであろう。雪斎は、昔は政策担当秘書として政治家の「言葉」のマネージメントを手掛けていた経験があるので。政治家の言葉が「どのように受け止められるか」に関心が強い。

Continue reading "政治家の「言葉」のマネージメント"

| | Comments (9) | TrackBack (1)

July 23, 2005

地震、政治家の発言

■ 「ご当地の踏み絵・青森県人チェック」の項目の中には、次のようなものがある。
 ○ 震度5程度ではうろたえない。
 ここでいう「青森県」が該当するのは、八戸を中心とした南部地域のことであろう。確かに、青森・南部地域をふくみ北海道・十勝、根釧地域に至る一帯は、度々、それなりの規模の地震に見舞われる。雪斎は、高校までは、そうした場所で過ごした。確かに「震度5程度ではうろたえない」のである。
 ところで、今日夕方前、東京に震度5強の地震が来る。雪斎は、偶々、最寄のJR駅ビル内の家電量販店で買い物中であった。いやはや、なかなか、派手に揺れてくれたものである。「おぅ、震度5だな」と思ったら、本当にその震度であった。
 英国やエジプトがテロに見舞われた一方で、東京には地震が来た。日本人の「慌てない」態度は、地震国の民であるが故かもしれないと思ったりする。

■ この発言は、一体、誰の発言であろうか。
爆発!多数死傷者!ポチのようにアメ公にクンクン付いていってる日本も、そろそろ危ない!
大義なきサマワの自衛隊。可愛そうや。今年中に帰らすべき。
これといい、アスベストや年金・・はよやらなあかんこと いっぱあるで!
郵政で遊んでる時とちゃうで・・くだらん政策は後に廻せ。

Continue reading "地震、政治家の発言"

| | Comments (6) | TrackBack (2)

July 22, 2005

戯言050722

■ 本日昼過ぎ、『中央公論』来月号「時評2005」欄原稿が、仕上がる。昨晩の段階で、ほぼ出来上がっていたけれども、昨日のテロの影響で、だいぶ修正をした。書いているのが「時評」である以上、こういことは「想定の範囲内」であるけれども、それにしてもへばった。この二、三日、涼しかったのが「救い」であった。

■ 今日夕刻のフジ・テレビのニュースを見ていたら、トップ項目が「得体の知れない『薬学博士』のところに通っていた少女が変死した」という事件の続報である。普通の庶民には、ロンドン・テロも人民元切り上げも大して重要ではないという判断であろうか。「しょうがないな…」と率直に思う。

■ 来週は、「六ヵ国協議」の動向が焦点になる。再来週は、郵政法案参議院審議の「決戦」の瞬間を迎える。「六ヵ国協議」の動向次第では、本来は郵政どころの騒ぎではなくなると思う。もっとも、雪斎は、何らかの進展があるとしても「核」絡みであると読んでいるので、「拉致」に関して具体的な成果がでるとは思わない。この段階で、「だから、小泉では駄目だ…」という雰囲気が出てくれば、郵政法案審議にも影響が出ないとは限らない。小泉総理にとっては、「かなりのビッグ・ウェーブが来た」というところではないであろうか。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 20, 2005

そろそろ、「夏眠」を…。

■ 梅雨が明けたので、雪斎は「夏眠」の季節を迎える。「森の熊さん」が冬になると「冬眠」をするのと同様、雪斎は気温摂氏25度を超え30度台に入ると、一気に「夏眠モード」に突入する。大体、雪斎は、東北人であり節分直前が誕生日であり、名前に「雪」の字を入れているくらいだから、夏という季節には誠に相性が悪い。銀座・竹葉亭の鰻で数日は「夏眠」までの期間が延びたようだが、東北人のDNAには「耐暑因子」はないという現実は変えられなかったようである。「夏眠」の期間中は、活動の「質」「量」ともに、大幅な後退を余儀なくされる。
 このように考えると、欲しくなるのは、「避暑地の別荘」である。雪斎は、モノには余り執着しないけれども、「よい環境」は欲しいと思っている。夏の東京では、思考の切れが悪くなる。それをやるにも、カネが要る。というわけで、ぐっち殿のところに弟子入りして「金持ち、まっしぐら」の道を.を歩もうかと本気に考えている。
 そういえば長らく「塩漬け状態」(実際は『岩塩漬け』状態)であった雪斎保有の鉄鋼株が騰がり始めている。一時期、損失幅が10パーセント近くになったときには、かなり青くなったが、損切りはしなくてもいい水準に戻ったので、どこまで騰がるか見てみたいと思う。証券会社が設定している目標価格まで騰がれば、「来年の夏は、『夏眠』せずに、ムフフ…」となるはずであるが、実際は、どうなることやら…。

Continue reading "そろそろ、「夏眠」を…。"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 19, 2005

ラッフルズの遺産

■ 昨日の『読売』が伝えた記事である。
  □ 「ラッフルズ」など41ホテル、米投資会社に売却へ
 【シンガポール=菊池隆】シンガポールのホテル事業大手ラッフルズ・ホールディングスは18日、同国を象徴する名門ラッフルズホテルをはじめ、日本のスイスホテル南海大阪(大阪市)を含むホテル事業(開業準備中を含め計41ホテル)を米投資会社コロニー・キャピタルに売却すると発表した。
 売却金額は現金で14億5000万シンガポール・ドル(約960億円)で、コロニーはラッフルズ側の負債も引き受ける。
 1887年に開業したラッフルズホテルは、英国の文豪サマセット・モームなどが愛用した。英植民地時代の風情を残す外観やバーの看板カクテル「シンガポールスリング」で知られ、日本から訪れる観光客も多い。ホテルを運営するラッフルズ・インターナショナル社ごと売却するため、営業は売却後も現状のまま続けられる。

Continue reading "ラッフルズの遺産"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 17, 2005

「核」という死霊・続

■ 昨日正午過ぎの時点で、昨年末に『雪斎の随想録』を開設して以来の累計アクセス数が、30万を突破する。今まで来訪された方々には、謝意を表する。皆さん、ありがとうございます。

■ 昨日のエントリーで取り上げた中国人民解放軍将官の「核先制使用」発言に対する反応として、『日本経済新聞』は、次の記事を配信している。

  □ 米、中国人民解放軍少将の「対米核攻撃」発言を批判
 【ワシントン=加藤秀央】米国務省のマコーマック報道官は15日の会見で、中国人民解放軍・国防大学防務学院院長の朱成虎少将が「米軍が中国を攻撃した場合、中国は核兵器で対抗する」と述べたことに対し「極めて無責任で、残念な発言」と批判した。
 報道官は「米国は中国にとって脅威ではない」と強調。「少将の発言が中国政府の見方を反映したものではないことを望む」と語り、米中関係の悪化につながらないよう冷静に対処する方針を示した。

Continue reading "「核」という死霊・続"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 16, 2005

「核」という死霊

■ 昨日午前、『時事通信』は、「台湾海峡紛争に介入なら核使用も=中国軍当局者、米国に警告-英紙」という記事を配信した。
 15日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)によると、中国人民解放軍国防大学の朱成虎教授(少将)は外国人記者との会見で、台湾海峡での武力紛争に米国が介入し、中国を攻撃するなら、中国は対米核攻撃に踏み切る用意があると警告した。
 雪斎は、ちょっと驚いたけれども、『フィナンシャル・タイムズ』紙の元の記事は、下の通りである。

Continue reading "「核」という死霊"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

July 14, 2005

海軍の「縁」

■ 昨日は、色々な人々に会った。午後はT・A氏に会った。氏は、大正10年生まれとのことだから、今年で85歳くらいなのであろう。氏は、戦前、海軍兵学校、海軍大学を経て、戦時中は主に重巡洋艦・熊野に乗り組み、ガダルカナル作戦に参戦した。ガダルカナル作戦中、氏が偶々、駆逐艦に乗り合わせた折りに、米軍戦闘機の体当たり突入を受ける。氏は、昭和19年秋のレイテ作戦直前に、内地での教官任務を命ぜられ、熊野から離艦する。熊野は、レイテ作戦に参戦し、米軍の攻撃を受けた結果、戦闘不能となり、程なく沈没する。その経緯は、こちらのサイトに詳しい。1100名を数えた熊野乗組員の内、病気療養・転属の理由で生き残ることが出来たのは、僅かに100名であった。氏は、戦後、鉱山会社勤務を経て、私立大学教授を務めた。
 氏は、戦前期の日本が養成した「最高の逸材」の一人であった。そうした「逸材」の中で生き残ることのできた数少ない人物が、日本の「戦後」を支えた。凄い人物の知遇を得たものだと思う。

Continue reading "海軍の「縁」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 13, 2005

大和魂また我国の一手独専に非ず

■ 「当地昨今吉野桜の満開、故国の美を凌ぐに足るもの有之候。大和魂また我国の一手独専にあらざるを諷するに似たり」。
 山本五十六は、ワシントン駐在武官時代に故郷の恩師に送ったポトマック河畔の桜の絵葉書に、このような言葉を書き添えた伝えられれている。ワシントンの「さくら祭り」については、こちらのサイトに詳しい。山本が観た「ワシントンの桜」は、日米友好の象徴であったのである。

Continue reading "大和魂また我国の一手独専に非ず"

| | Comments (10) | TrackBack (2)

July 12, 2005

「核も拉致も」という二重目標

■ 「六ヵ国協議」が来る25日の週に再開されることになるようである。『共同通信』は、「拉致含む包括的解決目指す 首相、6カ国協議で」の見出しで次の記事を配信している。
 小泉純一郎首相は11日午後の参院本会議で、7月下旬開催で合意した北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議に臨む方針として「北朝鮮に核問題をはじめとする諸懸案の解決を関係諸国と連携しつつ求めていく」と強調、拉致問題を含む包括的な解決を目指す考えを示した。
 拉致問題の行き詰まりで、北朝鮮に対する経済制裁を求める声が強まっていることには「経済制裁は可能な一つの手段と考えているが、まず制裁ありきではない」と述べ、慎重な姿勢を示した。

Continue reading "「核も拉致も」という二重目標"

| | Comments (11) | TrackBack (5)

July 09, 2005

「グレンイーグルズ」の顛末

■ 去る八日、トニー・ブレアが発表した「グレンイーグルズ・サミット」議長総括の骨子は、『共同通信』記事によれば次の通りである。
 ▽ロンドン同時テロ
 グレンイーグルズに会合したすべての世界の指導者は、ロンドンでの野蛮な攻撃を非難した。テロリストは成功していないし、これからも成功しない。われわれはテロ対策への取り組みを強化することを決意する。
 ▽アフリカと開発
 アルジェリア、エチオピア、ガーナなどの指導者が議論に参加。繁栄したアフリカのために道徳的確信を共有した。2010年までに開発途上国向け支援を年間総額で500億ドル増加させ、そのうち対アフリカ支援は年間総額で250億ドルとなる。
 ▽地域情勢
 北朝鮮をめぐる6カ国協議を支持。北朝鮮の迅速な協議復帰と核兵器関連計画廃棄を要請。北朝鮮は人権状況、拉致問題に関する国際社会の懸念に応える行動を取っていない。

Continue reading "「グレンイーグルズ」の顛末"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 07, 2005

かたくなまでの ひとすじの道

■、一昨日、郵政民営化法案が五票の僅差で衆議院を通過した。メディアは、「攻防の舞台が参議院に移ったと伝えているけれども、物事の趨勢は変らない。「法案は参議院でも僅差で可決、成立」という具合で落着するのではなかろうか。雪斎は、ふと小椋佳さんの『愛しき日々』を思い起こす。

Continue reading "かたくなまでの ひとすじの道"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 05, 2005

郵政と靖国と

■ 今日、郵政改革法案の衆議院本会議採決が行われる。自民党内から欠席したり反対票を投じたりする議員がどれだけ出るのかが焦点になっているようであるけれども、こういう投票絡みの話は、「結果が出なければ判らない」という様相を濃くする。客観的には、「反対派」の旗色が悪いのであろう。それにしても解せないのは、「反対派」の議員にとっては、郵政改革は、議員生命を賭してまでも反対する価値を持つ案件なのかということである。たとえばイラク自衛隊派遣のような「戦争と平和」や「日本の対外威信」が絡んだ案件ならばともかくとして、郵政改革のような「富の配分」案件に対して、何故、これほどまでに切迫したものを感じているのであろうか。雪斎は、「俺たち、これだけ必死に抵抗したよな…」というエクスキューズをするために抵抗しているのではないかと踏んでいる。


■ 下掲の原稿は、去る7月2日付『毎日新聞』「論点」欄に掲載されたものである。同欄では、小泉純一郎総理の靖国神社参拝に関して、評論家・保阪正康氏が「反対」の立場から、山崎正和先生が「中立」の立場から、それぞれ原稿を寄せているはずである。
 それにしても、靖国参拝の話がこれほどまでの日中関係の「棘」になってくれば、参拝を「是」とする立場の人々も、「外交戦略的な」(diplomatico-strategic)見地から靖国参拝の理を説く努力を始めなければならないであろう。「中国に対し毅然とした態度で臨め」という言辞は、政治的な「運動」のスローガンたり得ても、実際の対中政策を展開する際の「方針」たり得ない。現下の対中関係を扱う保守層の言論の多くは、「嫌中」感情を露わにするだけのものに終わっているけれども、中長期的な対中関係をどのように紡ぐかという議論こそが、本来は行われなければならないはずである。冷戦期の米国ですら、ソヴィエト共産主義体制の「転覆」を狙わず、「安定した関係」を築くことに腐心したという事実は、重視されなければなるまい。

Continue reading "郵政と靖国と"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 04, 2005

テレビ番組・バトン

■ 「ミュージック・バトン」というのがブロガーの世界に流行っている。やじゅん殿にいわせれば…、
 「この企画、映画とか文学とか他の分野にも適用できるのではないでしょうか。そのうち勝手に映画について書いてみようと思います。雪斎さんはテレビ番組でも作ってくれそう(笑)」。
 …だそうです。
 御意。やってみよう。

Continue reading "テレビ番組・バトン"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

July 03, 2005

中露蜜月の幻想

■ 世の中が激しく動いているように見えて実際には余り動いていないという話は、人間の歴史の中では珍しいものではない。昨日の中露首脳会談も、そうした話の事例であろう。とりあえず、『読売』『朝日』『産経』の記事を題材にしよう。

Continue reading "中露蜜月の幻想"

| | Comments (8) | TrackBack (2)

« June 2005 | Main | August 2005 »