« 『漢書』が示す日本の安全保障・各論一 | Main | 日本メディアが伝えた「ケナン逝去」 »

March 25, 2005

戯言050324

■ このところ、久し振りに「二十四時間、戦えますが」モードに入る。この一、二日、関わった仕事は次の通りである。
 ① 雑誌「中央公論」に寄せる原稿の執筆
 ② 「読売新聞」経済部から依頼された「フジ・ライブドア紛争」への所見の執筆
 ③ 雑誌「論座」に寄稿した原稿の校正
 ④ 雑誌「月刊自由民主」に寄せる原稿の執筆
 ということで、ブログにも色々と書きたいネタがあるが、今日は、少しだけ。

 ① ジョージ・F・ケナンの追悼原稿。昨日付「読売」夕刊に五百旗頭眞先生の追悼原稿が載っていた。雪斎も後に続こう。
 ② 「オヨヨ。読売・経済部とは…」と焦る。この問題も、まさしく「オセロ」の世界になりつつあるようである。
 ③ 一昔前なら、「論座」という雑誌に、このような原稿が載ったのであろうかと思う。
 ④ さあ、頑張りましょう。

 以上です。

|

« 『漢書』が示す日本の安全保障・各論一 | Main | 日本メディアが伝えた「ケナン逝去」 »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/3426392

Listed below are links to weblogs that reference 戯言050324:

« 『漢書』が示す日本の安全保障・各論一 | Main | 日本メディアが伝えた「ケナン逝去」 »