« 嗚呼、「蛮カラ」の日々よ。 | Main | 「国家目標」とは何か »

May 25, 2005

映画『亡国のイージス』鑑賞

■ 昨日夕刻以降、映画『亡国のイージス』の完成披露試写会に招かれて、鑑賞する。試写の前に、真田広之さん、中井貴一さん、佐藤浩市さんらの出演者が挨拶する。こういう光景を眼にするのは、滅多にない機会であった。舞台挨拶での様子は、この三人の俳優は本当に仲が良いのだな思わせられる。試写会に顔を出せなかった寺尾聡さんがビデオ・レターでメッセージを寄せている。内閣総理大臣を演じていたのが、原田芳雄さんである。日本俳優界の「至宝」を揃えたという雰囲気である。因みに、NHK大河ドラマの巨峰は、一九八〇年代末に三年続いた『独眼竜政宗』、『武田信玄』、『太平記』であろうけれども、それぞれに主演したのが、渡辺謙さん、中井貴一さん、真田広之さんだった。『亡国のイージス』に渡辺謙さんも出演していたら、凄いことになっていたような気がする。
 招待客の中に、石破茂前防衛長官、赤松正雄衆院議員の姿を確認する。目立っていたのが、海上幕僚長以下、海上自衛隊「制服組」の人々である。防衛庁、海上・航空両自衛隊の全面協力の下に下に製作された映画だから、そうしたことになるのであろう。確かに、気合の入った撮影であったと思う。

 映画それ自体の論評は、ネタバレになりそうなので、七月末の公開を期待して御覧下さいというしかない。ただし、これは、最初から最後まで真田広之さんが演ずる先任伍長・仙石の映画なのである。艦内から娘に携帯電話を掛け、若い兵士が陸上でトラブルを起こせば事を大きくしないために土下座をして謝り、非番のときは甲板上で絵を描いているような男が、中井貴一さん演ずる「某国」(どう見ても北朝鮮だよな…)特殊工作員が率いる一団と対決するわけである。さすが、真田さんは、二十歳前後の頃に千葉真一さんの下でアクション俳優をしただけのことはあると思う。
 「戦後日本は、理想を失った国だったのか」。しかし、雪斎は、大仰な「理想」を語るよりも、人々の「平凡な日常」を具体的に確保する仕方に関心がある。『亡国のイージス』は、そうした自分の立脚点を確認させてくれた映画であったと思う。

|

« 嗚呼、「蛮カラ」の日々よ。 | Main | 「国家目標」とは何か »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

 >しかし、雪斎は、大仰な「理想」を語るよりも、人々の「平凡な日常」を具体的に確保する仕方に関心がある。

 私は「理想」とか「大義」とかを常に振りかざす国を至上のものとは思えないですし、そのような国に住む国民が果たして幸福なのかと疑問に思います。
 むしろ人々をして「平凡な日常」を淡々と送らせしめることを許容し、確保することに努めてくれる国家に住む国民が、ある意味最も幸せなのかもしれませんね。

Posted by: 藤田 | May 25, 2005 at 02:45 AM

・藤田殿
>むしろ人々をして「平凡な日常」を淡々と送らせしめることを許容し、確保することに努めてくれる国家に住む国民が、ある意味最も幸せなのかもしれませんね。

だから、戦後六十年の歩みは、それ自体としては「誇るべき歳月」だったと思います。無論、足らざるところも多々、あると思いますけど…。


Posted by: 雪斎 | May 25, 2005 at 04:04 AM

こんにちは。初めて書きこみます。
雪斎さんの論点と関連ないのですが、お許しください。
私はこの作品の本を読みましたが、あまり面白いとおもいませんでした。情熱を持った若い現場に対し、頼りないトップ。踊る走査線などと共通したよくあるパターンの映画だと思います。理想のリーダーを全く描ききれておらず、典型的な戦後の日本がもつ捻じ曲がった視点から抜け出られていない、そんな印象です。雪斎さんはここで批評するわけにはいかないでしょうが、実際はどう思われたでしょうか。

ところでサイトの開設以来見ていますが、コラムにおける雪斎さんの保守に関するスタンスは私が待ち望んでいたものです。毎回賛成しています。こういう面白いサイトは多くないので、無くなると大変がっかりです。御身体にお気を付けて下さい。ずっと続くことを願っています。

Posted by: puyopuyo | May 25, 2005 at 09:02 AM

「理想」「大義」に反応してしまいますが、本来「理想」「大義」は国が振りかざすものではなく、国を構成する我々フツウの人間が毎日の現実と向き合いながら、ひとりひとりが持つ「理想」「大義」を日々確認していく、というそういうもんだと思います。ひとりひとりの「理想」「大義」が大切です。

Posted by: soulnote | May 25, 2005 at 01:07 PM

・puyopuyo殿
・soulnote殿
はじめまして。
ありがとうございます。
また、一編を「続編」として書いてみました。
こちらも御覧頂きたく存じます。

Posted by: 雪斎 | May 26, 2005 at 03:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/4269749

Listed below are links to weblogs that reference 映画『亡国のイージス』鑑賞:

« 嗚呼、「蛮カラ」の日々よ。 | Main | 「国家目標」とは何か »