« 対北朝鮮政策のデ・ジャ・ヴー | Main | ニコロ・マキアヴェッリの肖像 »

February 14, 2005

日々の戯言050214

■ 土曜、日曜の二日間で原稿を二件、片付ける。一件は、『産経新聞』「正論」欄に寄稿するものであり、もう一件は、『論座』(朝日新聞)に寄稿するものである。「正論」欄に書いたものの中身は、かなり微妙なものである。これが実際に載るかは、産経新聞の判断次第である。雪斎も、時々、「ビーン・ボール」を投げることがある。「人間が出来上がっていない」証拠である。

■ ライブドアの堀江貴文氏、即ち「ホリエモン」さんに絡む話は、実に面白い。若い連中にとっては、ああいうのは「希望の星」であろう。しかし、以前、とある報道番組の中で、「ホリエモン」さんの書に「カネさえあれば女の心など幾らでも自由に出来る」という趣旨の記述があるのを紹介されたとき、女性ニュース・キャスターが不愉快な表情を浮かべていたのを思い出す。「女性と大衆は同じ性格を持つ」というのがニコロ・マキアヴェッリ以来の政治学上の基本認識であるならば、その女性ニュース・キャスターの心を掴めなかった「ホリエモン」さんは、「大衆」相手の本業を展開するにも、先々に限界に突き当たるであろう(因みに、その女性ニュース・キャスターは、三木谷浩史・楽天社長とは嬉しそうに話をしていた)。古来、女性を大事に出来なかった「梟雄」の没落は、意外に早い。「ホリエモン」さんは、その「例外」たり得るのであろうか。
 ところで、年間300億円程度の売り上げしかない会社が、何故、株式買収のためだけに800億円もの資金を投入できるのであろうか。雪斎も、まだまだ勉強しなければならないことが山積している。と・・・思ったら、「かんべえ」殿経由で知った次のサイトが、資金調達のからくりを教えてくれた。「MSCB,転換社債」というのを使った資金調達らしい。詳しくは判らないが、「ホリエモン」さんは、記事の文面からすると相当に「あぶない」橋を渡っているようである。このサイトに曰く、ライブドアの転換社債の条件は、「この条件より『下』の企業は、どことは申しませんが、株価がタダみたいになっちゃったシステム会社さんとか、架空取引で有名になった会社さんとか、ちょっとナニな企業さんが多いのも事実。(だからといって、ライブドアさんもナニだ、ということを申し上げるつもりはありませんが)」だそうである。怖ぇー。「真冬の怪談」だな、これは…。

■ 当ブログへの累計アクセス数は、昨日夕刻時点で20000に達した。来訪された方々には、謝意を表したい。

|

« 対北朝鮮政策のデ・ジャ・ヴー | Main | ニコロ・マキアヴェッリの肖像 »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/2916768

Listed below are links to weblogs that reference 日々の戯言050214:

» 【目指せ】ライブドア対フジサンケイグループのまとめ【ポータル】 [とーますカブ不定記~思いついたら更新@WebryBlog]
ライブドア対フジサンケイグループのニッポン放送取り合いについて、さまざまな見解が飛び交っていて、私が訳わからなくなっているので、ちょっとまとめてみました。 (... [Read More]

Tracked on February 20, 2005 at 09:08 AM

« 対北朝鮮政策のデ・ジャ・ヴー | Main | ニコロ・マキアヴェッリの肖像 »