« 韓国「中央日報」の記事 | Main | 美人の話・二/ 林志玲 »

April 19, 2005

「日本が謝った」…ということにしておいて。

■ 18日付『読売新聞』は、「町村外相『反省とおわび』新華社報道…沈静化狙う?」という見出しで次のような記事を配信した。
 

【北京=竹腰雅彦】中国国営新華社通信は17日深夜、同日行われた日中外相会談について、李肇星外相が、「日中関係の改善と発展には、正確な日本の歴史認識が必要だ」と指摘したのに対し、町村外相が、日本の中国侵略に関し、「中国人民に大きな傷を与えたことへの心痛」や「深い反省とおわび」を表明したと伝えた。
 18日の中国各紙は、この新華社電を「日本外相、侵略に深い反省と謝罪表明」などの見出しで一斉に掲載した。日本側の「謝罪」を強調することで、中国各地に拡大している反日デモを沈静化させたい狙いがあるものとみられる。
 日本側は、町村外相が会談で、日本が植民地支配に対する反省を表明した1995年の「村山談話」を改めて中国側に伝えた、と説明している。
 一方、新華社電は、町村外相が中国各地での反日デモに抗議したことなどは、一切触れていない。対照的に李外相が「日本にある中国公館や在日本中国人の安全確保」を強く求めたと報じている。

 「町村大臣閣下、今回だけは、 『日本が謝った』ということにしておいて下さい」。李肇星外翔が、このように語ったかどうかは知らない。町村大臣が「反省と謝罪」の意を表したことの意味は、前の記事の通り「村山談話」を再読したに過ぎないものであるならば、我が国は、中国懐柔のために何ら新たな手札を切らなかったということになる。そうした「使い回しの手札」を日本に切らせたことを「新たな対日成果」であるかのように喧伝した中国政府の立場は、意外に弱そうである。要するに、今の中国政府には、日本に譲るという選択肢は、もっとも採り難いものになってしまったのである。そうであるが故に、中国政府は、暴動寸前のデモですら黙認する態度を取る。しかし、それは、国際社会における威信の失墜と表裏一体のものである。しかも、そうした中国政府の対応は、メディアを通じて世界に伝わっているから、我が国にも、妙な対中配慮する理由はない。
 雪斎は、ふと思う、今、中国に「プロレス」を輸出したら、だいぶ受けるのではないであろうか。「ベビー・フェイス役の中国人レスラー」に「ヒール役の日本人レスラー」というのは、どうだろうか。さくら殿から石破茂、馳浩、大仁田厚の各議員にお願いして仕掛けてもらえないかと思う。中国人レスラーには、最初に日本人レスラーに追い立てられるも、最後の最後には逆転で勝つという「お約束のパターン」を演じてもらうのである。「日本が負けた」」ことにしておいてあるシーンを毎週、見せれば、中国人民の「」溜飲」も下がることだろう。そして、英雄となった中国人レスラーには、中国の血気盛んな若者を相手に、こう叫んでもらえればよい。「1、2、3、ダーッ」。考えてみれば、戦後・日本の英雄の一人は、力道山だった。力道山が空手チョップでシャープ兄弟を打ちのめすのを見た日本人は、十数年前に実現できなかった「米国をやっつけた日本」の姿を見ていたのである。同じ仕掛けを中国に提供してもいいのではないであろうか。中国で「プロレス」を毎週、ゴールデン・タイムの時間に放映して、毎週毎週、「ガス抜き」をやってもらうのである。中国共産党政府が、自らの人民の「ガス抜き」に苦慮しているのであれば、そうした配慮は一考に価するのではないであろうか。
 因みに、雪斎にとっては、プロレスラーといえば、ジャンボ鶴田、テリー・ファンクだった。昔日、雪斎は、ジャンボ鶴田以上に強いレスラーはいないだろうと思っていた。そのジャンボ鶴田も、今はこの世の人ではない。

|

« 韓国「中央日報」の記事 | Main | 美人の話・二/ 林志玲 »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

いま、日本ができることは、中国国内の「ガス抜き」のお手伝いなのですね。「自民党50周年記念プロレス大会」を北京で開催し、ひいては日中友好のために使うというのはいいですね(^o^)

現役国会議員は選挙区事情があって大変かもしれないので、やはりここはハマコー先生の出番です。昨日、深夜まで続いた郵政の会議に12時すぎに現れ、「出て行けよ」と小声で誰かがいうと「誰だ今、出て行けって言った奴は!!」と叫ばれたそうです(笑)

抜群の迫力と演技力、そして日本国民のために泥をかぶることができる国士・・・やはり、ハマコーさんですかねえ。

Posted by: さくら | April 19, 2005 at 12:09 PM

>さくら殿
 ハマコー先生といえば、以前、八千草薫さんと夫婦役でドラマに出ていましたね。結構、ハマコー先生も嬉しそうでした。八千草さんは、同年代の男たちからすれば、「永遠の憧れ」みたいなところがありますからな。拙者などは、これぞ「美女と野獣」だわと笑わせてもらいました。

Posted by: 雪斎 | April 19, 2005 at 11:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/3755147

Listed below are links to weblogs that reference 「日本が謝った」…ということにしておいて。:

« 韓国「中央日報」の記事 | Main | 美人の話・二/ 林志玲 »