« 政治の「圧力」とはなにか。 | Main | アンソニー・サンプソンのこと »

January 17, 2005

1・17 神戸 東京

■ 十年前、神戸で震災が起こった朝、雪斎は、たまたま六時過ぎに布団に入ったままテレビのスイッチをつけた。ブラウン管に映し出しだされたのは、炎上最中の神戸の市街地であったけれども、「コーベ」という地名が繰り返されるのを聞き、「コーベ…ねぇ。カフカスにコーベなんて街があったかな…」と反応した。雪斎は、元来、低血圧気味なので、寝起きが非常に悪い。その時も、雪斎は、完全に寝呆けた状態で、炎上する街の風景が、「神戸」のものではなく「内戦の最中にあったカフカスのどこかの街」のものだと感じた。それほどまでに、「神戸」と「災害」とは、雪斎の頭の中では、結び付かなかったのである。因みに、雪斎は、青森・八戸に育った。『ご当地の踏み絵・青森人編』というサイトにも、「震度5程度ではうろたえない」というチェック項目があるように、雪斎にも、震度4、5程度の地震は、来ても当たり前という感覚がある。「青森県の地震」という弘前大学のウェブ・ページによると、戦後に限っても、八戸周辺は、マグニチュード7レベルの地震に四度、見舞われている。特に、「1968年十勝沖地震」のことは、物心が付いてからも繰り返し聞かされた。もし、八戸周辺で震度6程度を観測する地震が起こったと聞けば、「えっ、またかよ…」と思ったかもしれない。だからこそ、「神戸」と「地震」が結び付いた折には、「なんで??」と思ったのである。
 当時、雪斎は、「永田町」の住人だった。震災当日の永田町の雰囲気は、意外と静かだったと記憶している。午前中、刻々と送られて来る中継映像を見ながら、「あと二、三時間、発生が遅かったら、もっと酷いことになっている…」という今にして思えば驚くほどに冷静な議論をしていた。ところが、段々、時間が経って来ると、「自衛隊は動かないのか…」、「村山さんは何をしているのか…」という想いが募ってくる。村山総理が記者会見に臨んだのは、震災発生から十時間後の午後四時、兵庫県知事が自衛隊に災害派遣を要請したのは、夜になってからのことである。しかも、その夜に、ニュース・キャスターが「一般車両の神戸への往来は控えてください」と呼び掛けていたのは、仰天しつつ、完全に堪忍袋の緒が切れた。「馬鹿野郎、まだ通行禁止命令ぐらい出ていないのかよ…」とブラウン管に向けて罵声を浴びせた。雪斎は、野党議員の秘書だったけれども、そういう政治的な立場はともかくとして、「村山は最悪だ…」と思った。雪斎は、今でも、村山富市内閣に「日本における統治の質」が「底値」を付けたと思っている。
 特に国際政治学者は、「他人の不幸」を題材にして物事を考えているところがある。雪斎は、震災の年の秋に、阪神大震災と二ヶ月後の東京地下鉄サリン・テロ事件が焙り出した「日本の不備」を論じた原稿を書き、その原稿によって言論家として離陸した。戦後、営々として築いた「豊かな生活」も「安全が確保されていなければ画餅に過ぎず、その「安全」を具体的に確保する方策を模索しなければならない。この雪斎の持論は、十年前に書いた原稿以来、何ら変わっていない。「国家の役割は、災害などの必要なときに必要なことができるということである」。雪斎の国家認識の第一は、このことである。

|

« 政治の「圧力」とはなにか。 | Main | アンソニー・サンプソンのこと »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/2592218

Listed below are links to weblogs that reference 1・17 神戸 東京:

« 政治の「圧力」とはなにか。 | Main | アンソニー・サンプソンのこと »