« 戯言050330 | Main | 韓国「バランサー」論の馬鹿馬鹿しさ »

April 01, 2005

新年度、始動。

■ 新年度が始まった。雪斎のような大学教員にとっては、四月が一番、忙しい。お陰で、このブログに書くエントリーの予定がだいぶ、狂ってしまっている。
■ 楽天イーグルスが本拠地・仙台での初戦に勝利を収める。宮城県人である雪斎は、率直に嬉しく思う。昔、政策秘書であった頃、とある人物から「仙台は何故、札幌などと比べて、しょぼい印象が拭えないのか」と問われて、雪斎は、「仙台は、『飲む・打つ・買う』の三点セットが揃っていないし…。プロ球団もない。結局、『白河の清きに魚も住みかねて元の濁りの田沼恋しき』なのさ」と答えたことがある。かの「すすきの」を抱える札幌に比べれば、仙台の「遊びの環境」の貧弱さは、否定しようがない。雪斎は、昔から、「ファイターズを仙台に呼べないか」と提案していた。ファイターズの札幌移転が決まった折には、「やられた…」と思った。だから、雪斎は、イーグルスのことをまじめに応援しようと思う。イーグルスは、「おらほの球団」である。

■ 下掲の原稿は、若干の修正の上、雑誌『正論』今月号に載っている。これは、当ブログでも再三扱った「ホリエモン」論を活字メディアに載せたものとしては二度目のものであるけれども、これで「打ち止め」にしたいと思う、

■ 澁澤青淵と堀江貴文の間

人間の世界では、既存の「ルール」を破り新たな「ルール」を創ろうとする人物は、往々にして「先駆者」、「革命児」、「改革者」と呼ばれることがあるけれども、「マナー」を顧みない人物は、たんなる「無作法者」としか扱われない。今、堀江貴文(ライブドア社長)という人物の振る舞いを前にして、彼を「先駆者・革命児・改革者」と見るのか、それとも「無作法者」と見るのか。「フジ・ライブドア紛争」の意味を考える際には、そうした見方の何れに立つかによって、議論の仕方が変わるであろう。筆者は、「フジ・ライブドア紛争」のように我が国の経済社会の有り様が問われた事象を考える折には、青淵翁・澁澤栄一の言葉を参照している。青淵翁は、明治期以降に実に五百社余りに及ぶとされる会社の創立を手掛け、「日本資本主義の父」と称される。青淵翁は、堀江に類する幾多の「起業家」の先達とも位置付けられる存在であるけれども、その青淵翁の言葉を収めた『澁澤栄一訓言集』には、次のような文面がある。「世に成功熱に浮かされ、野猪的に進む者が多いが、その多く失敗に終わるは、身のほどを知らぬからである。各自に天の使命を自覚し、国家、社会の公益を念頭に置いて、その材能、その力量に応じて、事に当たるに非ざれば、事業は成就し難いものである」。「商業者の務めは、至って俗務である。したがって人格を堕す恐れがあるから、常に志操を励磨し、品位を高尚にすることに、心を用いたいものである」。青淵翁の言葉というフィルターを通じて堀江の一挙一動を見た際、そこに浮かび上がるのは、堀江における「公益認識の希薄さ」と「品位の低さ」である。『フィナンシャル・タイムズ』紙の記事は、堀江を「日本の伝統的なビジネス・エリートが嫌うものの総て」と評したけれども、青淵翁の言葉もまた、堀江のビジネス・スタイルが受け容れられないものであることを暗示している。堀江は、ニッポン放送株式の買収に「野猪的に進んで」はいるけれども、「社会の木鐸」たるメディアへの関与に際して、どのような「国家、社会の公益」を念頭に置いているのかは定かではない。堀江の口から語られるのは、煎じ詰めれば、専ら「富を手にしたい」という想いだけである。『論語』に曰く、「邦に道なきに、富みて且つ貴きは恥なり」である。堀江が批判される所以の最たるものは、この「道なきに、富みて且つ貴きは恥なり」の部分が露骨に見えているからではないか。堀江が外国人記者クラブで「IT・メディア・金融の世界のドンになりたい」という願望を表明したのと同じ日に、西武グループに「ドン」として君臨した堤義明(コクド前会長)に司直の手が入った。青淵翁が逝去して七十余年、「富」と「道」の両立を模索した翁の問いは、二十一世紀に至っても依然、終わってはいない。
  雑誌『正論』(2005年3月号)掲載


|

« 戯言050330 | Main | 韓国「バランサー」論の馬鹿馬鹿しさ »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

澁澤先生のお言葉から見た、堤某とホリエモンの共通点ですか。
興味深い議論であります。

#当方の帰国に伴い、ハンドルを変更させていただきます
ので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Posted by: おおみや%NEET | April 02, 2005 at 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/3527046

Listed below are links to weblogs that reference 新年度、始動。:

» 正論を買ってきました。 [桜日和]
さっき「正論」5月号を買いました。 ここまで堀江社長フジサンケイ買収反対!とか言っている以上、応援しないわけには行きません。 680円で投資だと思えば安いもんだ... [Read More]

Tracked on April 02, 2005 at 08:41 AM

» ホリエモン関連のお勧めブログ [玄倉川の岸辺]
随時更新する予定です。読者のみなさま、よろしければコメント欄にて優良記事をご推薦ください。トラックバックによる立候補も歓迎します。 基本的に玄倉川は「1ブログ... [Read More]

Tracked on April 02, 2005 at 07:43 PM

» ライブドアンな人たちに [桜日和]
昨日4/2は嫁さんの人の誕生日でした。 本人の希望でニンテンドーDSをプレゼントしました。 アナザーコードのCMでノックアウトされたようです。 さて、いろいろ... [Read More]

Tracked on April 03, 2005 at 03:01 AM

« 戯言050330 | Main | 韓国「バランサー」論の馬鹿馬鹿しさ »